カテゴリー別アーカイブ: e-na伊那谷 旅便り

e-na伊那谷 旅便り 第77回 横川の蛇石

国の天然記念物シリーズです.
伊那支店のある長野県上伊那郡の北端の町、辰野町の川島地区にある「横川の蛇石」を紹介します.

横川川の渓流の中にある、シマヘビのような模様のある岩脈を蛇石と呼んでいます.
蛇石と書いて「じゃいし」と読みます.

少しだけですが説明しますと、
粘板岩に貫入した閃緑岩の岩脈が川底に露出しており、その岩脈に直交して、ほぼ等間隔に石英脈が入っていて、
石英脈の入った岩脈が蛇腹のように見えるため、「蛇石」と呼ばれています.

蛇石は大小二脈あり、平行して走っています.
大きい方は長さ87メートル厚さ42センチ、小さい方は長さ17メートル厚さ30センチほどになります.

この石には次のような民話が残っています.

2匹の兄弟竜が喧嘩をしたことによって横川川が氾濫し、下流の集落が鉄砲水に襲われるそうになるところを、母子2匹の蛇が自分の身を犠牲にして集落を救った.
そのことを熊野権現が感心して、後世までもその功績を称えるために母子の蛇を蛇石に変身させた.

この場所は標高830 mにあり、夏でも涼しい癒しスポットで、無料のキャンプ場も併設されていることもあり、たくさんの人で賑わいます.

横川の蛇石 辰野町観光サイト
http://kankou.town.tatsuno.nagano.jp/play/info/jaishi.html

e-na伊那谷 旅便り 第76回 そばを蒔く

信州はそばの産地です.ここ上伊那地方でも、転作水田には小麦や大豆とともにそばがよく栽培されています.今年は土蔵の後ろの田んぼは転作作物としてそばを蒔くことにしました.約10.2aの小さな田んぼです.

そばには夏そばと秋そばがあります.7~8月に収穫するのは夏そば、10~11月に収穫するのを秋そばと言います.わたしの界隈ではおよそ秋そばを栽培しています.秋そばは播種の時期が8月上旬なので5月から播種までは雑草が生えないようにトラクタで毎月耕起してやります.あと肥料として炭酸苦土石灰と鶏糞をブロードキャスタで散布しトラクタで埋め込みます.なかなか準備も大変です.

そばを蒔くにはまずそばの種子を購入しなければなりません.7月の末から農協で販売してくれていますので、それを6kgほど購入してきました.信濃1号という信州そばの王道の品種です.

そばを蒔くのはどうするのでしょう?実は手で蒔くなんていうことはまずやりません.普段は粉剤や粒剤の農薬を散布するのに使用するエンジン付きの散布機で行います.下は散布機に種子をいれたところ.背負い式なので蒔いた分量をときどき確認しながらエンジンをかけて均一になるよう散布します.

播種が終わったら、トラクタで軽く耕起して種子に土を被せます.早いもので、3から4日するとニョキニョキと芽がでてきます.

もう少し成長するとこんな感じになります.

そばには除草剤は要りません.よく小麦や大豆だと雑草にやられて大変な目にあうのですが、そばは根から雑草の生育を抑制する物質が出ているそうです.確かにそば畑は小麦や大豆などにくらべると雑草が少なく管理が楽です.

さて8月の下旬になるとそばは一斉に開花します.


あとは蜂やアブが受粉に来てくれることを祈るばかりです.他家受粉なので、これらの生き物が花粉を運んでくれないと花は咲いても実がつきません.自然って大事ですね.

丁度田んぼの稲刈りの季節が重なって、土手の曼珠沙華の花とマッチしてとてもきれいです.

あとは10~11月の収穫が楽しみです.上伊那地方では地元産のローカルなそばを売っています.もしかしたら私の家のそばも出荷したら、みなさんのお手元に届くかもしれません.

