カテゴリー別アーカイブ: システム製品

Formatterで画像やテキストを重ね書きしてみる

以前このブログの「FormatterでMathMLをPDFにしてみる」という記事でFormatterの普段とはちょっと違った使い方の紹介をしましたが、今日はその第二弾です。

たとえば次のようなXMLがあったとします。

そうすると

こんな感じにいつもとは違ったちょっとポップなPDFができちゃいます(もちろん別途XSLTスタイルシートは必要ですが)。

自動組版というよりはDTPソフトっぽい使い方ですね。テキストの部分にはFormatterの機能でドロップシャドーを付けてみました。

工夫すれば頻繁に更新するチラシや優待券みたいなものも作れるかもしれません。


サーバーサイドのOffice文書変換にMS-Officeは必要なし!

『Office Server Document Converter』は、アンテナハウスのコンバータ技術を使った Office 変換ライブラリです。
Word/Excel/PowerPoint のデータをサーバーサイドで PDF や、画像に変換することができます。
10月29日に開催する『アンテナハウス PDF活用レシピ ~PDFの美味しいクッキング教室~ 』の第二部で製品概要と実際に導入頂いている事例をご紹介をさせていただきます。

◆◆『アンテナハウス PDF活用レシピ ~PDFの美味しいクッキング教室~ 』10/29開催!!◆◆

◆ 開催概要
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 開催日時: 2018年10月29日(月)13:00~17:00
■ 会場: 東京都新宿区百人町2-27-6 関東ITソフトウェア健保会館
■ アクセス: https://www.its-kenpo.or.jp/fuzoku/kaigi/ookubo.html#syozai
■ 詳細・お申込URL: https://www.kokuchpro.com/event/pdf_full/

◆ 講演内容
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 第一部
□ 13:20~15:00 PDFの編集・加工・再利用について、今後注目のノウハウを伝授
■ 第二部
□ 15:15~16:05 サーバーサイドのOffice文書変換にMS-Officeは必要なし!な、ライブラリの決定版「Office Server Document Converter」のご紹介
■第三部
□ 16:10~16:30 世界的に高評価を頂いている自動組版エンジンの最高峰!「AH Formatter」 サーバー上で大量のPDFを自動一括印刷する方法をご紹介!

まだお席に余裕がございますので、ご興味のある方は、是非この機会にご参加ください。


PDF の編集・加工・再利用に使える『PDF Tool API 』

『PDF Tool API』は、PDF の加工・編集に特化したライブラリです。
最新バージョンでは、PDF 内にある文字列の位置情報を取得することにより、特定の文字列の位置でページを分割したり、特定の文字列が含まれているページのみ抜き出したりすることが可能です。
10月29日に開催する『アンテナハウス PDF活用レシピ ~PDFの美味しいクッキング教室~ 』の第一部で『PDF Tool API』の活用テクニックと、実際に導入頂いている事例をご紹介をさせていただきます。

◆◆『アンテナハウス PDF活用レシピ ~PDFの美味しいクッキング教室~ 』10/29開催!!◆◆

◆ 開催概要
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 開催日時: 2018年10月29日(月)13:00~17:00
■ 会場: 東京都新宿区百人町2-27-6 関東ITソフトウェア健保会館
■ アクセス: https://www.its-kenpo.or.jp/fuzoku/kaigi/ookubo.html#syozai
■ 詳細・お申込URL: https://www.kokuchpro.com/event/pdf_full/

◆ 講演内容
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ 第一部
□ 13:20~15:00 PDFの編集・加工・再利用について、今後注目のノウハウを伝授
■ 第二部
□ 15:15~16:05 サーバーサイドのOffice文書変換にMS-Officeは必要なし!な、ライブラリの決定版「Office Server Document Converter」のご紹介
■ 第三部
□ 16:10~16:30 世界的に高評価を頂いている自動組版エンジンの最高峰!「AH Formatter」 サーバー上で大量のPDFを自動一括印刷する方法をご紹介!

