タグ別アーカイブ: XSLT

XProcの紹介

makeが良い、悪い」という話が一部で盛り上がっているのを見ました。
結局ツールなので、「用途に向いていなくても慣れなどを取る」か「学習が必要でも別のものを使う価値が見合う」かといった、状況に合わせた選択が必要になるでしょう。個人的にはファイルの絶対パスをハードコードするのは可能な限り避けてほしいですが。

ビルドツールにも様々な得手不得手があるものですが、XMLに特化したものもあります。そんな導入で、XProcの話題です。

XProc: An XML Pipeline LanguageはXML文書やその他の処理を記述するための言語です*1
W3CのページのAbstractには“Pipelines generally accept zero or more XML documents as input and produce zero or more XML documents as output.”とあります。ステップ処理として記述ができる、ファイル操作についてもある程度はできるなど他にもありますが、XSLTとは目的も書き味も結構違います。

2010年に1.0がW3C仕様として勧告された後、勧告としてはそれが最新の状態がまだ続いています。しかし、2020年8月19日にXProc 3.0の最終ドラフトが上がっており*2、期待が持てるようになってきました。Editor’s Draftは8月31日に更に更新されていますが。ちなみに2.0は諸般の事情で見送られています。

また、XMLPressから2020年4月に『XProc 3.0 Programmer Reference』(Erik Siegel)*3が刊行されています。W3CのXProc仕様のEditorであるNorman Tovey-Walsh氏による推薦文もついていますし、Erik Siegel氏も XProc 3.0 editorial teamのメンバーです。
XProc 3.0についてはドラフト版仕様とこの本を読むのが確実でしょう。

XProc 3.0でのもっとも大きな改良点はXSLT同様にXPath 3.1に対応したことだと思いますが、今回はXProcの雰囲気だけ紹介します。


<!-- 1. Pipeline document: -->
<p:declare-step xmlns:p="http://www.w3.org/ns/xproc"
  xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" version="3.0">

  <!-- 2. Pipeline port declarations: -->
  <p:input port="source" primary="true" />
  <p:output port="result" primary="true" />
  <!-- 3. Convert document to HTML: -->
  <p:xslt>
    <p:with-input port="stylesheet" href="xsl/basic-conversion.xsl" />
  </p:xslt>
</p:declare-step>

上のコードは『XProc 3.0 Programmers Reference』*3「Getting started with XProc」にある例です。
<p:declare-step>がルート要素です。inputやoutputを省略できる<p:pipeline>も使用できますが、
2行程度では大して労力は変わらないですね。

XMLSchemaのネームスペースが宣言されているのは、XSLT同様asで型を明示できるからです。

書かれた処理を簡単に書けば、「入力をxsl/basic-conversion.xslのXSLTで処理し、出力へ渡す」ということになります。しかし、よくわからないプロパティportの存在がありますね。それぞれの指定で想像が付くかと思いますが、inputによる入力を処理対象(source)というportにつなぎ、with-inputによる入力は(XSLT)スタイルシートというportにつなぎ、このスタイルシートによってsourceを処理します。そしてresultというportにつながった出力へ結果を渡す、という流れです。こう書くと同語反復をしているように感じられるかと思いますが、それぞれのportにきたものをステップ処理していく流れが直観に近い記述で書けるということです。他のportとしては、スキーマの検証のスキーマを渡すためのschemaなどがあります。
<p:xslt><p:validate-with-xml-schema>はデフォルトのstepです。portは決まったstepと結びついていて、portに渡したものは結びついたstepが記述されていれば、そのstepで処理されます。デフォルトのstepとport、そして独自のstepと結びついた独自のportを記述していくことがXProcの基本となります。

*1 https://www.w3.org/TR/xproc/
*2 https://spec.xproc.org/lastcall-2020-08/head/xproc/
*3 https://xmlpress.net/publications/xproc-3-0/



XSLT 3.0(XPath 3.1)JSONをXMLに変換せずに利用する

先週はXMLの形にしたJSONを、XMLにしないまま扱う方法について紹介します。CSLはでてきません。

XPath 3.1*1で名前にJSONが入る関数は4つです。

  • fn:parse-json($json-text as xs:string?, $options as map(*))
  • fn:json-doc($href as xs:string?, $options as map(*))
  • fn:json-to-xml($json-text as xs:string?, $options as map(*))
  • fn:xml-to-json($input as node()?, $options as map(*))

$optionsについては説明しません。JSONをテキストとして引数にとるのがfn:parse-json()fn:json-to-xml()
fn:json-doc()は外部JSONファイルを読み込むときなどに指定します。fn:unparsed-text()で取得したテキストをfn:parse-json()へ適用するのと
大体同じことを行います。今回取り上げるのはfn:parse-json()fn:json-doc()についてです。

mapとarray

関係する名前空間は次に挙げるものです。

  • fn=”http://www.w3.org/2005/xpath-functions”
  • map=”http://www.w3.org/2005/xpath-functions/map”
  • array=”http://www.w3.org/2005/xpath-functions”

XPath 3.1のmap構造とarray構造は一般的なプログラミング言語におけるそれとほぼ同じもので、JSONオブジェクトをそのままの形で格納できます。
先週登場したJSONを見てみましょう。

{
    "items": [
        {
            "id": "7646893/2E3MJB9A",
            "type": "book",
            "title": "スタイルシート開発の基礎",
            "publisher": "アンテナハウス株式会社",
            "publisher-place": "Tokyo",
            "event-place": "Tokyo",
            "ISBN": "978-4-900552-23-4",
            "language": "ja",
            "author": [
                {
                    "family": "アンテナハウス株式会社",
                    "given": ""
                }
            ],
            "issued": {
                "date-parts": [
                    [
                        2016,
                        5
                    ]
                ]
            }
        }
    ]
}

