e-na伊那谷 旅便り 第9回 ソースカツ丼

伊那市あるいは伊那谷のローカルフード(B級グルメ)として思い付くものといえば、馬刺し、おたぐり、ソースカツ丼、ローメン、高遠蕎麦、昆虫食、最近力を入れているところではガレットなどいろいろありますが、今回はソースカツ丼のお話を。

伊那谷名物 ソースカツ丼


実はソースカツ丼をご当地グルメとして謳っている地域は意外と多く、福井県や群馬県前橋市&桐生市、福島県の会津などがあります(たしか)。この中で伊那谷と会津のソースカツ丼は、カツとご飯の間に繊切りキャベツがあり、他地域のソースカツ丼に詳しくないため伊那谷のソースカツ丼に限って言えば、カツを各々の店のソースに浸し(ソースを掛けるのではない)、そして多くの店でカツのボリュームにステータスを切る傾向があります。その中でもボリュームで有名なお店では、お持ち返り用にパックが用意されています。お昼に残したカツは夕飯にもいただけるという二度美味しいシステムです。それらがどんなカツかと言うと次の感じです。

伊那谷名物 ソースカツ丼

伊那谷名物 ソースカツ丼

伊那谷名物 ソースカツ丼

ソースカツ丼ってカツをご飯に載せただけでしょう?という声はありますが、各店で工夫されたソースにどっぷりと浸かったカツと、そのカツの重みとご飯の熱でスチームされたしんなりとした繊切りキャベツ、そして地元でも意外と認識されていない米の産地(特に三峰川水系で育てられたお米は「川下り米」と呼称されます)である伊那の飯で構成されるソースカツ丼。玉子綴じとは違って豚肉のこくもダイレクトに感じられる伊那谷のソースカツ丼、是非ご賞味いただきたいところです。