アンテナハウスブログ「I love Softwere2!」で連載の「e-na 伊那谷 旅便り」を再構成してWeb「e-na 伊那谷 旅便り」にまとめました。


e-na伊那谷 旅便り 第75回 長谷ドライブ

長谷は上伊那郡東部にあり、南アルプスと伊那山地の間のにある峡谷地域です。

長い秋雨が明け、気持ちのいい天気の中、自然豊かな長谷をドライブしてきました♪
途中には思わず足を止めてしまうような、景色やおいしいものが沢山あります。

まずは長谷に来たら定番のコレ!!
道の駅南アルプスむら長谷にある「パンや」のミニクロワッサン!
本当においしくて何個でも食べられてしまいます♪



そして道の駅近くにある美和湖(美和ダム)の上を歩きます。
景色・空気ともに最高です♪
もう少ししたら紅葉が楽しめますよ(^^)



さてお次は、長谷杉島にある知る人ぞ知る「杉島名物ドーナツ万十」!
黒餡または白餡の入ったまんじゅうを油で揚げて、砂糖をまぶしたドーナツです。
見た目ほど甘くなく、お土産にもおすすめ♪

最後は!またまた食べ物ですが(笑)、「平家の里」です!!
長谷ならではのジビエ焼肉・激辛火消しラーメンが食べられるお店です。
名物の激辛火消しラーメンは辛さにランクがあり、上位の辛さを完食するとお店の木札に名前を書いて飾られます。
私には到底無理な辛さです……。
今回寄った時にはお昼休憩だったので食べてくることはできませんでした。

他にも、綺麗な川で川遊び・BBQが楽しめたり、道中で猿や鹿と遭遇したりと自然を満喫することができます。
ぜひ、お出かけしてみてください♪


アンテナハウスブログ「I love Softwere2!」で連載の「e-na 伊那谷 旅便り」を再構成してWeb「e-na 伊那谷 旅便り」にまとめました。


e-na伊那谷 旅便り 第74回 権現桜

伊那谷の箕輪町中曽根集落の中心にある桜の名木「権現桜」。

8月の権現桜

樹齢は1000年を超えるといわれるエドヒガンザクラ。樹高は約15 m、周囲6.7 mの大樹で長野県の天然記念物にも指定されています。

樹勢が良く整っていて年間を通し見応えのある大樹ですが、やはり桜が開花しているときの眺めは格別です。

開花時期(4月)の権現桜

桜の満開時期は毎年4月中旬から下旬。また、開花時期の夜にはライトアップもされ美しい眺めを更に際だたせてくれます(残念ながら手元にライトアップ時の写真はありませんでした…)。

権現桜という名称の由来は、樹下の祝殿に権現様が祀られているからとのことです。

8月の祝殿

枝が大きく東西に分かれ、分かれた枝で花の色味が異なっているその姿から地元では夫婦桜とも呼ばれ親しまれています。


アンテナハウスブログ「I love Softwera2!」で連載の「e-na 伊那谷 旅便り」を再構成してWeb「e-na 伊那谷 旅便り」にまとめました。


e-na伊那谷 旅便り 第73回 最後の艦長

夏の夕暮れ、涼を求めて
法性(ほっしょう)神社という、町の小さな神社へ行ってみました。

法性神社入口

境内はなんとなくひんやりとして、セミの声だけが響きます。

法性神社

ここには、有賀幸作という人の記念碑が立っています。地元出身の日本海軍の軍人さんだった方です。
太平洋戦争で日本海軍が建造した戦艦「大和」は、沖縄特攻作戦に向かいましたがその途中、米艦載機の攻撃を受け沈没しました。
そう、あの、戦艦「大和」です。

このとき、戦艦大和艦長として任命されていたのが有賀幸作さんです。最後の艦長として大和と運命を共にしました。
太平洋戦争の悲劇を再び繰り返すことのないようにと平和を願ってにこの記念碑が建てられたそうです。

碑文には次のように書かれています。

国に捧げた君たちの尊いいのちよ
とこしえに世界平和のいしずえたれと祈る


アンテナハウスブログ「I love Softwera2!」で連載の「e-na 伊那谷 旅便り」を再構成してWeb「e-na 伊那谷 旅便り」にまとめました。


e-na伊那谷 旅便り 第72回 暑中信州寒晒蕎麦

夏蕎麦は犬も食わないなんて言い回しがありますが、冷蔵技術の発展と蕎麦店の研究のおかげで今では年中美味しい蕎麦にありつけます。

では、冷蔵技術の発展以前に蕎麦店が手をこまぬいていたかというとそうではなく、日本人の食へのこだわりは昔から強いようで、大寒に蕎麦の実を殻ごと清流に浸し、その後、寒風に晒して乾燥させることで蕎麦の実の保存性を高めるということが技術のひとつとして行われていました。これを「寒晒し蕎麦」と呼びます。