このJSONを外部ファイルとして取り込むには次のように記述します。

<xsl:param name="input" >'exported-data.json'</xsl:param>
...
<xsl:variable as="map(*)" name="jsonMap" select="fn:json-doc($input)"/>
<!-- または -->
<xsl:variable as="xs:string" name="json-text" select="fn:unparsed-text($input)"/>
<xsl:variable as="map(*)" name="jsonMap" select="parse-json($json-text)"/>

XMLに変換した先週と、mapやarrayを活用する今回はこの後がまったく異なります。

次の記述で、先頭のtitleを一息で取得します。

<xsl:value-of select="map:get(array:head(map:get($jsonMap, 'items')), 'title')" />

まず、最も外側のmapから、itemsのキーを持つ要素を取得します(map:get($jsonMap, 'items'))。
キーitemsの値はarray型です。このままmap:get()を行おうとしてもできませんから、arrayの先頭を取り出すarray:head()を使用しています。ところで上の記述はパイプ演算子を使えば次のように書けます。

<xsl:value-of select="map:get($jsonMap, 'items') => array:head() => map:get('title')" />

mapのarrayでは、map:find()を利用することで指定したキーの値を配列で得ることもできます。挙動の詳細はXPath 3.1*1かXSLT 3.0*2のページを確認してください。

typeの値が何種類かに決まっていて、その種類を元にif文の判定をしたいのであれば、次のように書けます。

     <xsl:variable as="map(*)" name="item" select="map:get($jsonMap, 'items') => array:head()" />
      <xsl:if test="map:get($item,  'type') =  'book' or 'proceedings'">
      <xsl:value-of select="map:get($item, 'type')" /> <!-- book -->
      </xsl:if>

もちろんXMLの構造に変換しても同じことはできますが、より一般的なプログラミング言語に近い形で扱えています。

mapやarrayとして扱うために、JSONテキストとして記述してパースしたり、select="map{"key":value}"のような書き方をする以外に、<xsl:map><map-entry>を使うことができます。

mapの操作はエントリの追加やキー指定での削除などの他、map:merge()によるmapの統合、map:for-each()によるmap要素単位での関数適用などが可能です。arrayの方はarray:fold-left()array:fold-right()の畳み込み関数や、array:for-each()でarrayの要素ごとに関数適用などなど、XML形式を扱うよりもすっきりした構文で記述が可能な関数が用意されています。

注意しなければならないこととして、mapであるかarrayであるかを間違えるとうまく値を取り出せません。$itemnodeでもないので、直接xml-to-json()は使えません。

仕様やSaxonのドキュメントとにらめっこをしながら紹介してきたXSLT 3.0とXPath 3.1のJSONの扱いですが、誤りなどありましたらご指摘ください。

*1 https://www.w3.org/TR/xpath-31/
*2 https://www.w3.org/TR/xslt-30/


参考資料



Citation Style Languageの話(2) – 引用データJSONのXML化

前回引用データとスタイルの分離の必要性については述べていたので、CSL自体の歴史を見てみました。

Citation Style Languageの歴史について、
CSLのページ*1によれば、Bruce D’Arcus氏を中心に開発され、初期はZoteroのSimon Kornblith氏
がコントリビュートしていました。近年は Frank G. Bennett, Jr. と Rintze M. Zelleによって開発が主導されています。リンクが張られている2010年9月の外部記事はすでに読めなくなっていて、Blogは1.0のニュースリリース*2からです。

Wikipediaの記事*3にはその前身はBiblioXという取り組みであると記載されているのですが、2020年8月31日現在BiblioXのページは消失しており、辿ることが少し難しいようです。BiblioXの発表は2004年ですので、合わせれば15年以上の歩みとなります。

脱線しますが、URLが失効しあるものの歴史を辿るのが難しいというのは堪えます。Web Archiveなどのプロジェクトにしても、無限、無制限というわけにはいきません。それでも、参照した情報元が分かるよう引用情報を記述することの大事さを噛みしめています。

引用データのJSONをXSLTでXML化する

さて、CSLの引用データを確認してみましょう。Zoteroの出力一覧に「Citation Style Language …」という文字列が見えます。ポチッとな……無事ダウンロードされました。

「export-data.json」が。


{
    "items": [
        {
            "id": "7646893/2E3MJB9A",
            "type": "book",
            "title": "スタイルシート開発の基礎",
            "publisher": "アンテナハウス株式会社",
            "publisher-place": "Tokyo",
            "event-place": "Tokyo",
            "ISBN": "978-4-900552-23-4",
            "language": "ja",
            "author": [
                {
                    "family": "アンテナハウス株式会社",
                    "given": ""
                }
            ],
            "issued": {
                "date-parts": [
                    [
                        2016,
                        5
                    ]
                ]
            }
        }
    ]
}

引用データそのものは文書レイアウトのような複雑な構造を持ちませんし、XML形式である必要はないですからね。とはいえXSLTでこのデータを扱うにはどこかの段階でXMLに変換する必要があります。幸いなことに2020年のXSLTはJSONだって簡単に扱えます。今回はJSONがXSLT3.0で扱えることを示します。