まだお席に余裕がございますので、PDF の加工にご興味のある方は、是非この機会にご参加ください。


PDF Server V3.1 についてのお知らせ。

V3.1 メンテナンスリリース7
全てのエディションを対象としたメンテナンスリリース7(MR7) を公開しております。
これらのうち、特に PDF Driver の問題については全てのお客様で発生する可能性がある障害となりますので、最新 MR への更新をお願いいたします。
また、V3.0 などの過去のバージョンをご利用のお客様は、是非この機会に最新バージョンへのバージョンアップもご検討ください。

改訂内容:

  • Office 文書の変換時に PDF Driver でクラッシュが発生したり変換エラーになってしまうことがある問題を修正
  • バージョンの異なるフォントが複数インストールされている環境で PDF Driver が PDF 変換を行う際に、古いバージョンのフォントを使用してしまうことがある問題を修正
  • 複数ページの TIFF 画像を PDF 変換する際に 2ページ目以降の画像に対して無用な変換が発生することがあり、処理時間とファイルサイズの増大につながるケースがあった問題を修正

保守期間中のユーザー様であれば無償で更新いただけます。
詳細は こちら からご確認いただけます。

  • 体験版について
    PDF Server には 30日間、製品と同じ機能を全てご利用いただける体験版を用意しております。
    体験版のお申し込みは こちら からお願いします。

製品ページ:

製品お問合せ:システム営業グループ
TEL:03-5829-9021  e-mail:sis@antenna.co.jp


Office Server Document Converter(OSDC)はOffice サーバー サイド オートメーションの夢を救うか?

24時間かけて視聴率をすくい終わる頃には秋の声が聞こえ始めるのですが、今年はまだまだ油断できない暑さが続きそうです。ご自愛ください。

さて、Office サーバー サイド オートメーションの代替案は、OSDCで決まりでしょう!というお話です。

デスクトップ環境で使い慣れているMS-Officeの機能を、サーバ上で活用(Office文書の作成と編集、印刷)したいという要望は、ゆく河の流れのうたかたの如く、絶えまなく浮かんでは消えて往きます。

「結論からお伝えしますと Office のサーバー サイド オートメーション (非対話型オートメーション) を、マイクロソフトはサポートしておりません。」と言い切られていますが、推奨もサポートもしないが止めもしないというスタンスは、技術者のチャレンジャー魂に火をつけるのかもしれません。

そこで、実際にサーバサイドでOffice文書を作成する需要があるのかを考えてみました。

サーバ上のファイルをやむを得ず編集する必要があった場合、手元にダウンロードし編集したうえで再アップする方が簡単ではないか。手元にMS-Officeが無いという状況については、また別の話になりますが。
既存の文書にコメントや注釈を書き加えるのであれば、PDFを編集する製品(瞬簡PDFシリーズ)で十分に対応できますし、サーバ上で加工がしたければ最適な製品(PDF Tool API )もあります。
そもそも「生の」office文書をサーバにため込んで「かきかき」する必要はないと思うのですが、いかがでしょうか。

そうなりますと、サーバ上でユーザーが必須と考える機能とは、Microsoft Officeの印刷レイアウトを再現する汎用性の高いファイル形式(PDF等)に変換することではないか。
ということで、Office Server Document Converter(OSDC)の登場となります。

OSDCは、作成元のアプリケーションを使用せず、且つ、プリンタドライバも使用しない「ダイレクト変換」を採用しています。
また、Microsoft Office、OpenOfficeにも依存せずに、アンテナハウスが30年以上蓄積した独自技術を使って、自力でレンダリングしています。
したがって、Linux環境でもOfficeドキュメントを変換することが可能で、驚くほど高速に変換できるのです。

サーバー上でのOfficeドキュメントの処理において、印刷レイアウトを再現できることが一番重要と考えたとき、Office Server Document Converter(OSDC)で決まりでしょう!

