証憑書類の「スキャナ保存」講座 第6回「導入のデメリットのご説明」

作成者:アンテナハウス株式会社 益田康夫
資 格:上級 文書情報管理士、簿記3級、行政書士試験合格者
-『本日のポイント』-

「導入のデメリットのご説明」

確かにデメリット(多くは費用や負担)は、あります。

 しかし、それぞれ軽減することが可能です。

デメリット内容                  軽減・解決案

×システム導入費用              →サーバシステムなら200万円以上
                       △ScanSave-Liteなら12万円~

×タイムスタンプのランニング費用       →一般的に12,000個/年間で約10万円
         △ScanSave-Lite導入支援パックなら38万円~ でタイムスタンプ付

△スキャナの準備               →○複合機で可能
△税務署への申請書の提出と承認        →○専門家にアドバイスを受ける

△タイムスタンプ費用             →○お得なセットサービスがある
ScanSaveのタイムスタンプ付パックならお得!

△タイムスタンプを含めたスキャナ保存要件確保 →○専用ソフトと運用で確保可能
△サーバシステムでは300万円以上      →○低価格なパソコン用ソフト
△証憑種類と帳簿との相互関連性        →△紙の場合でも必要なこと

△検索要件の確保(検索キーの登録)     →△手入力以外に会計システム側の検索機能利用*
や、自動仕訳し会計システム連動可能なオプションを現在開発中

*会計システム側の検索機能利用:別途4条1項帳簿のデータ保存の承認が必須

――【広告】――
・アンテナハウスは、中小企業皆様のペーパレス経理への挑戦をサポートします!
・「ScanSave(スキャンセーブ)」は、証憑書類のスキャナ保存の要件確保用の
安心、低価格、短期導入可能なパソコン用スタンドアロンソフトです!

 ScanSave-Lite  (ソフト単体)適時入力専用  12万円
 ScanSave  (ソフト単体)業務サイクル+適時入力   45万円
 ScanSave
適時入力導入支援パック
適時入力専用
タイムスタンプ2,000個/月+スキャナix100+導入支援付き
 38万円~
 ScanSave
業務サイクル入力導入支援パック
業務サイクル+適時入力
タイムスタンプ2,000個/月+スキャナix500+適正事務処理要件コンサルティング+導入支援付き
 100万円~

・詳しくは、 http://www.antenna.co.jp/scansave/ をご覧ください。
・問合わせは、 sis@antenna.co.jp まで