XSLT 3.0 (というよりXPath 3.1)ではmap、arrayという頼もしい機能が用意されていますが、今回は構造に登場するだけです。次のテンプレートでは、外部ファイルであるexport-data.jsonを読み込んでXMLとして表示します。unparsed-text()でテキストファイルとしてJSONを読み込み、読み込んだJSONをjson-to-xml()でXMLにします。


<xsl:param name="input" >export-data.json</xsl:param>     
<xsl:template name="xsl:initial-template">
      <xsl:copy-of select="json-to-xml(unparsed-text($input))"/>
</xsl:template>

結果のXMLを次に示します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><!--export-data.xml-->
<map xmlns="http://www.w3.org/2005/xpath-functions">
  <array key="items">
    <map>
      <string key="id">7646893/2E3MJB9A</string>
   <string key="type">book</string>
      <string key="title">スタイルシート開発の基礎</string>
      <string key="publisher">アンテナハウス株式会社</string>
      <string key="publisher-place">Tokyo</string>
      <string key="event-place">Tokyo</string>
      <string key="ISBN">978-4-900552-23-4</string>
      <string key="language">ja</string>
      <array key="author">
        <map>
          <string key="family">アンテナハウス株式会社</string>
          <string key="given"/>
        </map>
      </array>
      <map key="issued">
        <array key="date-parts">
          <array>
            <number>2016</number>
            <number>5</number>
          </array>
        </array>
      </map>
    </map>
  </array>
</map>

XML形式で出力せずに扱う方が便利なこともありますが、とりあえず今回のところは得られた引用データのXMLから一部を抜き取ってFOにしてみます。

<xsl:template match="j:string[@key='title']">
    <fo:inline font-family="sans-serif">『<xsl:value-of select="." />』</fo:inline>
</xsl:template>
<xsl:template match="j:map[@key='issued']">
    <xsl:apply-templates select="j:array[@key='date-parts']"/>
</xsl:template>
<xsl:template match="j:array[@key='date-parts']">
<fo:inline><xsl:value-of select="./j:array/j:number[1]" />年</fo:inline>
</xsl:template>
<xsl:template match="j:string[@key !='title']">
</xsl:template>

これをexport-data.xmlに適用します。かなり省略していますが、
export-data.xmlのtitledate-partsから年の値を取り出し、加工して出力できました。

<fo:inline font-family="sans-serif">『スタイルシート開発の基礎』</fo:inline><fo:inline>2016年</fo:inline>

CSLからXSLT、XSL-FOへの完全な変換まで到達予定でしたが、XPath3.1やXSLT3.0の機能を調べだしたら今回の記事に間に合わなくなったため、少し時間を空けて再挑戦したいところです。

*1 https://citationstyles.org/about/
*2 https://citationstyles.org/2010/03/22/citation-style-language-1-0/
*3 https://ja.wikipedia.org/wiki/Citation_Style_Language

関連記事

  1. Citation Style Languageの話(1)

CommonMark文書をXSL-FO経由でPDFへ変換する

前回、cmark[1]でCommonMark[2]のASTをXML形式で得られることを確認しました。

記事中で登場するコードの動作についての保証はできかねます*1。ご了承ください。

今回の記事で使用した環境は次になります。

文書はその目的に適した構造を持ち、組版では多くの場合その構造に沿ってマークアップを行うでしょう[3]。
Markdownはそれらを放棄しているために、文書として組版するためには不足するものを補う必要があります*2。基本的には、「レポート」であるならレポートの見た目になるよう、Markdown文書とレポートの対応関係を用意する必要があるということです。例えば「<heading level="1">のテキストをレポートのタイトルとする」として、「レポートタイトルはフォントサイズは本文の2倍、中央寄せ、前後のアキは……」とスタイルを用意していきます。書籍を組むのであれば目次や索引などが補う対象となります。

記法の数が比較的少ないCommonMarkとはいえ、すべての対応関係について記述するのは労力が大きいため、一部のみとします。また、前回言及した「Markdown + XSL → PDF」[4]の記事ではリンク記法を応用して脚注記法を用意していますが、処理が複雑化しますのでこういった応用もしません。

変換するCommonMark文書

# CommonMark文書をAH XSL FormatterでPDFにする

## はじめに

[XSL](https://www.w3.org/TR/xsl/)は2部に分けられます。一方はスタイルシート言語としてのXML語彙(XSL-FO)、他方はXML変換のための言語XSLTです。

## 基本版面

`<fo:simple-page-master>`とその子要素に基本版面のサイズとそれぞれの区画を記述していきます。

* `<fo:region-before>`
* `<fo:region-after>`
* `<fo:region-start>`
* `<fo:region-end>`
* `<fo:region-body>`


startからendは*行進行方向*、beforeからafterは*ブロック進行方向*です。

## 本文

```xml
<fo:flow flow-name="xsl-region-body">
    <fo:block>
        ...
```

region-bodyの`region-name`の既定値は「xsl-region-body」ですが、**変更**できます。

基本版面が完成したら、ヘッダやフッタなど配置が固定的なものを配置する`<fo:static-content>`と、
見出しや本文の`<fo:flow>`を記述していきます。版面で指定したページマスタや区画を指定します。

ようやく紙面に文字を表示するための記述に入れます。LaTeXなどではクラスファイルとしてまとめられている箇所を自力で書いているようなものですので、慣れるまでは煩雑に見えるかもしれません。

XMLへの変換

このCommonMark文書をPDFに変換します。
cmarkによるCommonMark文書のXML変換はコマンドライン操作になります。標準出力に出力されるため、出力結果をファイルに書き込んでいます。変換結果のXMLで文字化けがしていたら、コマンドラインの文字コード設定などが関係しているかもしれません。

