カテゴリー別アーカイブ: EPUB

epubcafe にEPUBに関する情報が整理されています

本日、総務省ICT利活用サービス創出支援事業「EPUB日本語拡張仕様策定」の一環として準備された、ポータルサイト「epubcafe(イーパブカフェ)」が本日、公開されました。
 
○epubcafe
http://www.epubcafe.jp
 
今回のプロジェクトではEPUB3の様々な出版ジャンルへの応用についての小冊子も作成しています。
  
○ジャンル別ソリューション
http://www.epubcafe.jp/egls/solution
 
このうち、「EPUB交換・変換」:各種フォーマットの位置づけ、交換用、中間フォーマットとしてのEPUB、WORDからの変換はアンテナハウスが担当しています。
EPUB交換・変換報告書 


「美味しいDITAとEPUBの作り方セミナー」は延期

開催一週間前にせまった次のセミナーが延期となりましたのでお知らせします。
 
○DITAコンソーシアムジャパンの主催する「美味しいDITAとEPUBの作り方セミナー」は延期となりました。
 
開催一週間前となりましたが、東北地方太平洋沖地震の影響による社会情勢を鑑みまして、大変残念ではございますが、本セミナーの開催を延期させていたただきますことご案内申し上げます。
 
お申込みいただきました皆様にはご迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます。
 
セミナースタッフでは、今回ご用意いたしました講演内容をUStreamで配信する等の代替案を検討しています。その際にはまたご案内させていただきます。
最後に今回の震災で被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げ、一日も早く復旧
されますようお祈りいたします。
——————–
セミナー情報
——————–
「美味しいDITAとEPUBの作り方セミナー」
● 日時 :2011年3月23日(水)14:00-16:30(13:30受付開始)
● 場所 :「ベルサール飯田橋」 Room1
     東京都千代田区飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋駅前ビル2F
     http://www.bellesalle.co.jp/bs_iidabashi/event/access.html
● 参加費:無料


3月29日に第2回EPUBセミナー「EPUB3.0標準化の行方」を開催します。

来る3月29日(火)にEPUB3の標準化、印刷と電子のハイブリット出版サービスについてのセミナーを開催いたします。
第一部では、3月22日に成果発表会の内容を踏まえて、EPUB3.0の仕様策定最前線の報告をしたいと思います。
第二部では、デモを中心としますが、CAS-UBについては、商用化サービスに向けて開発を行なっていますので、前回とはデモの内容も少し改善されると思います。
○タイトル
「EPUB3の標準化、印刷と電子のハイブリット出版サービスで出版に未来を!」
○内容
タイムテーブル
18:30~ 主催者挨拶
18:40~ EPUB3.0標準化の動向(仮題) (スピーカー 未定)
休憩
19:30~ クラウド型汎用書籍編集・制作サービスの紹介&実演 (アンテナハウス)
20:10~ クラウド型汎用書籍編集・制作サービス
・今後の計画とサービス体系 (アンテナハウス/エクスイズム)
・機能面の拡張と改善計画
・想定しているクラウドサービス利用形態
・これからのロードマップ
20:20~ 出席者質疑応答
~20:30 閉会
○開催日
2011年3月29日(火)
○時間
18時30分~20時30分(21時終了)
○開催場所
市ヶ谷健保会館 F会議室
東京都新宿区市谷仲之町4-39
都営新宿線曙橋駅下車徒歩6分、都営大江戸線牛込柳町駅下車徒歩8分
市ヶ谷健保会館 (円柱形ガラス張りの建物 1Fはレストラン アル・ファーロ)
⇒アクセス
http://www.its-kenpo.or.jp/restaurant/itigaya/index.html
○募集人数
定員70名
○お申し込み
参加ご希望の方は、次の予約申し込み専用ページからお申し込みください。
☞ 予約申し込み専用ページ
http://www.exism.co.jp/contact/form/seminarinq.html
○詳細情報
http://www.cas-ub.com/user/index.html


28日18時30分からEPUB関連セミナーをUstreamで放映します。 

アンテナハウスでは、現在開発中の「クラウド型汎用書籍編集・制作サービス」(CAS-UB)のセミナーを開催します。セミナーはすでに満席でのお申込み受付を終了していますが、ご参加いただけない方、および遠隔地の方向けに、当日は、Ustreamでセミナーの模様を配信いたします。
 
Ustreamの番組は次の通りです。
http://www.ustream.tv/channel/cas-ub-epub-seminar
2月28日18:30よりこのアドレスにアクセスしていただければセミナーの模様をご覧いただくことができます。
 
○セミナーの進行予定は次の通りです。
「 EPUBで未来を開く! 」
EPUB3の全貌、印刷と電子のハイブリット出版サービスで出版に未来を!
・18:30~主催者挨拶      (アンテナハウス代表取締役社長 小林徳滋)
・18:40~EPUBと電子書籍の未来   
       EPUB日本語拡張仕様策定プロジェクトと日本の電子出版の未来展望
       (イースト代表取締役社長  下川和男氏)
休憩
・19:30~クラウド型汎用書籍編集・制作サービスの紹介&実演   (アンテナハウス)
       現在開発中のクラウドサービスを実際に使用します
・20:10~ 今後の計画とサービス体系 
       想定しているクラウドサービス利用形態 これからのロードマップ
・20:20~ 参加者質疑応答
・~20:30 閉会 次回開催のアナウンス


