PDF Tool API V5テキスト透かし―一工夫のご紹介

昨日のブログでご紹介しましたように、PDF Tool API V5では、テキスト透かし画像透かしPDF透かし色透かしが使えます。

今日は、最近お客様からサポートにお問い合わせをいただきましたテキスト透かしについてご紹介します。お問い合わせの内容は、テキスト透かしの文字を罫線で囲みたいというものです。

ワープロであれば文字囲みは昔から標準であります。Microsoft Wordでももちろんあります。ですので、文字囲みを付けたいと言う要望はごく自然な要望と言えます。しかし、残念ながらPDF Tool API V5では、テキスト透かしとして、文字囲みテキストを付加するAPIはありません。

一方、本文では、PDFの本文に文字を追記するAPIと、本文に線画を描画するAPIがあります。

そこで次のように少し工夫するとできます。

第1ステップ

1.空のPDFを作成します。
2.空のPDFに透かしとして追記したい文字を記入します。任意の文字列を設定できます。
3.文字列の高さと幅を調べます。
4.線画描画機能で文字列を囲む罫線を追加します。

これにより、透かしとして設定したい内容(罫線で囲った文字列)をもったPDFを作成できます。

第2ステップ

透かし設定対象のPDFの上に、ステップ1で作成したPDFを、PDF透かしとして重ねます。

このように、PDF Tool APIの機能をいくつか組み合わせて使うことで、単独ではできない飾りなども表現できるようになります。

ここでご紹介しました例は、今後、公開サンプルとして追加していく予定ですので、しばらくお待ちください。

本来であれば、文字囲みを直接記入することができるのが便利と思いますが、その辺は今後の課題とさせていただきたいと存じます。

もし、PDF Tool APIでこんなことがしたい! というご希望がございましたら、工夫してみたいと存じますので、サポートでも営業でもぜひお問い合わせください。

なお、PDF Tool APIの評価版には、現在44種類のサンプルが添付されています。
その一部がWebページとしても公開していますのでぜひご覧になってみてください。

参考資料
PDF Tool APIの評価版
サンプルの一覧ご紹介


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*