> cmark.exe doc.md -t XML > result.xml 

このXMLをXSLTで変換し、得られたFOをAntenna House XSL FormatterでPDFへと変換します。先に結果を見てみましょう。

PDF出力結果



源ノ明朝、源ノ角ゴシックを使用したPDFが出力されています。欧文はTimes New RomanとDeja Vu Sansです。

XSLTの抜粋

AH Formatterではソフトウェア側の設定をあまり弄らずともOpenTypeフォントを使用できます。

<!-- XSLT -->
<xsl:attribute-set name="mainfont">
 <xsl:attribute name="font-family">Times New Roman, 源ノ明朝</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="font-size">14q</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="line-height">1.7</xsl:attribute>
</xsl:attribute-set>

<xsl:template match="/"><fo:root>を置きます。


<xsl:template match="/">
 <xsl:variable name="varAuthor" select="'アンテナハウス'" />
 <xsl:variable name="varTitle"><xsl:text>CommonMarkからXSL-FOでPDFを作る</xsl:text>
</xsl:variable>
 <xsl:variable name="varMainPageName" select="'main'" />
 
 <fo:root xsl:use-attribute-sets="attsRoot">
 <!-- 基本版面 -->
 <xsl:call-template name="layoutMasterSet"> 
 <xsl:with-param name="mainPageName" select="$varMainPageName" />
 </xsl:call-template>
 <!-- 表紙 -->
 <xsl:call-template name="coverPage">
 <xsl:with-param name="mainPageName" select="$varMainPageName" />
 <xsl:with-param name="author" select="$varAuthor"/>
 <xsl:with-param name="title" select="$varTitle"/>
 </xsl:call-template>
 
 <!-- 文書内容 -->
 <fo:page-sequence master-reference="{$varMainPageName}"
 xsl:use-attribute-sets="attsPageSequence">
 <xsl:apply-templates />
 </fo:page-sequence>
 </fo:root>
</xsl:template>

<xsl:template match="md:document">

 <xsl:call-template name="header">
 <xsl:call-template name="footer" />
 <fo:flow flow-name="xsl-region-body">
 <xsl:apply-templates />
 </fo:flow>
</xsl:template>

基本版面についてはMarkdown側で干渉するところは特にないので名前付きテンプレートとして省略しました*3。coverPageテンプレートで本文とは別に表紙を作っています。
著者情報を「レベル1見出しの直後の段落を著者名にする」といった形でMarkdown側で記述するようにもできるでしょうが、
やはり「Markdownでは記述しない箇所を決める」という割り切りがある程度の単純さを保つために必要に思えます。

ブロックの例を見てみましょう。

<xsl:attribute-set name="attsCode">
 <xsl:attribute name="font-family">Source Code Pro, 源ノ角ゴシック Code JP, monospace</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="font-size">12q</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="xml:space">preserve</xsl:attribute>
</xsl:attribute-set>

<xsl:attribute-set name="attsCodeBlock" use-attribute-sets="attsCode">
 <xsl:attribute name="linefeed-treatment">preserve</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="axf:border-bottom-left-radius">3pt</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="axf:border-top-right-radius">3pt</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="border">solid 1.5pt gray</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="background-color">silver</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="padding">3mm</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="space-before">4mm</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="space-after">4mm</xsl:attribute>
</xsl:attribute-set>

<xsl:template match="md:code_block">
 <fo:block xsl:use-attribute-sets="attsCodeBlock">
 <xsl:apply-templates />
 </fo:block>
</xsl:template>

コードブロックです。CommonMarkのASTにはinfoとして最初の行の```xml、「xml」が格納されていますが、
1からシンタックスハイライトを行うのはつらいので、背景色やボーダー、等幅フォントを指定しています。< xsl:templatye match="md:code_block">の箇所はかなりシンプルにできていますね。

<xsl:attribute-set name="attsListBlock">
 <xsl:attribute name="space-before">1rem</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="space-after">1.4rem</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="provisional-label-separation">2mm</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="provisional-distance-between-starts">5mm</xsl:attribute>
</xsl:attribute-set>

<xsl:template match="md:item">
 <xsl:variable name="type" select="../@type" />
 
 <fo:list-item xsl:use-attribute-sets="attsItem">
 <fo:list-item-label end-indent="label-end()">
 <fo:block text-align="end">
 <xsl:attribute name="axf:number-transform">
 <xsl:choose>
 <xsl:when test="$type = 'bullet'">
 <xsl:text>circle</xsl:text>
 </xsl:when>
 <xsl:when test="$type = 'ordered'">
 <xsl:text>1.</xsl:text>
 </xsl:when>
 </xsl:choose>
 </xsl:attribute>
 <xsl:number />
 </fo:block>
 </fo:list-item-label>
 <fo:list-item-body start-indent="body-start()">
 <fo:block>
 <xsl:apply-templates />
 </fo:block>
 </fo:list-item-body>
 </fo:list-item>
</xsl:template>

<xsl:template match="md:list">
 
<fo:block-container column-count="2">
 <fo:list-block xsl:use-attribute-sets="attsListBlock">
 <xsl:apply-templates />
 </fo:list-block>
</fo:block-container>
</xsl:template>

