Antenna House Formatter V5.0 23日より 出荷開始

Antenna House Formatter V5.0」を来週月曜日3月23日より出荷開始します。
開発開始以来随分と長い期間がかかりましたが、漸く出荷開始の運びとなりました。
思えば、2006年10月のW3C Print Symposium 2006でCSSとXSL-FOの互換性を高めて欲しいと呼びかけて以来。長い道のりでした。
2006年10月20日 W3C Print Symposium 2006 (3) XSL-FOとCSSの互換性
2006年10月21日 W3C Print Symposium 2006 (4) XSL-WG
CSSとXSL-FO、この二つのスタイルシート仕様の溝は思ったより深いようです。具体的にはCSSのボックスモデルとXSL-FOのエリアモデルという基本的なモデルの違いが、いろいろなところに大きな影響を及ぼすようです。
XSL-FO2.0のドラフト作成も遅れているようです。ここでCSS3とXSL-FO2.0のモデルの統一を、再び、呼びかける意義があるのかもしれません。用途もユーザも違うので統一しなくても良いと言ってしまえばそれまでですが、開発会社にとっては二つのモデルへの対応は結構大変ですし、互換性があるほうが良いのは決まっています。
ちょっと先走ってしまいましたが、AH Formatter V5.0ではCSS3によるプリントデザインと称して、Webの制作と印刷物の制作の統合を呼びかけたいと考えています。
デモサイトでCSSによるPDFページ生成をお試し頂けます。ここでは次世代CSS3の持つ特徴的な機能について体験して頂きやすいよう帳票類、出版物、Webサイトの例をご用意しています。
是非こちらからお試しください。
http://cssfo.antenna.co.jp/


CSS3でWeb制作と印刷物制作の統合を!「CSSによるプリントデザイン」セミナー開催

現在開発中のCSS3ではページレイアウト機能が大幅に強化されています。
CSS3では印刷品質のレイアウト指定も可能となり、近く発売するAH Formatter V5で、HTML+CSS3から印刷物を作ることができます。
そうなりますと、現在一般に行なわれている、WebはHTMLのエディタで作成し、印刷物はDTPで制作するという2つの工程を統合して、HTMLを制作してWeb表示のレイアウトと印刷物用のレイアウトを切り替えるという方式で、2つのアウトプットができます。これにより真のワンソース・マルチユースが現実のものとなります。
このことを、実際にAH Formatter V5とCSS3について、実演を交えながら詳しくご説明するセミナーを、開催します。
詳細は次のページをご覧ください。
Web表示と印刷の統合を実践 「CSSによるプリントデザイン」セミナー
また、「CSSによるプリントデザイン入門」の冊子も配布しています。
こちらをご覧ください。
CSSによるプリントデザインの情報


コンピュータ画面での行折り返し問題、段組問題

昨日、Webを見ていましたら、「CSS 3の段組みと、その使いどころ」というブログページを見つけました。
CSS 3 の段組みとその使いどころ(段組指定例)
ブラウザでの多段組レイアウトの問題点として、スクロール回数が多くなること。コンピュータの画面の大きさや縦横比のバラエティが多いので柔軟なレイアウト設計が必要とのことです。段組をコンピュータの画面上で見やすくするには、MicrosoftのXAMLビューアのように表示Windowsのサイズに合わせて再描画するような仕組みが必要です。
これはHTMLに限らず、PDFでも同じ問題がありますね。それで思い出しましたが、最近、政府の法律がPDFで公開されているのは良いですが、用紙縦使い(ポートレート)で縦書しているので読み難いったらありません。この法律PDFを画面上で読むには1行毎に上下スクロールの繰り返しが必要で、読み難さは段組の比ではありません。
さて、本題に戻りますが、そのブログページに触発されて、以前に書いたWebページ「CSSによるプリントデザイン」の内容を改訂しました。
「CSSによるプリントデザイン」
序に自分でも段組を実践してみようと考え、印刷版の段組を使うCSSを作って指定してみました。
<link rel="stylesheet" href="../css/XMLPrint.css" media="print"/>
でリンクしてあります。
段組はスタイルシート上では、
.two-cols {
-ah-column-count: 2;
-ah-column-gap: 20pt;

