作成者別アーカイブ: AHEntry

AH PDF Server V2.0 新製品紹介セミナーの開催ご案内

Antenna House PDF Server V2 を、より多くのお客様に知っていただくために、簡単なデモを交えた、製品紹介セミナーを開催いたします。
・サーバサイドでのPDF変換ツールをお探しの方
・よりユーザに易しいPDF変換ツールをお探しの方
・個人で様々な設定により変換されるPDFファイルについて、後の文書管理にスムーズに移行出来るような目的ごとに統一・整理された、PDF変換システムをお探しの方
・ユーザ側からはどのような利用価値があるのか知りたい方等々、
どうぞお気軽にお越し下さい。
*開催日時:2010年1月22日(金)
*開催時間:15:00~16:30(14:30~受付開始)
*会場  :中央区産業会館 第二集会室
      〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-22-4
*アクセス:下記URLより、ご参照ください。
  http://www.chuo-sangyo.jp/access/access.htm
~お申込み方法~
下記URLの「お申込みフォーム」より、お申込み下さい。
(当日参加も受付けております)
 *セミナーお申込みフォーム
  https://www.antenna.co.jp/psv/mf_apo.htm
  
・お問い合わせ先
 アンテナハウス株式会社
 システム営業グループ 担当:石井
 TEL:03-52829-9021
 e-mail:sis@antenna.co.jp
 
○製品情報ページ
 https://www.antenna.co.jp/psv/


システム製品のASPライセンス適用について

弊社のシステム製品のライセンス体系の中で、一番判断が難しいのはASPライセンスと思います。最近、AH Formatterをあるサービスで利用する際にASPライセンスが必要か、それとも、サーバライセンスで良いかということが検討課題になりましたので、これを整理してみました。一番典型的な例で考えますと、次の図のようになります。
 
20091208.GIF
図-上は、複数の会社で同じようなシステムをサーバライセンスを使って、会社毎に別々なシステムが実現されているケースです。
 
これは、図-下のようにASPサービスの提供主体の会社に大きなシステムを置いて、複数の会社にサービスとして提供することができると考えられます。この下のケースでは、ASPライセンス契約をしていただくことが必要です。 
 
この場合、ASPサービスが必要かどうかは、処理対象のデータが誰に帰属するかによると思います。もともと各社が別々の固有のデータを処理(組版処理)するために個別のシステムで行っていたものを、ASPサービス提供主体のシステムを使うことにしたのですが、データはあくまで各会社の固有のデータとなります。
 
仮に、すべてのユーザが、サーバ上のデータを取り出すだけであれば、これはASPサービスではなく単なるWebベースのサービスと考えられます。WebベースのサービスであればASPライセンスは不要となります。但し、このあたりの境界線は曖昧とならざるを得ないと思いますが。


快適なバッチ組版のための「XSL-FO 指南」改訂版リリース

W3C 勧告のExtensible Stylesheet Language(XSL) Version1.1 のFormatting Object(FO)の機能を、日本語の組版事例を添えて解説した教本です。
FOの具体的な書き方とその組版結果の対比を豊富な事例を用いて、分かりやすく解説しています。
改訂版では、プロパティを正確に理解するため、必要に応じてプロパティの値を列記し、それらの意味を解説しています。更に、表やリスト、脚注などのスタイルシート(テンプレート)も解説しました。
本書は、XSL-FO に初心の方々への入門書であると共に、実務上のレファレンスブックとしても活用していただけます。
CD によるPDFでご提供しますので、しおり、目次、索引及びPDFリーダーの検索機能によって、知りたい項目を素早く探すことができます。
なお、アンテナハウスのFormatterでは日本語組版を充実させるために独自機能を補充しています。本書では、これらの追加機能も詳細に解説しています。
◆(有)イー・エイド 藤島雅宏編著・アンテナハウス(株)協力
 定価10,500 円(税込み) A4 版300 ページ・PDF 版 
ご購入については、以下よりお問い合わせ下さい。
http://www.exism.co.jp/contact/form/forminq.html


デフレ、低価格化!ソフトの世界は究極の低価格化が進む

先日、近くのミニストップで1杯120円のコーヒーを売っていることを発見しました!
この東日本橋のミニストップにはちゃんとテーブル、椅子を備えたちょっとした雑談スペースもあります。コーヒーショップも真っ青!
定価は150円だけれども、クーポン券を買えば、120円になります。
と思いつつ、コーヒーを飲みながら思いあたりましたことですが、最近、イギリスの某有名PDFソフトメーカがPDF製品を無償にしたニュース。残念ながら(?)まだ日本語対応はないようですが。
いくらジーンズやコーヒーが安くなっても無償になることはないでしょう。しかし、ソフトの場合は無償というのがあり、大手を振ってまかり通っています。何といっても、無料は究極の低価格化。ソフトの世界では、もう究極の低価格化に突入していたわけです。


あるFile Viewerの数奇な運命

OutsideInというビューアをご存知でしょうか?
 
