作成者別アーカイブ: taishii

Server Based Converterの活用法その2

■TextPorterと組み合わせた文書管理システム

 企業や組織においては、毎日、膨大な数の文書が、Microsoft Officeで作られています。それを紙に印刷していたのでは、保管も閲覧も大変です。
 そこで、これらの文書を電子文書のままファイリングし、管理する文書管理システムが作られています。
 ここで、Server Based Converterと、弊社のサーバ製品の1つであるTextPorterが活躍しています。TextPorterは、Microsoft Office文書やPDFから、テキストを抽出する製品です。

 システムのイメージは、
サーバベース・コンバーター 活用例
にある
サムネイルサーバ
を発展させたものと思っていただけるといいです。

 Server Based Converterによって、文書からサムネイルを生成することで、ファイル名だけではわかりにくい文書の見分けも簡単にできるようになります。
 そして、TextPorterで文書からテキストを抽出して、全文検索システムで検索できるようにしておくことで、目的の文書をすばやく探し出して、そのサムネイルをみて、実際の文書を引っ張り出せるようにするわけです。

 TextPorterに関する詳しい情報は、
https://www.antenna.co.jp/axx/
を、ぜひ、ご覧ください。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
https://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。

 評価版もご用意しております。どうか、V4.0の新機能をお試しください。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

 Server Based Converterは、クラウドコンピューティングEXPO(2012/05/09 – 2012/05/11)と、教育ITソリューションEXPO(2012/05/16 – 2012/05/18)に出品いたします。
 お誘い合わせの上、ご来場ください。
 詳しくは、
クラウドコンピューティング

教育ITソリューションEXPO
を、ご覧ください。


Server Based Converterの活用法

■Antenna House Formatterと組み合わせた文書配信システム

 Server Based Converterは、Microsoft Office文書だけではなく、PDFからも画像、SVG, Flashといった形式のファイルを生成できます。
 企業ユーザ様、特にグローバル企業では、マニュアルを製作するときに、DITAという規格によってXML文書を作り、それからPDFを生成することが行われています。

 DITA規格のXML文書からPDFを生成する際に、欧米のグローバル企業からも非常に高い評価を得ているAntenna House Formatterを使います。
 こうして出来上がったPDFは、Server Based Converterで、さまざま形式に変換して配信することができます。

 PCに配信する場合は、PDFのままで配信できますが、モバイル端末、携帯電話では、PDFが表示できない場合があります。また、PDFが表示できるスマートフォンでも、画像やSVG, Flashといった形式が都合がいい場合があります。その場合、端末の特性、能力に合わせて、画像、SVG、Flashに変換することで、文書を配信するのです。

 システムのイメージは、
サーバベース・コンバーター 活用例
にある
携帯電話閲覧用コンバータ
です。

 実際に、このようにAntenna House FormatterとServer Based Converterを組み合わせて、数多くのPDFを生成し、生成されたPDFから必要な部分を抜き出し、Server Based Converterで変換して、毎日、数千ページものページを、配信するシステムを構築しているお客様がいらっしゃいます。

 Antenna House Formatterに関する詳しい情報は、
Antenna House Formatter
をご覧ください。

 アンテナハウスでは、DITAに関するサービスやコンサルティングも行っています。詳しくは、
DITA
をご覧ください。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
https://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。

 評価版もご用意しております。どうか、V4.0の新機能をお試しください。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

 Server Based Converterは、クラウドコンピューティングEXPO(2012/05/09 – 2012/05/11)と、教育ITソリューションEXPO(2012/05/16 – 2012/05/18)に出品いたします。
 お誘い合わせの上、ご来場ください。
 詳しくは、
クラウドコンピューティング

教育ITソリューションEXPO
を、ご覧ください。


なぜ、Server Based Converterが支持されているか

 Server Based Converterは、Microsoft Office(Word/Excel/PowerPoint)がなくても、サーバ上でこれらの文書を、PDFや画像にダイレクトに変換する製品です。
 この製品は、多くの企業様、組織様、システム構築業者様から支持されて、今日にいたっております。
 本日は、「なぜ、Server Based Converterが支持されているか」についてお話します。

■サーバではMicrosoft Officeは使えない!?

