PDFの墨消しは、塗りつぶすだけではだめなんです

書類や帳票などを外部に公開するとき、機密情報や個人のプライバシー上問題になる部分を墨で塗りつぶすことを「墨消し」(または「墨塗り」)といいます。

墨とはまた古色蒼然としていますが、紙の書類なら、墨で塗りつぶせば下の文字や画像を読むのは難しくなります。

しかし、PDFファイルを公開するときは、隠したい部分を塗りつぶしただけだとPDFファイルの中に残っている情報を取り出すことができてしまいます。

Webを検索すると、「隠したい部分を塗りつぶしたPDFを公開したところ、入手した人に塗りつぶした部分の情報が見えてしまった」という、笑えない失敗がいくつも見つかります。

墨消しや墨塗りなどという過去の方法を、PDFという現代の紙でもそのままできると考えるのが誤解のもとなのでしょう。

PDFの墨消しは単に墨で塗るだけではだめなんです。つまり、PDFでは、隠したい箇所の上を墨で塗りつぶしすのと同時に、隠したい箇所のデータをPDFファイルから削除する必要があります。めんどうですね。

でもご安心ください。

『瞬簡PDF編集6』では、PDF特有の墨消しをワンタッチで行う機能が弊社製品として初めて付きました。

墨消し機能を『瞬簡PDF編集6』プレビュー版でぜひお試しになってみてください。

PDF-Edit6プレビュー版配布中!無償でお試しいただけます。


瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版 アップデートのお知らせ

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版の最新バージョンを公開しました。
http://www.antenna.co.jp/pdfedit/trial.html
既にプレビュー版の登録をしていただいている方にはメールで案内を差し上げておりますのでそちらからファイルをダウンロードしていただければと思います。
古いバージョンをご利用中の場合は必ず一度PDF Driverも含めてアンインストールしてから、新しいバージョンをインストールしてください。

今回のアップデートで重要な不具合の修正は2件あります。
1件目は同梱しているPDF Driverの試用期限を9/30まで延長したことです。古いバージョンではインストール後30日間しか試用できませんでした。申し訳ございません。

2件目は重要な不具合の修正に伴い「作業スペース」の互換性がなくなりました。古いバージョンで使用している「作業スペース」および、エクスポートされた作業スペースファイルは、最新バージョンでは使用できませんのでご注意ください。

機能面ではリボンの「表示」タブに「レイアウトのリセット」という機能が追加されています。
reset_layout
『瞬簡PDF 編集 6』では作業スペース、サムネイルといったペインの位置やサイズを変更することができるのですが、操作が少々複雑なため元に戻せないというお問い合わせがあったため実装した機能で、レイアウトをデフォルトの状態に戻すことができます。

このように『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版ではご意見、ご感想をいただければ、新機能として対応することもありますのでぜひメールを頂ければと思います。

アンテナハウス 瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版 お問い合わせ先
 Eメール:pdfedit@antenna.co.jp


パラダイムが変わるとき、ビジネスチャンスが生まれる

人間は毎日同じことを繰り返しながら生きており、繰り返しが習慣になって無意識に行っていることも多い。あることが、ひとたび習慣となると、その習慣と相入れないことを受け入れるには無意識の抵抗が働くだろう。

会社の仕事の仕方、ビジネスにおいても同じような側面がある。仕事の進め方・ワークフローができあがり、それを繰り返している間に習慣となる。あるワークフローが習慣になっているとき、その革新は困難である。

ドキュメントの制作においてXML/DITAのような革命的な方法が受け入れられにくいのは、いままでの仕事の進め方、ワークフローの革新が前提となるため、既存のワークフローを守りたいという抵抗が大きい、という理由もある。

新しいやり方、新しい方法が採用されやすいのは、社会全体の仕組みが変わるとき、つまりパラダイムシフトが起きるときだろう。このときは、既存の仕事のやり方の見直しが必要となり、そうした枠組みに関わるビジネスに大きなチャンスが生まれる。

パラダイムシフトの典型的な例は、国の規制緩和が実施されるときである。どの国でも、法律やその他の規則により、企業の仕事の進め方に制約がかかっていることが多い。その規制がはずれるときは、新しい方法が必要になったり、あるいは、新しい方法が採用されやすくなる。