を指定し、HTMLコンテンツ上では、段組する範囲を
<div class=”two-cols”>
・・・
</div>
で囲むだけです。
一般のブラウザでは表示できませんが、AH Formatterのデモページでご覧頂くことができます。
(ちなみに、接頭辞を-moz-にするとFirefoxでも段組が働きます。)
デモページ:http://cssfo.antenna.co.jp/demo2.php
一般のサイトを見るのフォームに
http://www.antenna.co.jp/XML/xmllist/CSS-Print.html
をコピペして、URLを送信を試してみてください。
とりあえず、ローカルで作成したPDF版もリンクしておきます。
ファイルをダウンロード
これを作ってみて、「未来のWebデザイナは、きっと日本語組版と印刷ページレイアウトの勉強が必須になるだろうな。」ということを感じました。今までは、読者に読み易いページデザインをどう作るかの勉強は出版関連デザイナだけの世界だったかもしれませんが、今後は、Webを作る人も勉強が必要ということです。今後とは、CSS3が普及した時代。


「CSS3によるプリントデザイン入門」第2版配布開始

本日より、「CSS3によるプリントデザイン入門」第2版を配布開始しました。
これは、CSS3を使った印刷ページデザインの機能について、CSS3の主なプロパティを取り上げて解説した小冊子です。
昨年12月から開催していますCSSセミナーにご参加いただいた方々に配布していました初版を編集専門家のご教授によりページレイアウトを見直し、さらに内容も一部改訂しました。
この冊子のコンテンツ自体XHTML 1.1(SVG、MathMLを含む)で記述しています。そしてCSS3スタイルシートを使って印刷デザインを設定してPDF化しました。それ自体がCSS3の機能のひとつのサンプルとなっています。
これまでは、紙の印刷物のみを配布していましたが、本日より、PDF版とソースのHTML+CSSスタイルシートの配布を開始します。
PDF版
ソース(HTML+CSSスタイルシート(ZIP形式))
このソースはAntenna House Formatter V5.0β版で組版してご覧頂くことができます。
Antenna House Formatter V5.0β版ダウンロード
日本ではこのような解説書がWebで配布されるのは初めてと思います。また、世界でも恐らく初めてではないでしょうか。
ぜひ、多くの皆さまにお試しいただければと思います。


DITA コンソーシアムジャパン 設立記念セミナー 開催される

昨日(3月11日)DITAコンソーシアムジャパンの設立記念セミナーが開催されました。
定員約120人強の会場でしたが、150人近くの方にお集まりいただき、熱気あふれる雰囲気の中で、最後まで熱心に大勢の方にセミナーをご聴講いただきました。
DITAは、欧米では採用がかなり進んでいるようですが、日本ではまだまだという状況と思います。しかし、日本企業が今後とも世界の市場で発展していくためには、どうしてもマニュアルを初めとするドキュメントの生産方式を、属人的方式から、自動化の方向に転換していく必要があると思います。
DITAコンソーシアムジャパンでそういった方向へのお手伝いとしての活動ができればと思います。
200903111635000.jpg
※セミナーにおける発表場面


Webは見たまま印刷ではだめなこと WebはWYSIWYGではありません。

HTMLの役割についての誤解が多いと思います。
HTMLは、HyperText Markup Languageという略称の通り、Web上に散在するドキュメント公開のためのものです。
しかし、現在、HTMLはBrowser Layout Markup Language化しています。つまりブラウザで表示したときの見栄えをHTMLで表すケースが多くなっています。特に、Microsoft Wordなどのアプリケーションで出力保存したHTMLはそういう傾向があります。
これはアプリケーションに対して、見たまま編集、みたまま印刷、そして見たままをWebブラウザでも表示したいと考える一般ユーザの要望に沿っていると思います。
しかし、実は、Webを見たまま印刷するのは却って不便です。
その典型的な例がURLです。URLはHTMLでもっともシンプルには次のように表します。
<a href="http://www.antenna.co.jp" > リンクを示すテキスト</a>
ブラウザでは、画面に「リンクを示すテキスト」を表示し、そこをクリックしたら、hrefで示すWebページにジャンプします。
従って、ブラウザで見たままを印刷したら、hrefの内容であるURLが見えなくなってしまいます。そうしますと、その印刷物からは重要な情報が脱落してしまいます。
この簡単な例からもわかりますが、Webの印刷は「みたたまではだめ」なのです。WebドキュメントのWYSIWYGは望ましくありません。
この例を、先日、実際のサンプルで示しました。
CSS3で得する話(1) URLを脚注に出す