箇条書き(リスト)です。それぞれの項目が短い場合、1段だと余白がかなり空いてしまいます。AH Formatterではブロックコンテナでも段組みを別に指定できるので、2段組にしてみました。今回使用してはいないものの、数字付き箇条書きでも動作します。CommonMarkのASTでは箇条書きは同じlist構造でtypeプロパティの値が違う形なので、HTMLのようにulとolが分けられているより対応が楽だと感じました。入れ子のリストでの記号の変更も、 <xsl:variable name="nest" select="count(ancestor::list)" />のようにすれば階層が割と簡単に分かりそうです。
ところでこの組版結果は想定とズレていて、ASTの<item>の内部で一度<paragraph>が使われているため、ラベルと項目の間に、通常の段落を想定した段落開始のインデントが入ってしまっています。

インライン記法の変換例を見てみましょう。

<xsl:attribute-set name="attsEm">
 <xsl:attribute name="axf:text-emphasis-style">dot</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="axf:text-emphasis-font-family">Kenten Generic</xsl:attribute>
 <xsl:attribute name="axf:text-emphasis-skip">spaces punctuation symbols narrow</xsl:attribute>
</xsl:attribute-set>

<xsl:template match="md:emph">
 <fo:inline xsl:use-attribute-sets="attsEm">
 <xsl:apply-templates />
 </fo:inline>
</xsl:template>

和文の簡易マークアップで悩ましいemとstrong。AH Fromatterでは圏点の拡張がありますから、emでは圏点を使用してみました。


今回の記事は『スタイルシート開発の基礎 XMLとFOで簡単な本を作ってみよう』[5]を片手に、適宜読み替えながら書き進めてみました。Markdownからの変換はLaTeXやHTML経由でのものが多く、それぞれに長所や特徴がありますが、XSL-FOで1つ1つ記法とFOを確かめながらというのも、組版全般やXSLTの学習がしっかり進んだように感じ、良いものです。
体感としては、一般的なプログラミング言語で同程度の内容を書くよりも3倍くらいの行数になっている感じがします。

*1XSLTとXSL-FOの記法について学習中の人間が執筆しました。誤りが含まれる箇所があるかもしれません。

*2 「不足する」他のものとしては、表示言語などもそうです。多くのXMLアプリケーションでは「xml:lang」や「id」といった情報は<xsl:copy-of>を利用して入力から出力へそのまま渡せますが、CommonMarkのASTにその情報は含まれません。<html_block>の情報としてマークアップを処理する、言語ごとにファイルを分けるなど、手軽な処理とはいかないでしょう。

*3 <template match="/">は個人的な感覚としては一般的なプログラミング言語におけるmain関数に近いので、切り出せる処理を適時追い出し、子の箇所で必要な値(で子からの取得が面倒なもの)については<xsl:with-param>で渡しています。<xsl:attribute>は調整する可能性がないものは<xsl:template>内でハードコード、そうでなければxsl:use-attribute-setsで別に切り出しています。2ページもない文書を処理するにしては冗長かもしれません。


参考資料

  1. [1] https://github.com/commonmark/cmark
  2. [2] https://commonmark.org/
  3. [3] 構造化文書とは – アンテナハウス
  4. [4] Markdown + XSL → PDF
  5. [5] スタイルシート開発の基礎 – アンテナハウス


Antenna House Formatter

DITA/XML Service Antenna House


関連記事


「技術書典7」に出展いたします。

来週 9月22日(日)に開催される「技術書典」(主催:TechBooster / 達人出版会)に向けて、最近、組版界隈で話題の Markdown(と CSS)を用いて、実際に技術同人誌『簡単!Markdown+CSSによる冊子本作り ―理論と実践―』を作成いたしました。当日販売いたしますので、ぜひお手にとってご覧ください。

『簡単!Markdown+CSSによる冊子本作り ―理論と実践―』の表紙

本書籍の内容については、先日、弊社ブログでご紹介しております。ご関心ございましたらご覧ください。
Markdown+CSS組版で冊子本(PDF)を作ってみる

◆ 技術書典概要
・開催日時:2019年9月22日(日) 11:00~17:00
・開催場所:池袋サンシャインシティ2/3F 展示ホールC/D(文化会館ビル2/3F)
・サークル名とブース番号:アンテナハウスCAS電子出版(き45D)
販売書籍
技術書典7

◆技術書典ご来場予定の方に

一般参加者は13時まで有償の整理券が必要です。ご注意ください。

整理券のご案内

整理券は1,000円で、3種類あります。

(1) Cホール(3階)から入場 11時~
(2) Dホール(2階)から入場 11時~
(3) Dホール(2階)から入場 12時~

弊サークルの場所は、展示ホールD(2F):き45Dです。

アンテナハウスCAS電子出版(き45D)

入場が13時過ぎると無償(ただし、待機列解消後)になります。Markdown本はたくさん印刷しましたので、まず売り切れはないと思いますので、遅くてもたぶん大丈夫なはずです。


XSLT と XSL-FO の勉強会(XSLSchool)

XML を自動組版するには XSLT の開発と XSL-FO の知識が不可欠です。HTML と CSS で組版しようという動きもあるにはありますが、まだまだ少数派でしょう。

弊社では XSLT と FO の両方を1日で学んでしまおうという、ちょっと贅沢なセミナーを開催しています。今まで25回以上開催し、ご参加者の延べ人数は100名様を超えてます。「XSLT や FO は名前を聞いたことはあるけれど…」という方々からご好評をいただいているセミナーで、6~7時間かけて XSL-FO の基礎を学びながら XSLT をひたすら入力していただく、ちょっとしたスパルタな内容です。

school-text

セミナーで使うテキストの一部

今月は12日と13日に二日連続で開催しました。二日連続というのは今までになかったかもしれません。講師はへとへとです(^^; が、皆さんに満足していただき、うれしい限りです。