 Microsoft Office文書なら、Microsoft OfficeでPDFとして保存すればいいではないかと思われることでしょう。

 たしかにその通りですが、それが許されるのは、デスクトップPCの場合です。サーバでは、ライセンス上、許されないとされています。

 そして、決定的なのが、Microsoft Officeは、Linuxでは動かないことです。
 クラウドコンピューティングのOSとしては、Linuxが主流です。Windowsを使えるクラウドサービスもありますが、Linuxより割高な料金設定になっています。

■Server Based Converterならサーバでもばっちり!

 Linuxサーバのクラウドで、Microsoft Office文書をPDFにしたい。そんなときに、登場するのが、Server Based Converterです。

 Server Based Converterの売りは、Microsoft Officeを必要としないダイレクト変換です。そして、Linuxでも動きます。64bitにも対応していますから、32bitの世界では扱えないビッグデータの処理も可能です。

 Microsoft Officeなしで、クラウドを存分に使える!
 これが、多くの企業様、組織様、システム構築業者様から、Server Based Converterが支持されている理由なのです。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
https://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。
 評価版もご用意しております。どうか、V4.0の新機能をお試しください。
 サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込みから、お申し込みください。
 Server Based Converterは、クラウドコンピューティングEXPO(2012/05/09 – 2012/05/11)と、教育ITソリューションEXPO(2012/05/16 – 2012/05/18)に出品いたします。
 お誘い合わせの上、ご来場ください。
 詳しくは、
http://www.cloud-japan.jp/
クラウドコンピューティング

http://www.edix-expo.jp/
教育ITソリューションEXPO
を、ご覧ください。


Server Based Converter V4.0 出荷開始

 お待たせいたしました!
 Server Based Converterの新バージョン、V4.0を出荷開始いたしました。
 Server Based Converterは、Microsoft Office(Word/Excel/PowerPoint)がなくても、サーバ上でこれらの文書を、PDFや画像にダイレクトに変換する製品です。
 これまで、多くの企業様、組織様、システム構築業者様のご支持を受け、順調にバージョンアップを重ねることができました。深く感謝申し上げます。
 V4.0では、皆様のご要望に応えるため、以下の機能を強化しています。
■4.0の強化ポイント

・Windows 64bit版
 大量データを扱うクラウドコンピューティングの普及により、サーバでは64bit環境が日常的なものになってきました。これに合わせて、Linux版では、すでに64bit版を提供しておりましたが、今回、Windows版でも64bit版の提供を開始いたします。
・PDF関連機能の強化
 企業や組織を問わず、PDFが、大変に普及してきたため、お客様からPDFに関するご要望が増えてきました。ご要望にお応えするために、より速く、より正確にPDFを処理できるように機能アップしたライブラリを実装しました。
・Microsoft Excelファイルの読込み強化
 Microsoft Excelファイルからの変換では、シート番号の指定、およびアクティブシートのみを指定して変換対象とすることができるようになりました。
 サムネイル画像作成時に、希望するシートをサムネイル画像として生成できるようになり、文書管理システムを、より効果的に構築することができます。
・パスワード付きファイルに対応

 Microsoft Office 2007/2010, PDFの読み取りパスワード付きファイルも変換できるようになりました。
・Microsoft RTFへの対応
 Microsoft Word(97 – 2003)で作成したRTFファイルの読込みに対応いたしました。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、https://www.antenna.co.jp/sbc/を、ぜひ、ご覧ください。
 評価版もご用意しております。どうか、V4.0の新機能をお試しください。
 サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込みから、お申し込みください。
■お知らせ
 Server Based Converterは、クラウドコンピューティングEXPO(2012/05/09 – 2012/05/11)と、教育ITソリューションEXPO(2012/05/16 – 2012/05/18)に出品いたします。
 お誘い合わせの上、ご来場ください。
 詳しくは、
 クラウドコンピューティング

