カテゴリー別アーカイブ: e-na伊那谷 旅便り

e-na伊那谷 旅便り 第4回 伊那谷の城跡

伊那谷は長野県の南にあり、天竜川に沿った南北に細長い地形で、太平洋側と日本海側を結ぶ回廊のような位置にあります。

古くから太平洋側の東海地方と山国信州を結ぶ交通の要衝だったため、戦国時代には多くの武将たちが勢力を競い城を築きました。
伊那谷には、これらの城跡が今もなお各所に残されています。

伊那谷の魅力のひとつは、こうした城跡を訪ねて歩くことができるところにもあります。

ただし、城といっても良く知られている姫路城や松本城のように立派な天守や石垣があるわけではありません。
伊那谷に残されているのは、山を削って作った堀や土を盛り上げて作った郭(くるわ。曲輪とも書く)の跡で、いわゆる「土の城」なのです。
お城愛好家の中には「土の城」にたまらない魅力を感じる方もおられますので、そうした方々にとって伊那谷は格好のお城巡りの場と言えます。

今回はそうした城巡りの第一弾として、伊那市にある「春日城址」をご紹介します。

「春日城址」はJR伊那市駅から徒歩20分くらいの距離にあり、市街地からそのまま上がっていける小高い丘の上に築かれています。
地元では桜の名所として知られていて、春には花見で大いに賑わいます。

「春日城址」公園の上り坂

「春日城址」公園の上り坂

城は天竜川の西側に位置し、河岸段丘の崖を利用した堅固な作りとなっています。

「春日城址」本丸

「春日城址」本丸

段丘の南東隅に本丸が置かれ、それを囲むようにL字型の二の丸、更にその外側に三の丸が位置して、それぞれの郭は深い空堀で切断されています。

「春日城址」二の丸と三の丸間の空堀

「春日城址」二の丸と三の丸間の空堀

残念ながら三の丸の外側は市街地に同化されて往時を偲ぶのは難しくなっていますが、西側から三の丸、二の丸、本丸が配置された梯郭式の縄張りと言えます。

「春日城址」二の丸から三の丸に通じる橋

「春日城址」二の丸から三の丸に通じる橋

本丸は、北と西にある2つの橋で二の丸と結ばれています。

「春日城址」二の丸から本丸に通じる橋

「春日城址」二の丸から本丸に通じる橋

本丸からは東側に天竜川と、その周辺に広がる伊那谷の風景が一望できます。

「春日城址」本丸から東側を望む

「春日城址」本丸から東側を望む

手前の山地の左奥にコヒガンザクラで有名な高遠城址があり、春日城の戦略的な位置づけも確認できるでしょう。

「春日城址」の魅力は、市街地から気軽に、戦国の城特有の深く刻まれた空堀や郭の、良好に残された遺構を体験できるところです。

また、晴れた日には南アルプスを遠くに見ることもできて、城址の静寂と雄大な風景を贅沢に楽しむひとときを満喫できます。

お城好きならずとも、是非一度は訪れてみてください。


e-na伊那谷 旅便り 第3回 冬の楽しみ方

先日ロンドン出張から帰ってまいりました米Pです。ロンドンでは東京のような電車の通勤ラッシュに巻き込まれましたが、伊那では人ごみなんてお祭りの時くらいですから、久々の感覚に酔ってしまいそうでした(笑)

さて今年は例年にない暖冬ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

伊那は長野県の南寄りの南信地方に位置していて、雪はほとんど降りませんが標高が高く寒さの厳しい地域です。たとえ暖冬といえども朝晩は氷点下になる毎日です。

暖房は11月頃から付け始め4月くらいまで使うので、大体1年の半分くらい暖房をつけています。東京などの都会での暖房は、ほとんどがエアコンや石油・電気・ガスストーブかと思いますが、伊那谷ではさらに選択肢が1つ増えます。

それは薪ストーブです。

住宅が密集していなく、燃料となる森林もある伊那谷では、薪ストーブを入れている家をちらほら見かけます。家に煙突があったり、庭に薪が積んであったりするのですぐに分かります。