詳しくは 「XSLSchoolのご案内」 をご参照ください。


AH Formatter:Windows版と非Windows版との違い(組版機能に違いはありません)

こんにちは。
AH Formatterサポート担当です。
今週はAH Formatterのサポートで比較的よくあるご質問を紹介いたします。

AH FormatterはWindows版、Linux版、Solaris版、Macintosh版など種々のOSに対応したバージョンがございます。
お客様のご利用環境に合わせたバージョンを選択されるのはもちろんですが、
例えば、Windows版とLinux版とでどちらがいいのか?違いがあるのか?といったご質問を受けることがあります。

AH Formatterの「組版機能」に関してはWindows版と非Windows版とで違いはありません。
ただし、Windows版以外では実行のためにいくつか設定等を行っていただく必要があります。

・AH FormatterのGUIはWindows版のみの機能です。

・非Windows版では直接プリンタへ出力することはできません。プリンタへ直接印刷指定できるのはWindows版のみの機能です。

・AH Formatterはフォントファイルを含みません。
 非Windows版では欧文基本14フォントのみインストールされますが、これはメトリクス情報ファイルのみ含まれます。
 フォントのアウトライン情報ファイルは含まれません。これらのフォントをPDFやPSに埋め込もうとする場合は、ご自身でフォントをご用意ください。
 それ以外のフォントのインストールはお客様の環境にて行ってください。
 Windows版ではインストール時にWindowsのフォントフォルダを参照するように設定されますが、
 非Windows版ではフォント構築ファイルにてお客様の環境に合わせて設定していただく必要があります。

・AH FormatterはXSLTプロセッサは含みません。
 Windows版は通常MSXMLがインストールされていますので(特に指定がない限り)それを自動的に使用しますが
 非Windows版ではお客様がXSLTプロセッサを選択、インストールしていただいたのち、
 オプション設定ファイルや環境変数にて使用するXSLTプロセッサを指定していただく必要があります。

・非Windows版では環境変数を設定する必要があります。
 Windows版ではインストール時に初期設定されますが非Windows版では設定されません。
 必要な環境変数はオンラインマニュアルの「環境変数」でご確認ください。

 


XSLTを学ぶ (11)論理値(Boolean)と関連する基本的な関数のいくつか

第9回[1]では、式の生成規則を辿っている途中に幾つかわからない項目が出てきました。その一つは、ノード集合に対する演算の扱いです。ここでは論理演算や比較の演算におけるノード集合の扱いを調べてみます。

論理値(Booleans)[2]

or式は左辺と右辺の両方のオペランドをboolean関数と同じように論理値に変換して評価します。どちらかが真であれば真となり、そうでないとき偽となります。boolean関数はXPathで規定するコア関数の一種であり、引数を論理値に変換します。ノード集合は空でないとき真となります(詳しくは下に紹介しました)。

and式は両方のオペランドをboolean関数と同じように論理値に変換して評価します。両方が真であれば真となります。そうでないとき偽となります。

第9回の規則[23]の関係式(RelationalExpr)すなわち <=、<、>=、>、および等価式(EqualityExpr)すなわち=または!=、は左辺と右辺の二つのオペランドを次のように比較します。(ノード集合が関係するときだけを取り上げてみます。)

ノード集合同士を比較するときは、最初のノード集合と二つ目のノード集合の中に、ノードの文字列値同士を比較したときに真になるようなノードが含まれている時に限り、その比較は真になります。

ノード集合と数値の比較では、ノードの文字列値をnumber関数で数値に変換し、数値同士として比較します。ノード集合の中に、数値同士を比較して真になるようなノードが含まれていれば、比較が真になります。

ノード集合と文字列値の比較では、ノードの文字列値と他方の文字列値を比較し、文字列値同士を比較して真になるようなノードが含まれていれば、比較が真になります。

ノード集合と論理値の比較では、ノード集合をboolean関数で論理値にして、他方の論理値と比較します。

XPathには基本的な関数が規定されています。次に今日出てきた関数を紹介します。

boolean関数[3]
形式: boolean boolean(object)

boolean関数は引数を次のように論理値に変換します。
・数値は、ポジティブゼロでもネガティブゼロでもなく、NaN(Not-a-Number:数値でない)でもないとき真となります。
・ノード集合は空でないとき真となります。
・文字列は、長さがゼロでないとき真となります。
・四つの基本型以外のオブジェクトはその型依存の方法で論理値に変換されます。

number関数[4]
形式: number number(object?)

number関数は引数を次のように論理値に変換します。
・数値の後が空白で、前にオプションのマイナス記号、さらにその前のオプションの空白から構成される文字列は、その文字列によって表現される数学的値に最も近いIEEE 754数に変換されます。それ以外の文字列はNaNに変換されます。
・論理値の真は1に変換され、論理値の偽は0に変換されます。
・ノード集合は最初にstring関数を使ったように文字列に変換され、次いで引数が文字列のときと同様に数値に変換されます。
・四つの基本型以外のオブジェクトはその型依存の方法で数値に変換されます。

もし、引数が省略されたときは、既定値として文脈ノードのみから成るノード集合が使われます。

string関数[5]
形式: string string(object?)