Page 2011カンファレンスでの講演資料と講演用ノート

「紙と電子のハイブリッド出版を実現する 汎用書籍編集・制作サービス」について2月3日のPage 2011 EPUB活用についてのカンファレンスで講演させていただきました。
 
ここに配布資料(スライドのPDF版)と講演用ノートを公開しました。
 
https://www.antenna.co.jp/XML/xmllist/CAS-UB-Page20110203.html
なお、サービスについて、2月28日 18:30~ 「EPUBで未来を開く」セミナーを開催します。
Page2011では概念中心でしたが、2月28日は実践的にデモ中心で、実際の使い方やアウトプットをご覧いただく予定です。関心をお持ちの方のご参加をお待ちしています。
 
セミナーのご案内


2月28日 18:30~ 「EPUBで未来を開く」セミナーを開催します

「EPUBで未来を開く!」セミナーの内容が決定しました。セミナーでは、「EPUB3日本語仕様策定プロジェクト」のリーダであるイースト株式会社の下川社長に講演をお願いするとともに、アンテナハウスで開発した印刷と電子のハイブリッド出版を可能とする「クラウド型汎用書籍編集・制作サービス」の紹介・実演を行ないます。
■タイトル: 「EPUB3の全貌、印刷と電子のハイブリット出版サービスで出版に未来を!」
○内容: タイムテーブル
18:30~ 主催者挨拶
18:40~ EPUBと電子書籍の未来 (イースト 代表取締役社長 下川和男)
    「EPUB日本語拡張仕様策定プロジェクトと日本の電子出版の未来展望」
休憩
19:30~ クラウド型汎用書籍編集・制作サービスの紹介&実演 (アンテナハウス)
20:10~ クラウド型汎用書籍編集・制作サービス
    ・今後の計画とサービス体系 (アンテナハウス/エクスイズム)
    ・機能面の拡張と改善計画
    ・想定しているクラウドサービス利用形態
    ・これからのロードマップ
20:20~ 出席者質疑応答
~20:30 閉会
○開催日: 2011年2月28日(月) 18時30分~20時30分(21時終了)
○開催場所: 九段下カンファレンスルーム
 東京都千代田区飯田橋1-3-2 曙杉館(ショサンカン)4F
 九段下駅徒歩3分 → http://www.seminar-room.net/
○募集人数: 定員80名
○参加料金: 無料(事前予約制)
○参加資格: どなたでもご参加いただけます。参加ご希望の方は、次の予約申し込み専用ページからお申し込みください。(但し、定員に達しましたら受付を終了いたします。予めご了承ください。)
☞ 予約申し込み専用ページを表示
○主催者:アンテナハウス株式会社
・開催協力:イースト株式会社株式会社エクスイズム(事務局)
○主催者連絡先: 電話:03-5829-9021、電子メール:info@antenna.co.jp
○個人情報:お申し込みいただいた方の個人情報は主催者の規定により取り扱いさせていただきます。詳しくは次をご覧ください。
アンテナハウス・個人情報保護の考え方とお願い
株式会社エクスイズム・個人情報保護方針について(事務局)


電子書籍時代に備える、クラウド型汎用書籍編集・制作サービス開発のご案内

弊社では、この度、Webブラウザだけで書籍の内容を入力・編集し、EPUBを初めとする電子書籍、および書店で販売する書籍印刷用高品質PDFを作成できる「クラウド型汎用書籍編集・制作サービス」(CAS-UB)を開発しました。
 
今回開発した「クラウド型汎用書籍編集・制作サービス」の概要についてはPage 2011のカンファレンス「電子書籍の未来とEPUBフォーマットの活用」(2011年2月3日(木)12:30-14:30)にて弊社代表より紹介致します。
  
■新開発のクラウド型汎用書籍編集・制作サービスで、出版ハイブリッド時代に備える
 
書籍出版産業の収益源は、現在の印刷版から、将来は電子書籍へと変遷します。この間、印刷から電子への転換に備えるために、印刷と電子の両方制作できる書籍制作のワークフローが必要になります。CAS-UBは、一回の編集作業で、書籍印刷用PDFと、電子書籍を同時に作り出すことができる編集・制作サービスです。
 
これまでの書籍制作ではデスクトップ・パブリッシング(DTP)で印刷レイアウトした後に、電子書籍を制作する方式が主流です。これでは電子書籍の制作が二度手間になり、制作日数が余分にかかり、工数増となります。
 