我が家でもこの冬から薪ストーブを導入しました。

エアコンや石油ストーブの方が、ボタン1つですぐに暖まり、温度調整も簡単、タイマー機能もあり非常に便利なのですが、薪ストーブの火はじんわりと体の芯から温めてくれて、火が消えた後もしばらく暖かさが続きます。そして何より揺らめく火を眺めていると、心も温まります。

そしてもう1つ良いところは、料理が楽しめるところです。普段はストーブの上にヤカンを置いて、お湯を沸かしているくらいですが、週末には友人を呼んで薪ストーブでピザを焼いたりもしています。お店でしか食べられないような薪窯のピザを、家でも食べられるとはなんとも贅沢なひとときです。

薪窯で焼くピザ

もちろん良いところばかりではなく、薪づくりなど大変なこともあります。でも週末はチェーンソーと斧で薪づくりに汗をかき、夜になったら薪の火で暖まり、沸かしたお湯でコーヒーを入れる、なんて楽しみもあります。

寒い土地だからこそ、冬を楽しむ。こんな生活も伊那谷ならではです。


e-na伊那谷 旅便り 第2回 新製品発売DVDと大きな・・・・

こんにちは、本日は商品センターのライター小姫(ちめ)より お送りいたします。

ロンドンで行われたBett Showという教育関連の展示会に参加してから帰国されたよねPさんより おいしいチョコレートとお紅茶のお土産をいただき、

展示会の話を聞くとこんなノベルティを貰ったと、写真を見せてもらい

Bett Showのノベルティ

なんやかんやと語り、ケーブルのノベルティ! いいですね! わが社でも作らないかなぁ~などと思いながら

グリーンファームの写真

お昼休みは近くの産直市場グリーンファームにお買い物。
ここは、なんでもありでとても面白い。

食品売り場の方に入っていくと、美味しそうな苺の列が!

 ひときわ目立つ巨大苺420円を清水の舞台から飛び降りる?で購入! 先週発売になった新製品の瞬簡PDF 統合版12 DVDと並べてみたら(デカ

苺と瞬簡PDF 統合版12を比較

苺と瞬簡PDF 統合版12を比較

ここのいちご園にいちごの作り方を習いに行く人もいるとか!
いちごの達人だそうで!
どこにでも達人!

美味しいいちごで春を満喫し、いちご狩りに行きたくなったちめでした。


e-na伊那谷 旅便り 第1回 風景

アンテナハウスは東京日本橋に本社を構え、ソフトウェア開発 製品検査 ユーザーサポートは長野県の伊那支店で行っており、製品出荷 DM発送は商品センターで行っています。弊社の製品の魅力についてはこのブログで度々紹介しておりますが、今回は私たちが居住し働いている長野県伊那谷の魅力をお伝えしたいと思います。

四季折々に壮大な姿を見せてくれる中央・南アルプスの山々、

南アルプス

南アルプス ⓒ伊那市観光協会

高遠城址公園の桜

高遠城址公園の桜  伊那市観光協会

春には高遠城址公園の桜、

権兵衛トンネルを抜けた先の紅葉

権兵衛トンネルを抜けた先の紅葉  伊那市観光協会

秋には権兵衛トンネルを抜けると広がる美しい紅葉、

そして諏訪湖から遠州灘まで雄々しく流れる天竜川、南アルプスから流れ出て天竜川に合流する三峰川が美しい情景を楽しませてくれます。

伊那支店、商品センターは伊那インターを降りてすぐのところに立地しており、信州伊那国際ゴルフクラブ、信州大学農学部のキャンパスが近くにあります。また雑木林に囲まれた自然公園で温泉施設もある大芝高原へは、昼休みに息抜きに出かけることも可能なのです。オフィスの窓から外を眺めますと、澄んだ空気の中に中央アルプス、南アルプスがキリリとそびえ、稲刈りを終えた田んぼが果てしなく広がっています。車がないとどこへも行かれない車社会ですが、よくよく考えたら、贅沢な環境で仕事をさせてもらっているなあと感じます。

豊かな自然のみならず、伊那の暮らしがはぐくんだ食文化も次回より少しずつ紹介していきたいと思います。機会がありましたら是非お立ち寄りください。