文字列関数はオブジェクトを次のように文字列に変換します。
・ノード集合はノード集合の中で文書順で最初のノードの文字列値を返すことで文字列値に変換されます。ノード集合が空のときは空文字列が返されます。
・数値は次のように文字列に変換されます。
 ・NaNは文字列NaNに変換されます。
 ・ポジティブゼロは文字列0に変換されます。
 ・ネガティブゼロは文字列0に変換されます。
 ・ポジティブな無限大は文字列Infinityに変換されます。
 ・ネガティブな無限大は文字列-Infinityに変換されます。
 ・数値が整数型のときは、小数点や先行するゼロのない十進数で表現されます。数値がマイナスのときは、マイナス記号が先行します。
 ・整数でないときは、小数点を含み、小数点の前に少なくとも1個の十進数があり、小数点の後に少なくとも1個の十進数があり、マイナスのときは、マイナス記号が先行する形式となります。不要な先行するゼロがあってはならず、少数点の後には他のIEEE 754と区別するのに必要なだけの数値がなければなりません。
・論理値の偽は文字列falseになり、論理値の真は文字列trueになります。
・四つの基本型以外のオブジェクトはその型依存の方法で文字列に変換されます。

もし、引数が省略されたときは、既定値として文脈ノードのみから成るノード集合が使われます。

なお、string 関数は表示用に整形するために用意されているものではありません。整形にはXSLTのxsl:number要素を使います。

[1] XSLTを学ぶ(9)ステップの文法を追求する-述部(Predicates)と式
[2] 3.4 Booleans
[3] boolean関数
[4] number関数
[5] string関数

前回:
XSLTを学ぶ(10)式によるノード集合の作成、ノード集合の和集合、フィルター式

初回:
XSLTを学ぶ(1)XMLのツリーモデルとXPath/XSLTのツリーモデルではルートの意味が違う


XSLTを学ぶ(9) ステップの文法を追求する-述部(Predicates)と式

第3回[1]からパスの文法を調べてきました。パスの重要な構成要素にステップがあり、ステップ(省略)は軸、ノードテスト、述部(オプションなので必須ではない)から構成されることを調べました。

ステップの最後の構成部品はオプションの述部です。第6回[2]で見ましたが、述部はを[]で囲った形式です。

式とはどんなものでしょうか? まず、XPathの式の生成規則[3]をトップから辿ってみます。

スタートは定義の[14]ですが、式Exprとは、OrExprです。[21]orExprはAndExprを’or’でつなげたものです。そして、[22]AndExprとは、EqualityExprを’and’でつなげたものです。[23]EqualityExprは、RelationalExprを’=’でつなげたものまたは’!=’でつなげたもの。[24]RelationalExprは、AdditiveExprを'<‘ ‘>”<=’ ‘>=’でつなげたもののようです。つまり、このあたりまでは、式はAdditiveExpr(加算式)の論理演算ということになります。

[14] Expr ::= OrExpr
[21] OrExpr ::= AndExpr | OrExpr ‘or’ AndExpr
[22] AndExpr ::= EqualityExpr | AndExpr ‘and’ EqualityExpr
[23] EqualityExpr ::= RelationalExpr
| EqualityExpr ‘=’ RelationalExpr
| EqualityExpr ‘!=’ RelationalExpr
[24] RelationalExpr ::= AdditiveExpr
| RelationalExpr ‘<‘ AdditiveExpr | RelationalExpr ‘>’ AdditiveExpr
| RelationalExpr ‘<=’ AdditiveExpr | RelationalExpr ‘>=’ AdditiveExpr

ということで、さらにAdditiveExprとは何かを見てみます。[25]ではAdditiveExprは、MultiplicativeExprを’+’または’-‘でつなげたものです。

[25] AdditiveExpr ::= MultiplicativeExpr
| AdditiveExpr ‘+’ MultiplicativeExpr
| AdditiveExpr ‘-‘ MultiplicativeExpr

[26]ではMultiplicativeExprとは、UnaryExpr(単項式)、またはMultiplicativeExprにUnaryExprを掛けた(’*’)、またはMultiplicativeExprをUnaryExprで割り算(’div’)、剰余算(’mod’)したものです。
[26] MultiplicativeExpr ::= UnaryExpr
| MultiplicativeExpr MultiplyOperator UnaryExpr
| MultiplicativeExpr ‘div’ UnaryExpr
| MultiplicativeExpr ‘mod’ UnaryExpr
[34] MultiplyOperator ::= ‘*’

UnaryExprは、UnionExprまたはその前にマイナス記号(’-‘)をつけたもの。

[27] UnaryExpr ::= UnionExpr | ‘-‘ UnaryExpr

UnionExprは、ひとつのPathExpr(パス式)、またはそれを’|’で結合したものです。

[18] UnionExpr ::= PathExpr| UnionExpr ‘|’ PathExpr

PathExpr式は、LocationPath(ロケーションパス)、またはFilterExprまたは、FilterExprと相対ロケーションパスを’/’、’//’ で結合したものです。

[19] PathExpr ::= LocationPath
| FilterExpr
| FilterExpr ‘/’ RelativeLocationPath
| FilterExpr ‘//’ RelativeLocationPath

ロケーションパスについては第3回[2]ですでに学びましたが、XMLツリーのノードを選択するものです。ノードの選択結果はノードの集まり(ノード集合)ですが、これに対して、掛け算(’*’)、割り算(’div’)、剰余算(’mod’)、足し算(’+’)、引き算(’-‘)、比較などの演算をするのは少し不思議な気もします。これは後ほど調べてみることにします([5])。

FilterExprの方は、PrimaryExprまたはPrimaryExprに述部(Predicate)を付けたものとなります。ここに出てくる述部はFilterExpr Predicateのように使われますが、ステップの中で出てくる述部の使われ方はAxisSpecifier NodeTest Predicate*です。この2種類の述部の使われ方の違いはなんでしょうか? これも後ほど調べてみましょう([4])。