これから行われようとする規制緩和のひとつに「スキャナ保存」の規制緩和がある。そうして、いま、ここに新しいビジネスのチャンスが生まれようとしている。

お知らせ
最新の「電子帳簿保存法Q&A」などe-文書法スキャナ保存の国税庁発信の情報を下記のお知らせにまとめて掲載しております。

PDF-Edit6プレビュー版配布中!無償でお試しいただけます。


[AH Formatter] Windows にインストールされていないフォントを使う方法

AH Formatter のあまり知られていない小技をひとつ取り上げたいと思います。

Windows にインストールされていないフォントを使う

AH Formatter Windows 版では、フォントを Windows にインストールしなくても利用することができます。実験的に利用したいフォントや、Windows にインストールしたくないフォントなどを指定しておくことができます。
次のようにします。

  1. 例えば、使いたいフォントを C:\MyFonts に用意します。
  2. 環境変数 AHF62_FONT_CONFIGFILE または AHF62_64_FONT_CONFIGFILE を確認してください。
    そのディレクトリに、次のような内容の font-config.xml というXMLファイルがあります。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
    <!-- DOCTYPE font-config SYSTEM "font-config.dtd" -->
    <font-config
        otf-metrics-mode="typographic"
        name-processing-mode="windows-name">
      <!-- add your font folder here -->
      <font-folder path="C:\Windows\Fonts">
      </font-folder>
    </font-config>
    
  3. このファイルに次のようなを追加してください。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
    <!-- DOCTYPE font-config SYSTEM "font-config.dtd" -->
    <font-config
        otf-metrics-mode="typographic"
        name-processing-mode="windows-name">
      <!-- add your font folder here -->
      <font-folder path="C:\MyFonts">
      <font-folder path="C:\Windows\Fonts">
      </font-folder>
    </font-config>
    
  4. もし、その font-config.xml が編集できないときは、別の場所に作って、環境変数を修正してください。

AH Formatter を再起動すると、C:\MyFonts にあるフォントを利用できるようになります。


瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版公開

6月に予告していた『瞬簡PDF 編集』の次期バージョン「6」のプレビュー版を公開しました。

『瞬簡PDF 編集 6』は、現バージョンの『瞬簡PDF 編集 5』を修正したものではなく、機能・操作性などすべてを見直してプログラムを1から作り直しました。

より解かりやすく使いやすい操作性をめざしてリボンユーザーインターフェースを採用し、処理速度をより速くしてサクサク動作を実現しています。

もちろん Windows 10 にも対応します。

本製品を実際に使って頂きご意見、ご要望等をくださった方には正式版発売時に特典を用意させていただく予定です。

生まれかわった新バージョン『瞬簡PDF 編集 6』をぜひお試しください。

プレビュー版の詳細と入手方法については、ニュースリリースをご覧ください。

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版ニュースリリース

PDE-Windows10Windows 10 Insider Preview で動作する『瞬簡PDF編集 6』


CAS-UBでPODによる本作りの勧め 

CAS-UBは、書籍などのコンテンツを編集し、編集が終了したらPDF、EPUBに出力するWebサービスです。

すべてのデーターはサーバー上に置いて、Webブラウザを利用してコンテンツを編集します。

通常(CAS-UBを使わないとき)は、書籍を綺麗な版に整理してPDFにするには、DTPソフトウェアを使えるオペレータに作業をしてもらう必要があります。オペレータに依頼したり、あるいは社外の制作会社に発注しますと、手続き、コミュニケーション、費用、期間がそれぞれ必要となります。ページ単価でお金がかかるため、馬鹿にならないお金と時間がかかってしまいます。

CAS-UBを使えば、原稿を整理して、綺麗なページに仕上げる作業を、ご自分あるいは自社内でできますので、コストと時間の大きな節約になります。また、いつでも・何回でも気に入った出来になるまで変更するのも自由です。