 教育ITソリューションEXPO
を、ご覧ください。


PDFからOfficeへの変換精度

PDFデータをWordやExcelなどで使用したい。
そんなニーズにお答えした「瞬簡PDF 変換 7」ですが、お客様から変換精度についての問い合わせが多く寄せられます。
そこで、PDFからOfficeへの変換機能を持ったさまざまな製品で変換精度を比較し、その結果を掲載しました。
変換精度比較結果
やはり、どの製品もPDFの完全再現は難しいようですが、縦書きレイアウトへの対応やOCR使用時の精度などを見ると、「瞬簡PDF 変換 7」が圧倒的に高精度な変換を実現しています。
しかし、まだまだ改善の余地が残されていますので、今後も更なる変換精度の向上を目指して開発を行っております。
なお、お手元にあるPDFで変換精度を確認されたいお客様は、2文書まで無償のテスト変換にお申込みいただくことで実際にどのような変換になるかとご確認いただくことができますので、是非ご利用ください。
テスト変換サービス
●瞬簡PDF 変換 7 製品ページ


CAD ファイルの PDF変換

最近、CAD の図面ファイルの PDF 変換についてのお問い合せを頂くことがあります。

一見、弊社のパッケージソフトに含まれている「Antenna House PDF Driver」のような、PDF ファイルを出力するプリンタドライバを使って印刷すれば、どんなものでも PDF ファイルに変換できるように思えますが、実際はそう簡単ではありません。
元来、CAD ソフトは、プロッターと呼ばれる図面を出力する専用の出力装置を使って出力するように設計されているものがほとんどでした。プリンタに出力する場合、専用のプリンタドライバを用意しなければならなかったり、ソフトウェア的にプロッターのエミュレーションを行って出力しているものがほとんどです。
そのような理由もあり、使用している CAD ソフトや動作環境によっては、うまく PDF ファイルに変換できたり、できなかったりするなど、その状況について弊社でも完全に把握できておりません。これについては、お客さまご自身で実際に確認していただいた方がよいかと思われます。お問い合わせいただければ PDF Driver の評価版をご用意いたしますので、遠慮なくご依頼下さい。

お問合せ先
システム営業グループ
TEL:03-5829-9021 e-mail:sis@antenna.co.jp


デスクトップ製品のサポートから、ご案内です

最近ではPDF関連の製品でもフリーソフトが多くなったため、フリーソフトしか使わず、有償のソフトウェアは一切買わないという方も多くなってまいりました。
パソコンやソフトウェアなどの扱いに習熟されていてご自身でトラブルを解決できる方であればフリーソフトのみご利用されるのも選択肢としては良いかと思います。
しかし、パソコンに不慣れな方や、日常的にパソコンを扱っていても、それほど詳しくない方の場合、フリーソフトのインストールや操作上でトラブルが発生すると、ご自身では解決できないケースが多くあります。このような時、フリーソフトでは多くの場合サポート対応を行っていないため、解決に至る前に諦めてしまうこともあるかと思います。
有償のソフトウェアでは多くの場合、サポート窓口が用意されているため、ご自身で解決できないトラブルが発生した際にも、メールや電話などでお問い合わせいただくことで、すぐに解決できるケースが多くあります。
アンテナハウスのサポートセンターにも、お客様よりさまざまなお問い合わせがございますが、その多くはちょっとした操作ミスであったり、簡単な設定で解決できるものであったりします。
ソフトウェアを導入される際には、トラブルが発生することを想定してフリーソフトだけではなく有償のソフトウェアもご検討頂けたらと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


第4回 瞬簡PDF活用教室 「瞬間PDF編集3.1」を使って、PDFファイルを編集しよう!

早いもので、瞬簡PDF活用教室も、4回目を迎えました。
今回はPDFファイルを編集する、「瞬間PDF編集3.1」について、ご案内いたします。
この製品は、文書ファイルをPDF変換するだけでなく、ページの入れ替え、しおりの作成・編集、注釈など、主にPDF リーダーに備わっている機能をも持ち合わせた、多機能型PDF編集ソフトウェアです。
では、早速、ご覧くださいませ!

「瞬簡PDF編集3.1」 1_5 イントロ

瞬簡PDF編集3.1」の製品概要をご説明いたします。

「瞬簡PDF編集3.1」 2_5 基本操作1

瞬簡PDF編集3.1」のPDF変換、ページの入れ替え、挿入、削除など、ユーザーは直感的な操作で行えます!