OSDCに関する詳しい情報は、
製品ページ
を、ぜひ、ご覧ください。

評価版もご用意しております。
評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

参考資料:http://support.microsoft.com/kb/257757/ja


Office Server Document Converter は返り点をどこに付けるのか?(夏休み自由研究より)

アンテナハウス商品の中で屈指の長い製品名が「Office Server Document Converter」です。
通常は「OSDC」と略して表しますが、別に恰好を付けているわけでは無く、長くて単語の順番を取り違えて客先で自社の製品名を間違えないようにするためのようです[要出典]。

名は体を表すなどと言いますが、製品名を聞けばその特色が一目瞭然に解るようにと、特色を表す4つの単語を組み合わせています。
単純に上から読めば、Office(事務所)のServer(サーバ)でDocument(文書)をConvert(変換)する製品となるのですが、ちょっと何か違いますね。

英単語に日本語の助詞を補うと、昭和40年代の無国籍アクション映画の「謎の外国語」かバブル期のギョーカイ人が発する「業界用語」みたいで胡散臭いので、英語の助詞とか関係詞を補完してやろうかと思いましたが、学生時代にテストで●点を取った黒歴史が頭をかすめて指が止まりました。「Hey, Siri!」教えて!

昨年、諸事情により改名するまでは「Server Based Converter」と呼ばれていましたが、これはGoogle翻訳で「サーバーベースのコンバーター」と翻訳されるので(マンマじゃないか!)、何となく解ったつもりになれます。

改名にあたり新たに「Office」と「Document」の二つの単語を加えているところが重要なところでして、そもそも「Office」は「Microsoft Office」を指しています。「事務所」などとはとんだ大ボケ。
そして、「Document Converter」と続けることで、変換の対象は文書なのだということをより明確にしています。実際、「Converter」で検索すると動画と音声の変換が上位になるので、このあたりをハッキリさせることは大事です。

つまり、Microsoft Office(Office)の文書(Document)をサーバ(Server)上で変換する製品(Converter)となるのです。
これは「Office Document」を「Office サーバー サイド オートメーション」を気にすることなくサーバ上で変換できるのですよ(すごいでしょう)、と自慢しているわけです。

そうなると「ODSC」で良かったのでは、という声も聞こえてきます。
「Office Document」と続けずに「Server」を間に置いて「Document Converter」となるにあたっては、大論争が繰り広げられたそうですが[要出典]、両論併記することで決着をみました。
実は、Office Server Document Converterの「Server」の後ろに「返り点(レ点)」が隠されているのです。見えませんでしょうか。
「Office Server Document Converter」

このような経緯を経て、「Microsoft Office の文書をサーバ上で変換するDocument Converter」という製品の特色を網羅する製品名が生まれたのでした。

ということで、USのスタッフも交えて命名した「Office Server Document Converter」が、実は「漢文」だったという驚愕の事実が明らかにされたところで、今回はこれまでにしたいと思います。

※「Office Server Document Converter」の名前の由来については諸説ございます。


PDF Tool API でカスタムプロパティ

今年の暑さは人だけでなく植物にもつらいものがあります。庭木も葉先が茶色になり悲鳴をあげています。地植えとはいえさすがに水やりをやらなくてはならない状態です。とはいっても庭土は乾燥しきっていて少々の水やりでは焼け石に水状態です。
猫の額ほどの庭ですが、20~30分かけて垂れ流し状態で水をやっています。

さて、PDFは文書情報として「タイトル」「作成者」「サブタイトル」「キーワード」の設定ができますが、 違う名前で独自のものを設定したいということもあります。そこで、PDF Tool APIではカスタムプロパティとして、任意の名前と値を設定できるようにしました。
設定したカスタムプロパティはAdobe Readerでも確認することができます。

PDFToolAPI
●製品詳細ページ
『Antenna House PDF Tool API 』


『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)でPDFに含まれる画像を保存する

『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)は、PDFファイルの情報取得やPDFファイルの加工・編集を行うライブラリです。
PDFに関するさまざまな処理機能を搭載しています。
文書情報やページ数などの情報取得、ページの挿入や削除、透かしの挿入、セキュリティ設定などのファイル加工、ページコンテンツのテキストや画像の削除、画像の最適化(ダウンサンプリング)といったページ編集処理が可能です。