PDFができれば、それをプリントオンデマンドで印刷・製本する会社に依頼すれば、1週間程度で本ができあがります。

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

スライド10

スライド11

スライド12


7月1日~7月4日 国際電子出版EXPO出展記

2015年7月1日~4日に第19回電子出版EXPOが国際展示場で開催されました。今回もCAS-UB、AH Formatterを中心とした展示を行いました。目新しさという点ではいまひとつでしたが、当初予想したよりも大勢のお客様にご来場いただきました。ご来場いただきましたお客様には、この場をお借りしまして心からお礼申し上げます。

20150716EXPO

CAS-UBは、今年は、プリントオンデマンド(POD)で使っていただくことをテーマにしています。CAS-UBでPDFを制作して、それからPODで本を作るということです。サンプルとして、青空文庫から『暗号舞踏人の謎』をCAS-UBで縦書きのPDFにして簡単な冊子を作ってみました。

出版事例報告:CAS-UBを使い、紙印刷と電子書籍の二つを同時に出版しました。
『暗号舞踏人の謎』(アーサー・コナン・ドイル)

展示会でも展示しまして、ご来場いただいた方々にご覧いただきました。書籍用PDFを作るのは、現在、既にWordやInDesignのようなアプリケーションの機能がかなり高くなっています。このため、EPUBと比較すると問題を感じている方、課題を持っている方が少ないのではないかと思います。

但し、ワンソースEPUBとPDFを同時に作ったり、書籍を作った経験のない方でも、特にDTPや組版を勉強しなくても、DTP並みの綺麗なレイアウトのPDFを作ることができるツールはあまりありません。

自己出版や、多品種少量にならざるを得ない専門・技術的な本を、制作専門のDTPオペレータ不要でPDFにできるという点ではCAS-UBは独自と思います。今後、もっとこの点をアピールしていきたいと考えています。

アンテナハウスは、ほそぼそに近いですが、継続することに意味があると考えて、国際電子出版EXPOの前身であるデジタル・パブリッシング・フェアの時代からずっと、1コマで出展をしてきました。

デジタル・パブリッシング・フェアの時代は、いまひとつピントの絞れない展示会という印象がありました。
2011年に国際電子出版EXPOに名前が変わり、ターゲットが明確になりました。

2011年はEPUBが大きな関心を集め、EPUBとは何か? というご質問を多くの方からいただきました。それから4年を経過しました。

今年のご来場者の方からは、既にEPUBを作っているがいろいろ問題があって別の方法を検討している、というようなお話を伺うようになり、時間の経過に従って、市場が変化している様子をつぶさに感じ、大変印象を深くしました。


新人から見たDITAの現状

私は DITA 関連サービスの営業を始めて3ヶ月目の新入社員です。まずは商品知識の習得という事で、日々XML や DITA の勉強を続けております。

そんな中で、気が付いたことがありました。DITA について調べようとすると、海外(特に英語圏)の情報は集まるのに、日本の DITA の情報はほとんど集まらないのです。公開されている DITA の導入事例の数も、日本とアメリカで大きな開きがあります。国土の差や企業数の差を考慮しても大きな開きです。また、DITA に関するコミュニティ(Yahoo や LinkedIn 等)も英語のコミュニティは頻繁に更新されているにもかかわらず、日本のコミュニティはほとんど更新されないか、同じ人が更新を続けているという状況です。何故このような差が生まれているのでしょうか。色々と調べてみました。

そもそも、DITA は企業がドキュメント作成の効率化とコストカット、及び品質の維持を目的として導入するものですので、個人の消費者によるコミュニティの盛り上がりは期待できません。その為、DITA に関わっている、もしくは DITA に関心のある企業の方が積極的に発言・情報公開をしなければ、DITA のコミュニティは盛り上がる事はないでしょう。

DITA を企業内で導入するだけならば、情報公開もコミュニティの活性化も必要はないはずです。ですが、DITA 関係者の間からは「DITA の導入促進にはコミュニティの活性化が必要だ」という声がしばしば上がっています。何故、DITA に関する情報公開やコミュニティの活性化が重要なのでしょうか。それは DITA の導入において使用するエディタが Word から XML エディタに変わるだけではなく、文章作成からパブリッシングに至るまでの「仕組み」が変わることを意味するからです。