本サービスは、一度編集したコンテンツから電子書籍とPDFを同時に出力できますので、電子書籍編集・制作のプロセスの効率が飛躍的に向上します。
 
■多様な電子書籍の作成
 
電子書籍の技術は非常に速いスピードで進化しています。CAS-UBでは、当面、EPUB2.0形式の電子書籍を作りますが、EPUB3.0が使えるようになれば、直ぐにEPUB3.0形式の電子書籍を作ることができます。
 
■高品質な書籍印刷用PDFを作成できます
 
縦書きはもちろんのこと、書店で販売できるレベルの高品質な印刷ページレイアウトができます。さらに、書籍には欠かせない目次、索引、注、柱の自動作成、ページ番号参照等の自動付与ができます。
 
■本サービスにつきまして詳しい情報は次のWebページでご案内いたします。
http://www.cas-ub.com/


本を書いたり、本を作ったりしたい人のためのWebサービスを準備中です

アンテナハウスでは、本を書いたり、本を作ったりしたい人のためのWebサービスを準備中です。本サービスにつきましては、Page 2011の下記カンファレンスにて紹介いたします。なにとぞ、よろしくお願いします。
◆PAGE2011「電子書籍の未来とEPUBフォーマットの活用」セッション概要
1.日時:2011年2月3日(木)12:30-14:30
2.会場:ワールドインポートマート5階カンファレンスルーム
3.セッション概要
【G3】「電子書籍の未来とEPUBフォーマットの活用」
http://www.jagat.or.jp/PAGE/2011/session/session_detail.asp?sh=3&se=16
4.講演内容(約35分)
「電子書籍時代の書籍編集とEPUBオーサリング」
AHフォーマッターという世界的評価の高いXMLツールを提供している立場から、XML環境で電子コンテンツと印刷データを制作することが可能な書籍編集・制作の方向性を語る。
Pageでのカンファレンスに向けて、少しづつ情報を出していきたいと思っています。ご期待ください。


Page 2011出展・カンファレンス参加のご案内

アンテナハウス株式会社は、(株)エクスイズム社、(株)デジタルコミュニケーションズ社と共同で2月2日(水)から2月4日(金)まで開催される「PAGE2011」に出展いたします。
「PAGE2011」は社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)が主催する印刷業界有数の展示会であり、今回は情報デザイン新時代をテーマに開催されます。
アンテナハウスは、好評いただいているPDF生成や編集するツールを中心に、これまで好評いただいている弊社製品をご紹介いたします。
展示会の入場料は1,000円ですが、下記お問い合せ先へご連絡いただければ無償の招待券をお送りいたします。
また、Page 2011のカンファレンス(グラフィックス分野)の「電子書籍の未来、EPUBフォーマットの活用」というテーマのセッション(2時間)にて、現在開発中の書籍制作Webサービスについて弊社の小林 徳滋が講演を行います。
 
○PAGE2011「電子書籍の未来、EPUBフォーマットの活用」セッション概要
1.日時:2011年2月3日(木)12:30-14:30
2.会場:ワールドインポートマート5階カンファレンスルーム
3.セッション主旨
電子書籍のフォーマットの1つであるEPUBに関する取り組み、
利用法やデータ制作の体制などを取り上げる。
4.講演内容
「書籍の執筆から電子書籍、印刷用PDF作成までを実現するWebサービス」
○「PAGE2011」詳細
* http://www.jagat.or.jp/PAGE/2011/program/about.asp
○連絡先
アンテナハウス株式会社 
システム営業グループ
電話:03-5829-9021
e-mail:sis@antenna.co.jp


DITA Festa 2010 Autumn終了

11月25日午後から26日にかけて開催されたDITA Festa 2010 Autumnは無事終了しました。
今回は、直前に行われたDITA Europe に派遣した調査団の報告、ならびに2日目に米国のXML分野の第一人者であるEliot Kimber氏を招待しての講演が目玉でした。
DITA Europe調査派遣団の報告については、参加者から「新しい風を感じた。」という声もあり、反応は大変良かったように感じました。
 
「DITA特殊化」については、天野氏による1.1の技術解説は少し難しかったようですが、Kimber氏による1.2の新機能は分かりやすかったと思います。
 
第三部のDITA for Publishersについては、従来、テクニカルマニュアルのためと捕らえられているDITAを出版業界向けに使おうということで、Kimber氏によると「DITAの神話を壊すためのもの」とのこと。現在、盛り上がっているEPUBを初めとする電子書籍に関係することからか、大変多くの参加者がありました。また、DITAコンソーシアムジャパンでもDITA for Publishersの短期研究プロジェクトを立ち上げており、今後の成果を期待したいところです。
 
201011261423000.jpg
 
ちなみに、弊社は、Wikiを利用して書籍を制作するためのサービスを開発しています。(2010年11月23日 『「Wikiベースの書籍オーサリングとEPUB出力」のこと』 をご参照ください。) DITA も考えたのですが、書籍出版用のサービスとしては重すぎるのではないかと判断しています。DITA神話にとらわれて、非効率的な独自DTD開発をしているのかどうか?いづれ評価すべきときが来ると思います。


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next