今回は『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)を使用して、PDFの中に含まれる、すべての画像を、外部ファイルとして保存してみたいと思います。

Javaサンプルコード

Javaサンプルコード(SearchImageAndExport)のダウンロード (zip)

関数 subSearchImageAndExport にて、画像を検索して、ファイルとして保存しています。

入力サンプルPDF

sample

出力サンプル画像(1)


出力サンプル画像01

出力サンプル画像(2)


出力サンプル画像02

PDFに含まれる、すべての画像を、簡単に取り出すことが可能です。
PDF Tool API には、このほかにも便利な機能が沢山あります。ぜひご検討ください。

製品に関するご質問は
sis@antenna.co.jp(SYSTEM担当)
または
oem@antenna.co.jp(OEM担当)
まで、お気軽にお問い合わせください。

評価版のお申込
評価版のお申込ページ

Webページ
http://www.antenna.co.jp/ptl/


『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)で墨消しを自動化してみる

『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)は、PDFファイルの情報取得やPDFファイルの加工・編集を行うライブラリです。
PDFに関するさまざまな処理機能を搭載しています。
文書情報やページ数などの情報取得、ページの挿入や削除、透かしの挿入、セキュリティ設定などのファイル加工、ページコンテンツのテキストや画像の削除、画像の最適化(ダウンサンプリング)といったページ編集処理が可能です。

今回は『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)を使用して、PDFの文字列に対して、墨消しの自動化を行ってみたいと思います。
墨消しの対象となる文字列を検索、文字列に対して墨消しを設定、最後に文字情報が消されているのかチェックします。

Javaサンプルコード

Javaサンプルコード(SearchTextAndSetMask)のダウンロード(ZIP)

関数 subSearchTextAndSetMask にて、文字列検索と墨消しの設定をしています。
その後、関数 subSearchText にて、再度文字列検索を行い、文字情報が消えたかチェックしています。

入力サンプルPDF

pdftool.6.0.sample

出力サンプルPDF(文字列「Antenna」を指定して墨消し)

入力サンプルPDF

出力サンプルPDF(文字列「PDF」を指定して墨消し)

pdftool.6.0.case2

Javaサンプルコードで、墨消しの設定は、わずか7行ほどです。
大量のPDFであっても、bat的に呼び出すだけで、一括で墨消しを設定することも可能です。
PDF Tool API には、このほかにも便利な機能が沢山あります。ぜひご検討ください。

製品に関するご質問は
sis@antenna.co.jp(SYSTEM担当)
または
oem@antenna.co.jp(OEM担当)
まで、お気軽にお問い合わせください。

評価版のお申込
評価版のお申込ページ

Webページ
https://www.antenna.co.jp/ptl/


『PDF Driver V7.5』の組み込み版

PDF Driver V7.5  は、システム製品として販売をしておりますが、 組み込み用ライセンスとしてのご提供を準備中です。

V7.5 の機能として

  • 出力ファイル名の連番付けができるようになりました。
    出力先にすでに同名のファイル名を持つ PDF ファイルが存在する場合に、これまでは、上書き保存を行なうか、処理を中止するかの2択でしたが、ファイル名の末尾に連番を付与して別ファイルとして保存するオプションを用意しました。
  • グレースケール、モノクロ変換
    カラーの画像やテキストをグレースケールまたはモノクロに変換することが可能になります。
  • 設定ファイル名の埋め込み
    PDF 出力に使用した印刷設定の設定ファイル名を文書情報内に独自のキーで埋め込みできます。PDF Driver で作成したPDFがどのような設定で作成したものか PDF で確認できるというものです。

既存の組み込み用ライセンスのお客様へのご案内は、8月後半を予定しております。
もう少々お待ちください。


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 19 20 Next