タグ別アーカイブ: XSLT/XPath

XSLTを学ぶ (2) ノードツリーとノードの親子、子孫関係

前回([1])はXPathでは7つのノードが定義されている、と説明しました。このうち重要なのは、ルートノード、要素ノード、属性ノード、テキストノードです。この4種類のノードについてもう少し詳しく見てみましょう。

例えば次のようなXML文書があったとします。このXMLの文書要素はdocです。

<!–?xml version=”1.0″?–>
 <doc>
  <body>
   <p s=”man1″>Hello! How are you?</p>
   <p s=”man2″>I am fine, thank you.</p>
  </body>
 </doc>

このXMLをXPathのノードツリーとして表しますと次のようになります。
XSLT

ノードには親子(parent, child)になるものがあります。ノードツリーで実線でしめした箇所が親子関係になります。子孫(descendant)ノードとはあるノードの子供と子供の子孫ノードです。

兄弟(sibling)ノードは同じ親の子供ノードです。

親になれるノードはルートノードと要素ノードのみです。子供になれるノードは要素ノードとテキストノードです。ルートノードは最上位ですので親をもちません。逆にテキストノードは最下位ですので子を持ちません。

やっかいなのは属性ノードです。要素には関連する属性があります。要素ノードはそれらの属性ノードの親です。しかし、属性ノードは要素の子ではないと規定されています。また属性ノードは子を持ちません。

属性ノードとして扱われるのは、要素に明示的に指定されているもの、または、DTDでデフォルト値が明示的に規定されているものです。DTDで値が#IMPLEDになっていて要素に指定されていない属性や、xml:lang、xml:spaceのようなある要素に指定されているとき、その子孫に継承することになっている属性は、その子孫では属性ノードとして扱われません。

テキストノードは、要素の内容の文字列をできるだけ長くなるように結合したものです。従って、テキストノードには、直前・直後の兄弟はありません。

要素ノードの文字列値とは、要素ノードの子孫であるテキストノードを、XML文書に現れる順に結合したものです。ルートノードの文字列置はXML文書のすべてのテキストです。

[1] XSLTを学ぶ (1) XMLのツリーモデルとXPath/XSLTのツリーモデルではルートの意味が違う
[2] XPath データモデル

★AH Formatter XML関連出版物の紹介

次回:
XSLTを学ぶ(3)パスとは

初回:
XSLTを学ぶ(1)XMLのツリーモデルとXPath/XSLTのツリーモデルではルートの意味が違う