極端な事を言えば、エディタを変えるだけなら、既存のエディタを置き換えて使う人が個人で勉強すればいい話です。ですが、DITA 導入は仕組みを変える事ですので、エディタを変えるだけでは済みません。エディタの使い方はもちろん、既存のドキュメントの変換、ライターの育成、そしてデータ管理の方法など、導入に際してやるべきことはたくさんあります。当然、相応の費用と人員、そして情報が必要になります。

費用と人員は企業内で用意できると思いますが、情報はどうしたらいいのでしょうか。そこで DITA のコミュニティです。コミュニティで情報交換(シェア)を行うことで自身の知りたい情報が得られるだけでなく、DITA の知識を持った専門家とコンタクトをとる事も出来るでしょう。逆に自分たちが持っている情報を公開することで、これからDITAを導入しようとする人の参考にしてもらう事もできます。

先に日本の DITA コミュニティが盛り上がりを見せていないと書きましたが、理由はいろいろあると思います。機密事項になっている為に公開出来ないといった企業の事情もあれば、コミュニティはいらないから情報だけ欲しいという場合もあるでしょう。あるいは、自社が何をしているのか競合に知られたくないという思いもあるのかもしれません。

ですが、海外の DITA カンファレンス(DITA North America, DITA Europe)では多くの企業が自社の DITA 導入事例、そして導入の経過まで公開しています。それらの企業が不利益を被っているという事はありません。それどころか、日本人でも知っているような大企業も(自社の PR も兼ねて)事例を発表しています。つまり、先に上げたようなコミュニティが盛り上がらない理由というのは、ほとんどが杞憂である可能性が高いのです。海外の事例公開の多さは、秘密主義である必要はない事、情報をシェアすることが損にはならない事を示しています。

私は、日本でも海外同様に DITA 関連のコミュニティが盛り上がる事、そして DITA 事例の公開が進むことを期待しています。それは自社の利益になるだけでなく、DITA を導入する企業全ての利益ともなるからです。


XMetaL の FAQ を DITA 化しました

DITA のオーサリングで好評の XMetaL ですが、FAQ のページコンテンツを DITA 化しました。

ざっくりと概要を書くと
* 複数のバージョンの XMetaL の FAQ で部品共有できるものは共有する
* keyref 属性の有効利用
* 条件処理の有効利用
* トラブルシューティング情報タイプの導入
* 体裁を部分的に変更するための特殊化
です。

結果として、管理するトピック数をおおよそ半減することに成功しました。

詳しくは「DITA 採用事例(XMetaLのFAQをDITAで作る)」をご覧ください。


海外出展レポート XML London 2015 その2

Tony Grapam はこのカンファランスの XSL FO チュートリアルセッションで XSLT と XSL-FO の実践のためのコツとヒントについての発表も行いました。

およそ 400言語に翻訳されている世界人権宣言(UDHR)の様々な言語のユニコードテキストを用いて、FO を作成するサンプルなどを紹介しています。

発表資料はこちらからダウンロード可能です。
http://www.antenna.co.jp/AHF/ahf_jirei/pdf/2015/tips-and-tricks.pdf

トニーグラハムの経歴
Tony Graham は1991年よりマークアップに関わり、1996年からは XML に、そして1998年からはXSLT/XSL-FO に従事している。現在 W3C の Print and Page Layout Community Group の議長を務めている。以前は W3C の XSL-FO 仕様を策定する XML Print and Page Layout Working Group (XPPL) の招待エキスパートであり、また同時に XSLT のエキスパートであり、stf スキマトロン テスティング フレームワークの開発者であり、Antenna House focheck XSL-FO 検証ツールの開発者であり、XSpec および Juxy XSLT テストフレームワークのコミッターであり、「Unicode: A Primer」の著者である。
Tony の XML と SGML のキャリアは日本、USA、イギリス、アイルランドで培われ、また扱った言語は英語、中国語、日本語、韓国語で、教育界、自動車産業、出版、ソフトウェア、通信機器業界など様々な分野に関わっている。
2014年11月より、アンテナハウス(株)にシニア・アーキテクトとして勤務。 AH Formatter、 クラウドオーサリングサービス、その他関連製品に携わり、XSL-FO, XSLTのコン サルティングサービスを担当している。

US 営業グループ
アンテナハウス海外サイト
http://www.antennahouse.com/
http://rainbowpdf.com/


Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 107 108 109 Next