現在、Oracleが販売していますが、もともとは、シカゴのSCC(確か、Systems Compatibility Corp.だったと思います)という会社が開発して、Windows95にバンドルされたQuickViewです。
 
QuickViewは既にWindowsにはバンドルされていません。
 
一方、QuickView の市販パッケージ版であるQuickView Plusは、今も販売されているようです。
 
SCCは、Insoという会社に買収されました。そこで、市販向けQuickViewPlusとOEM用のOutsideInとして販売されていました。米国でInsoは、一時、米国の成長著しい新興企業として注目をあつめましたが、M&Aの繰り返しで成長したためか、何年か後に破綻して、Viewer技術は別の会社Stellent(と思います)に売却されてしまいました。Stellent社はECM製品のメーカであり、ECMに保存されるファイルを表示するViewerとして注目したのだと思います。
 
その後、このViewer技術はなんとOracleの手に渡っていたようです。
 
ということは、OutsideIn/QuickViewの技術の提供主体は既に4社目ということになります。
 
アンテナハウスも自在眼という市販ビューア、自在眼SDKというOEM技術をもっていますが、実はInsoのビジネスモデルを参考にしています。それにしても技術の売買まではまねができません。
 
PDFやFlashというファイル表示用の標準技術の台頭でビューアの時代は終わったかと思っていたのですが、いやいやどうして、しぶとく生き残っているものです。


Word2007用「新旧文書比較ソフト」を発売します

アンテナハウスでは、12月1日よりMicrosoft Word2007に組み込んで使用する「新旧文書比較ソフト」の販売を開始します。
 
本ソフトは、Word2007文書の二つのバージョンを比較して、「新旧対照表」を自動的に作成するものです。次のような、文書の改訂内容の明確にする必要がある文書の作成・管理のために威力を発揮します。
・法的な規制に対する認可の必要な文書
金融商品の約款、医薬品の添付資料など、官庁の認可申請文書
・商取引に必要な文書
基本契約書類、商品マニュアル
・企業の内部統制に必要な文書
業務規定類、業務管理マニュアル、品質・技術標準に対する管理マニュアル
・官公庁の公文書
 
本製品はパッケージ版として1本52,500円で、PC1台にインストールしてお使いいただくことができます。
 
○詳しい情報はこちらでどうぞ。
 Word2007専用「新旧文書比較ソフト」Webページ


「サーバベース・コンバータV3.0β」評価版ダウンロード公開

サーバベース・コンバータV3.0β」評価版のダウンロードを配布を開始しました。WindowsとLinux版があります。
 
こちらから入手していただくことができます。
Server Based Converter V3.0 β1版用 評価版お申し込みページ
 
本β版では、Flashの出力を次の点で改良しました。
1) 同文書内のページ指定のハイパーリンクに対応
2) ページ送りボタンを挿入しないオプションの追加
また、マルチページTIFFの入力と出力ができます。これにより、TIFFからPDF変換、およびWindows環境に限りますが、任意のPDFからTIFFへの変換ができます。
 
これまで、V2.1α1版、α2版としてリリース前の評価版を公開してきましたが、製品構成の変更などもあわせて行うこととして、バージョン番号をV3とすることになりました。販売時期、価格等につきましては、近日中にお知らせいたします。なにとぞ、よろしくお願いします。


「AH PDF Server新製品紹介セミナー」開催しました

本日は、AH PDF ServerV2の新製品紹介セミナーを開催しました。
PDF Serverは、クセロから譲渡を受けた製品ですが、大変、競争相手であった頃から良い製品と思って注目していました。今回、PDFのドライバを弊社のPDF Driverに入れ替えるなどの大幅な改造を行ってリリースすることになり大変期待をしています。
とりあえず、V2では基本機能・ベース部分の再構築を行いましたので、今後、新基盤の上にできるだけ使っていただける機能を追加していきたいと考えています。
なにとぞ、よろしくお願いします。
 
DSCF0055.JPG


「瞬簡PDF3」「瞬簡PDF Plus3」改訂版リリース、Windows7対応状況改訂

「瞬簡PDF3」、「瞬簡PDF Plus3」の改訂版(Ver3.0.1)をリリースしました。ダウンロード販売は新しくなっていますが、既にお持ちの方でユーザ登録を済ませておられる方には昨日電子メールでご案内しました。
 
※本製品は、ユーザ登録を済ませた方に改訂版をご案内していますので、お手数ですが、ユーザ登録をお願いします。
「オンライン・ユーザ登録のページ」
 
また、弊社製品のWindows7対応状況についてのページを改訂しました。
アンテナハウス製品のWindows7 対応状況
 
新たに、「リッチテキスト・コンバータ20」の動作確認結果を公開しています。
○「リッチテキスト・コンバータ20」Windows7への対応状況について


サーバベース・コンバータV3.0近日リリース。Flash,TIFFの出力を強化

「サーバベース・コンバータ」V3.0を近日発売します。
 
新バージョンでは、Flashの出力が目玉ですが、それと平行してTIFFを出力できるようになります。
ちょっと試してみました。
 
○コマンドライン
>sbccmd -rasdpi 150 -d kenpo.pdf -p @MTIFF -o kenpo150.tif
>sbccmd -rasdpi 96 -d kenpo.pdf -p @MTIFF -o kenpo96.tif
 
DPI設定 (-rasdpi) で解像度の設定ができます。
 
○テスト結果
(1)オリジナルのPDF:kenpo.pdf ファイルをダウンロード
(2)TIFF - 96DPI kenpo96.tif
(3)TIFF - 150DPI kenpo150.tif
(4)TIFFをPDFに戻してみました。
・96DPI のTIFF: kenpo96.pdf ファイルをダウンロード
・150DPI のTIFF: kenpo150.pdf ファイルをダウンロード
画面の文字を読めるようにラスター画像化しようとすると、DPI設定150というのは最低線のように思います。もっとDPIを上げることはできますが、ファイルサイズが大きくなります。これ以上精度を上げるには、何か工夫が必要です。


Pages: Prev 1 2 3 ... 146 147 148 149 150 151 152 ... 165 166 167 Next