タグ別アーカイブ: 墨消し

『Antenna House PDF Tool API V5.0』リリースのお知らせ

アンテナハウス株式会社は、2015年10月21日、PDF応用システム開発向けツール『Antenna House PDF Tool API V5.0』(Windows版)をリリースいたしました。

『Antenna House PDF Tool API V5.0』(以下、PDF Tool API)は、既存のPDFファイルに対し、情報取得やPDFファイルの加工・編集を行うライブラリです。C++、.NETインターフェースではPDFの各オブジェクトに相当するクラスライブラリの形をとっており、自在に組み合わせてPDFの情報取得、加工、編集を行うプログラムの作成が可能です。

今回追加したおもな新機能

墨消し処理
指定された矩形内にあるテキスト、画像、線や図形などのパスデータを削除します。

画像のダウンサンプリングとJPEG圧縮
PDFファイル内の画像データに対し、ダウンサンプリングやJPEG圧縮を行います。

FDF文書のインポートとエクスポート
PDFファイル上のマークアップ注釈(テキスト注釈、スタンプ注釈、図形注釈など)をFDFファイルとしてエクスポートします。また、FDFファイルをPDFファイルにインポートします。

画像透かし処理
旧バージョンでは、画像をいったんPDF化する必要がありましたが、PDF Tool API V5.0では、画像ファイルを直接透かしとして指定可能です。

色透かし処理
指定した色を透かしとして挿入します。

製品紹介Webページ

PDF Tool API V5.0の紹介


PDFの墨消しは、塗りつぶすだけではだめなんです

書類や帳票などを外部に公開するとき、機密情報や個人のプライバシー上問題になる部分を墨で塗りつぶすことを「墨消し」(または「墨塗り」)といいます。

墨消しとか黒塗りというのは紙の時代の用語をそのまま使ってしまっていますが、紙の書類なら、墨で塗りつぶせば下の文字や画像を読むのは難しくなります。

しかし、PDFファイルを公開するときは、隠したい部分を塗りつぶしただけだとPDFファイルの中に残っている情報を取り出すことができてしまいます。

Webを検索すると、「隠したい部分を塗りつぶしたPDFを公開したところ、入手した人に塗りつぶした部分の情報が見えてしまった」という、笑えない失敗がいくつも見つかります。

墨消しや墨塗りなどという過去の方法を、PDFという現代の紙でもそのままできると考えるのが誤解のもとなのでしょう。

PDFの墨消しは単に墨で塗るだけではだめなんです。つまり、PDFでは、隠したい箇所の上を墨で塗りつぶしすのと同時に、隠したい箇所のデータをPDFファイルから削除する、つまり「完全削除」、あるいは、痕跡を残さず削除」必要があります。

これは以前から多方面のご要望をいただいています。ご安心ください。『瞬簡PDF編集6』では、PDF特有の墨消しをワンタッチで行う機能が弊社製品として初めて付きました。

墨消し機能を『瞬簡PDF編集6』でぜひお試しになってみてください。

PDF-Edit6