CSS3パワーでWebと印刷の統合!AH Formatter V5.0 3月23日より出荷開始します。

弊社では、AH Formatter V5.0を本年2月出荷を目標に進めてまいりましたが、最終的に3月23日に出荷開始することに決定しました。
昨年12月に配布開始しましたベータ版は2月末までで利用期限が終了しています。製品出荷が予定より遅れていることもあり、先日よりβ2版の配布を開始しています。
β2版からは、Windows32ビット版に加えて、
・Windows64ビット版
・Linux32ビット版
・Linux64ビット版
・Mac OS/X(IntelCPU)
をとり揃えています。
β2版の利用期限は3月31日までとなっています。
こちらからダウンロードしていただくことができます。
AH Formatter V5.0β2版ダウンロード
予定より遅れてしまい、関係者の皆さま、ユーザの皆さまには大変お待たせして申し訳ありません。
いよいよCSS3を実用的に利用できる時代がやってきます。
CSS3を使いますと、これまでのWebと印刷の制作工程が抜本的な見直しになるものと思います。
このことに気がついておられる向きはまだ少ないようですが、β2版でCSS3のパワーを、ぜひ、体験してみてください。


CSS3で得する話(1) URLを脚注に出す

CSSでWebを綺麗に印刷する方法として 「Improving Link Display for Print」(印刷するときURLを脚注にリストとして出す)という記事があります。
これはJavascriptを使って、URLを集めるようです。
ふーーん。便利そうだね。
ですが、CSS3の脚注機能を使うと、もっと簡単にできます。
ここに簡単なサンプルを作りました。
http://www.antenna.co.jp/AHF/Samples/Footnote.html
このサンプルは、ブラウザで見ても勿論だめです。AH Formatterで見てください。インストールしたくない方は、AH Formatter のデモサイトで次のように見ることができます。
1.AH Formatter のデモサイト http://cssfo.antenna.co.jp/ を表示します。
2.Webへの活用例のページを表示します。
 http://cssfo.antenna.co.jp/demo2.php
3.一般のサイトをみるの
 URL入力に「http://www.antenna.co.jp/AHF/Samples/Footnote.html」を入力します。
4.URLを送信ボタンを押します。
5.PDF化が完了したら確認してみてください。
  URLのリストが脚注になっているのが確認できると思います。
この部分のCSS3はこんな感じです。
・URLをaの後ろに出して、脚注に出す。
a:after {float: footnote;
content: attr(href) ;
font-size: 0.9em;
}
・脚注のレイアウト
@page {

@footnote {
counter-increment: footnote;
float: page bottom;
border-top: thin solid black;
border-length: 30%;
margin-top: 0.5em;
padding-top: 0.2em;
}
・脚注番号の追加
::footnote-call {
content: counter(footnote, decimal);
}
::footnote-marker {
content: counter(footnote, decimal);
-ah-margin-end: 0.5em;
text-indent: 0;
}
※ご注意
 AH Formatterに添付のデフォルトスタイルシートでは、脚注番号にsuper-decimalを指定しています。
 しかし、サーバのLinuxにはIPAフォントのみを乗せているため、super-decimalの脚注番号はMissing glyphになってしまいます。
そこで、デモサーバ上のCSSは、decimalに変更しています。ちょっとみすぼらしいですが、super-decimalのグリフのあるフォントを使えば綺麗にでます。
※super-decimalでは次のようになります。
ファイルをダウンロード


Webページ制作に革命をもたらす!CSS3 AH Formatter V5デモサイトを公開

Webページの制作に革命をもたらすべくCSS3レイアウト処理機能を実装したAntenna House Formatter V5の発売が迫っています。
アンテナハウスではAH Formatter V5発売に先駆けて、未来のWebページ制作を体感できるデモサイトを公開します。
Web制作の未来が見える! AH Formatter V5 体験デモサイトはこちらです。
http://cssfo.antenna.co.jp/


DITA コンソーシアムジャパン 設立記念セミナー ご案内

DITAコンソーシアムジャパンの設立記念セミナーが3月11日(水)午後13時30分より開催されます。
そのセミナー内容が大凡固まりました。既に各関係者からご案内が届いているかもしれませんが、ここに内容をアップしました。
ご案内(PDF版):ファイルをダウンロード
今回のセミナーの目玉は、横河電機の福山氏によるユーザ講演
「新たなドキュメント制作手法としてのDITA 導入の背景」
です。同社では、取り扱い説明書にDITAを採用して日英同時に制作する作業を始めておられますが、その事例のご報告があります。
DITAを採用された日本企業の国内での事例発表としては、私の知る限り初めてでないかと思います。
多くの方のご参加をお待ちしています。
申し込みWebページはこちらです。
http://dita-jp.org/?cat=7


Pages: Prev 1 2 3 ... 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 Next