「瞬簡PDF編集3.1」 3_5 基本操作2

瞬簡PDF編集3.1」で、PDFのしおりを編集します。多くの多機能型PDF リーダーのように、しおりの追加や修正ができます。

「瞬簡PDF編集3.1」 4_5 基本操作3

瞬簡PDF編集3.1」の、豊富な注釈機能を紹介いたします!

「瞬簡PDF編集3.1」 5_5 イントロ

瞬簡PDF編集3.1」のまとめと、価格・評価版のご案内

更に詳しい製品の説明は、下記製品ページにてご確認くださいませ。
「瞬間PDF編集3.1」製品トップページ

お問合せ先
TEL:03-5829-9030  e-mail:sales@antenna.co.jp


PDFToolでのPDFを開いたときの状態設定方法

PDFToolでのPDFを開いたときの状態を設定するにどうすれば良いのかという問い合わせがあります。
関数で文字列を設定することになるのですが、PDFの仕様に詳しくない方にとっては何を設定してよいのかわかりません。

今回はAcrobatでの「文書のプロパティ」ダイアログの「開き方」タブにある「表示」と「ページレイアウト」に表示される項目と同等になる設定方法を説明します。

「表示」と同様の設定はPtlToolCatalogクラスのsetPageMode関数を使います。

>パラメータとして与える文字列は、
  • 「ページのみ」”UseNone”
  • 「しおりパネルとページ」”UseOutlines”
  • 「ページパネルとページ」”UseThumbs”
  • 「添付ファイルパネルとページ」”UseAttachments”
  • 「レイヤーパネルとページ」”UseOC”

となります。

「ページレイアウト」と同様の設定はPtlToolCatalogクラスのsetPageLayout関数を使います。

>パラメータとして与える文字列は、
  • 「単一ページ」”SinglePage”
  • 「連続ページ」”OneColumn”
  • 「見開きページ」”TwoPageLeft”
  • 「連続見開きページ」”TwoColumnLeft”
  • 「見開きページ(表紙)」”TwoPageRight”
  • 「連続見開きページ(表紙)」”TwoColumnRight”

となります。

PDFToolの使用は、PDFの仕様書をある程度理解していることが前提となっています。
仕様書については下記を参照して下さい。

PDFってどんなもの(2) – PDFファイルの仕様書」


日本語組版処理の要件

AH Formatter V6 開発にまつわる裏話をひとつ紹介してみましょう。

W3Cに、Requirements for Japanese Text Layout日本語組版処理の要件)という技術文書があります。3月30日現在、第1版が公開されていましたが、4月3日に第2版が公開されました。
第1版では、スケジュールの都合から第4章が欠けた状態で公開されたわけですが、第2版でそれを補い、文書としての完成を見ることとなりました。
この文書は、実装仕様ではなく要求仕様に徹した文書で、もともと JIS X 4051 の英訳が存在しないなどの理由から、日本語を解さない外国人にでも日本語組版が理解できるようにすることを目指していましたが、日本人にとってもよい内容となっています。

AH Formatter V6 の開発は、この文書の要求を実装することであったとも言えます。つまり、

  • ルビ
  • 圏点
  • 図版の配置処理

という、V6 の目玉機能は、「日本語組版処理の要件」に即して実装されました。AH Formatter V5 までは図版の配置が不自由なため、ちょっと大きな図があると、ページ末に大きな余白ができてしまうという欠陥がありましたが、V6 での図版の配置処理の実装は、この問題を解決します。

「日本語組版処理の要件」は、書籍としても東京電機大学出版局から、W3Cでの第2版公開に合わせて近々発売されます。この書籍の組版は、もちろん AH Formatter V6 で行われました。その過程で、図版の配置をコントロールするフロート拡張に関するいくつかのバグを改修し、また、見出しの文字数による字割りなど、いくつかの新しい拡張を行ったりと、要求に合うように Formatter 自体を改良していったのです。しかし、AH Formatter V6 では「日本語組版処理の要件」がすべて実装されているわけではありません。需要を考慮して、拡張実装されていくことでしょう。

jlreq-sample.png

◎4/5更新
「W3C技術ノート 日本語組版処理の要件」(プリント版)
東京電機大学出版局
4月10日発売
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4501550201/ref=cm_sw_r_tw_alp_PaLDpb052FB25


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 Next