伊那市の高遠町でも毎年この取り組みが行われており、今年も『高遠そば組合』に加盟する蕎麦店で「暑中信州寒晒蕎麦」として 7月22日から提供されています。

ご興味ありましたら、コロナ対策を万全に取って、お出掛けいただければと思います。

十割「暑中信州寒晒蕎麦」;寒晒高遠産信濃一号 100%

アンテナハウスブログ「I love Softwera2!」で連載の「e-na 伊那谷 旅便り」を再構成してWeb「e-na 伊那谷 旅便り」にまとめました。


e-na伊那谷 旅便り 第71回 高遠焼に挑戦してきました

数ヶ月前となりますが、高遠焼に挑戦してきました。


集中しないと、うまく形にならないので
無心に・・・。
頭の中がクリアーになりとても楽しかったです。




焼き上がった作品を先日取りに行ってきました。

有名な高遠饅頭といただきました。


全国的に有名な高遠のお花見と高遠焼きの挑戦!
いかがでしょうか。




e-na伊那谷 旅便り 第70回 伊那のあじさい寺 深妙寺

感應山 深妙寺

伊那市 西春近にある日蓮宗のお寺です。

写真は昨年(2020年)に撮影したものです。


伊那市のあじさい寺と呼ばれており、約2500株、200種類のあじさいが咲きます。

例年、6月中旬から7月中旬まで見頃です。


観音様とあじさい。
33体の観音様が建立されています。



閻魔大王の像。

訪れる際は人との距離を保って楽しんでいただければと思います。

伊那市 深妙寺
長野県伊那市西春近小出3160

伊那のあじさい寺 深妙寺


e-na伊那谷 旅便り 第69回 伊那のまゆ

今回は『伊那のまゆ』をご紹介します。
伊那のまゆは伊那谷の銘菓の一つです。伊那市駅前の越後屋さんで販売されています。

昭和30年代に創作され、このころ伊那谷では養蚕が盛んでした。
これが商品名の由来となったようです。

10個入りで¥1,447(税込み)でした。


まゆの形をした最中に生クリームを充填して、チョコレートでコーティングしています。
かじると生クリームが飛び出してきます。


新型コロナの影響により売上が厳しいこともあり、
半世紀以上手を加えなかったチョコレートを変えたそうです。
ビターな味わいを加えて高級感を出したとのことでした。

又、インターネット通販も始まりました。
越後屋菓子店 | 信州伊那谷銘菓 伊那のまゆ・月夜唄・お蔵米

新型コロナの影響で何処も彼処も厳しい状況ですが、
老舗菓子店はこれに負けずに挑戦をしているようです。


e-na伊那谷 旅便り 第68回 上伊那地方の市章、町村章

皆さん、県章というものをご存じでしょうか?
たまにクイズ番組などでも問題として出題されているのでご存じの方も多いと思いますが全国のほとんどの都道府県では県を象徴するマークが制定されています。

しかし、市町村単位でもこのようなマークが制定されていることはあまり知られていないのではないでしょうか?
伊那市の周辺。一般的に上伊那地方と呼ばれる地方には2つの市、3つの町に3つの村と、計8つの市町村がありますが、これらの市町村にも市章、町村章が制定されているのです。

伊那市の市章

伊那市の市章※
駒ヶ根市

駒ヶ根市の市章※

これらが上伊那地方にある2つの市の市章です。
山間にある自治体だけに山をモチーフにしたデザインになっています。

そしてその他、6つの町村のマークは次の通りです※。

上伊那地方の町村章

左上から右へ
辰野町箕輪町南箕輪村
左下から 右へ
宮田村飯島町中川村 のものとなっています。
どの印章も凝ったデザインになっていて見ているだけで楽しいですね。

お住まいの地域の市町村でも、おそらく市章、町村章があると思いますので調べてみるのも楽しいかもしれませんね。

※画像は全てWikipediaで使用されている画像を加工して転載しています。


Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 Next