PrimaryExprは、VariableReference(変数参照)、式を()で囲ったもの、リテラル、数値、FunctionCall(関数呼び出し)のどれかです。ですので、式には数置の四則演算も表現したものも含まれます(よく知っている初歩的な数式も含まれるということで一安心です)。

[20] FilterExpr ::= PrimaryExpr
| FilterExpr Predicate
[15] PrimaryExpr ::= VariableReference
| ‘(‘ Expr ‘)’
| Literal
| Number
| FunctionCall

最も単純なケースでは、一つの数値(Number)だけでも式となります。例えば、次のように下から辿ってみます。
(1) PrimaryExprがNumber:100
(2) FilterExprがPrimaryExpr:100
(3) PathExprがFilterExpr:100
(4) UnionExprがPathExpr:100
(5) UnaryExprがUnionExpr :100
(6) MultiplicativeExprがUnaryExpr:100
(7) AdditiveExprがMultiplicativeExpr:100
(8) RelationalExprがAdditiveExpr :100
(9) EqualityExprがRelationalExpr :100
(10) AndExprがEqualityExpr:100
(11) OrExprがAndExpr:100
(12) ExprがOrExpr:100

ということで、述部に[100]と書くことができます。

まとめますと、述部([]内)にはを書きますが、式としてはロケーションパスを書くこともできますし、また、数値、変数、関数呼び出し、数式を書くこともできる、ということになります。

途中で、いろいろわからない言葉が出てきていますので、次回以降、もう少し詳しく調べてみます。

[1] XSLTを学ぶ (3) パスとは
[2] XSLTを学ぶ (6) ステップの文法を追求するの[8]、[9]式
[3] 3 Expressions
[4] 次回(第10回)のpreceding::foo[1] と(preceding::foo)[1]の比較 の項を参照してください。
[5] ノード集合の論理演算、比較演算については第11回を参照してください。

【広告】★AH Formatter XML関連出版物の紹介

次回:
XSLTを学ぶ (10)式によるノード集合の作成、ノード集合の和集合、フィルター式

前回:
XSLTを学ぶ(8)ステップの文法を追求する-NodeTest

初回:
XSLTを学ぶ(1)XMLのツリーモデルとXPath/XSLTのツリーモデルではルートの意味が違う


XSLTを学ぶ (8) ステップの文法を追求する-NodeTest

前回は軸について調べましたので、今回はNodeTestを調べてみます。XPath仕様では、NodeTestを次のように規定しています[1]

[7] NodeTest ::= NameTest | NodeType ‘(‘ ‘)’ | ‘processing-instruction’ ‘(‘ Literal ‘)’
[37] NameTest ::= ‘*’ | NCName ‘:’ ‘*’ |QName
[38] NodeType ::= ‘comment’|’text’|’processing-instruction’|’node’

まず主ノードタイプを次のように定義します。ステップの文法では軸の指定に続いてNodeTestを記述します。NodeTestでは軸毎に主ノードタイプに該当するノードを選択することになります。

・attribute軸の主ノードタイプは属性
・namespace軸の主ノードタイプは名前空間
・その他の軸の主ノードタイプは要素

文法上は、attribute::text()のような組み合わせができますが、これは無意味なので何も選択しません。

(1) NameTest

NameTestでは要素や属性の名前を指定して一致するものを選択します。

NameTestでは’*’を使えます。’*’は主ノードタイプが何であれすべてのノードに対して真となります。但し、NameTestの前には、軸指定子(AxisSpecifier)が置かれます。軸指定子が省略されないときは、例えば、child::* は起点ノードの子供であるすべての要素ノードを選択します。attribute::*は起点ノードのすべての属性を選択します。

ステップでは軸指定子を省略できます。するとステップは*または@*の形式となります。ステップにおいて*を指定するとchild::*であり、@*とするとAttribute::*です(第6回[3]の[5]と[13]の規定による)。

二番目のNCNameは、名前空間の接頭辞です。接頭辞はXML名前空間の仕様で規定されています[2]

xmlns:svg=”http://www.w3.org/2000/svg”

という名前空間の宣言があるとしますと、NCNameは’svg’にあたります。svg:*はsvg名前区間にあるすべてのノードを選択し、child::svg:*は文脈ノードの子供でsvg名前空間に属する要素ノードをすべて選択します。

QNameは名前空間接頭辞(オプション)で修飾された名前です。

(2) NodeType ‘(‘ ‘)’

NodeTestは、ノードの種類でノードを選択することもできます。ノードの種類は次の4種類です。

comment()
text()
processing-instruction()
node()

例えば、child::text()は起点ノードの子供のテキストノードを選択します。
comment()はコメントノード、processing-instruction()は処理命令のノードを選択します。
node()は任意の種類のノードを選択します。

ステップで、node()と記述すると、軸を省略したことになり、child::node()を意味します。従って、要素ノードのみを選択します。

[1] 2.3 Node Tests
[2] 3 Declaring Namespaces
[3] XSLTを学ぶ(6)ステップの文法を追求する

【広告】★AH Formatter XML関連出版物の紹介

次回:
XSLTを学ぶ(9) ステップの文法を追求する-述部(Predicates)と式

前回:
XSLTを学ぶ(7)ステップの文法を追求する-軸とは

初回:
XSLTを学ぶ(1)XMLのツリーモデルとXPath/XSLTのツリーモデルではルートの意味が違う


Pages: 1 2 Next