年別アーカイブ: 2016年

PDFインフラストラクチャ解説 オンデマンド(ペーパーバック)版Amazonサイトにて公開!

長かった!
年明けに申請して、年明け故に時間が掛かるかもとは言われていましたが、約2週間で審査を通過、Amazonサイトに公開されました!

現時点ではまだ「予約」受付で、販売開始は明日2016年1月21日大安です。

皆様、KDP版でも結構ですが、ぜひこちらのオンデマンド(ペーパーバック)版をお手にとってご覧くださいませ。

販売サイト:Amazon プライム
PDFインフラストラクチャ解説 オンデマンド (ペーパーバック) – 2016/1/21

  • 定価:2,678円
  • 268ページ
  • ISBN-13: 978-4900552180

どうぞよろしくお願いいたします。


『PDFインフラストラクチャ解説』出版報告&特別講演会開催のお知らせ

アンテナハウスブログ「I love software」で、2005年10月~2008年7月の1000日間に亘って連載された「PDF 千夜一夜」に、2015年までに集めたPDF関連の情報やオリジナルの内容を加筆修正し、網羅的にまとめあげたものが、『PDFインフラストラクチャ解説:電子の紙PDFとその周辺技術を語り尽す』として出版します。

現段階では、Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)で出版開始され、もう間もなくペーパーバックでも出版される予定です。

さて、そんなPDFに関する知識が満載された『PDFインフラストラクチャ解説』の出版を記念し、2月16日(火)、講演会を開催します。
PDFにおけるあれやこれを、いろいろ訊けるチャンスです!

『PDFインフラストラクチャ解説』出版記念特別講演会

  • 開催日時: 2016年2月16日(水)16時00分~18時10分
  • 開催場所: 市ヶ谷健保会館 E会議室
  • 参加費講演会のみ: 1,000円(税込)
  • 定員: 30名(事前予約制)
  • 詳細・お申込みURL:http://peatix.com/event/138690

ゲスト
松木眞氏(画像電子学会フェロー):PDFの国際規格ISO32000やPDF/Xなどの派生規格の作成等に参加。
ISO32000:PDFの国際規格の現状と将来について(仮)、いろいろ語っていただきます。

●『PDFインフラストラクチャ解説:電子の紙PDFとその周辺技術を語り尽す』

PDFインフラストラクチャ解説(表紙)

目次・書籍詳細
http://www.antenna.co.jp/pdf/reference/pdf-infra.html
(青い「目次紹介」をクリックすると、目次が表示されます)

本書のご購入は、こちらからどうぞ!
Amazon Kindleストア

エンドユーザーではなく、「技術者向け」の内容です。
(もちろん、技術者でない方でもPDFの成り立ちや、なぜそこにPDFが使われるのかなど、仕事仲間と話題にできる蘊蓄を仕入れられます)
PDFの仕様、製品に実装するための必要な技術情報など、PDFを中心に組版に必須のフォントや文字などの関連項目について解説。PDF登場の経過や歴史的側面の解説も多いので、読みごたえはあるかと思います。
昨今話題の電子署名やタイムスタンプ、長期保存、PDFから別のファイル形式(Officeやimgなど)への逆変換などにも解説しています。

●PR●
PDFに関する疑問にお答えします。「PDF資料室」:http://www.antenna.co.jp/pdf/reference/


OASIS より、DITA1.3 が正式に公開されました

2015年12月17日、OASIS からようやく DITA1.3 が正式公開されました。

本ブログでも、過去に DITA1.3 についての記事を掲載してきましたし、

アンテナハウスの Web ページでも、正式公開される前から 1.3 で初めて実装された troubleshooting 情報タイプを使用して、製品の FAQ ページを作成していました。
http://www.antenna.co.jp/dita/xmetalFAQ.html

見返してみると、正式公開まで相当時間がかかったなという印象で、胸をなでおろしています。

公開に至るまでに時間があった為かはわかりませんが、弊社で販売している XMetaL、oXygen は既に、DITA1.3 に向けた機能を実装しています。また、DITA の出力に不可欠な DITA-OT も 2.2.1 となり、本格的に DITA1.3 への対応を進めています。 オーサリングソフト、CMS 問わず、これから多くの DITA 関連製品が1.3への対応を進めていくでしょう。

ですが、周囲からは「まだ実際に業務で使用するのは控えたい」との声が聞かれます。正式公開されてから1か月しか経っていないですし、事前情報があったとはいえ、正式公開されていない状態で使用するのは難しいですから、致し方ないとも言えます。 この点は Apple の iOS アップグレードと似ています。DITA1.3 を先だって使用し、身をもって安全を証明する「先駆者」様からの報告を待つのが確実だからでしょう。(「先駆者」になってくださる方がいればの話ですが)

今後 DITA1.3 がどのように使用されていくのか、そしてどのように改定されていくのか、注視していきたいと思います。

DITA1.3 正式公開を記念して(?)、弊社とインフォパース共催で「DITA ワンデーセミナー・ハンズオンワークショップ」を開催致します。ゲストスピーカーに DITA 技術委員会創設メンバーであり、DITA 仕様作成メンバーの1人でもある Eliot Kimber(エリオット・キンバー)氏を招き、DITA のスモールスタートの為の講義と実習を行います。
日時:2016年3月15日(火)10:00 – 17:00(受付開始 9:30)
http://www.antenna.co.jp/news/2016/dita-for-smallteams-20150112.html

そもそも、Eliot Kimber(エリオット・キンバー)とはどんな人なのか気になる、という方は英語のみですが、Kimber 氏のセミナーを Web 上で聴講することが出来ます。こちらは無料でご覧いただけますが、時間帯にご注意ください。
→ 『Why Is DITA So Hard? Understanding the link and configuration management challenges inherent in technical documentation.』
(DITA はなぜ難しいのか?テクニカル・ドキュメンテーション固有のリンクと構成管理の課題を理解する為に)
日時:2016年01月21日午前2時(日本時間)
http://comtech-serv.com/index.php?main_page=product_info&cPath=28_2_149&products_id=156&zenid=jfpo4njm7l30q0tfi6umqjcrk1


多くの文書は目的に応じた構造を持つ。その構造を明示化したのが構造化文書

構造化文書とは、文書の構造に対して、XMLなどのタグをつかって明示的にマークアップしたものです。つまり、

構造化文書の要件は、①構造がある、②明示的なマークアップがある、の二つです。

構造化文書=XML文書と考えると、XMLという言葉が優先しそうです。しかし、そうではなく、目的に応じて構造を明確化することが大事です。

文書の構造について考えてみます。前回(あらゆる文書には構造がある?)は、出版された書籍には編集者が付けた構造がある、ということを書きました。

書籍は編集者という役割の人がいます。しかし、編集者がいなくても、構造について考えつつ文書を書くのは、一般的に行われています。書籍に限らず、多くの文書は目的に応じた構造を備えていると言えるでしょう。

例えば、報告書の執筆者・作成者は、読み手に伝わりやすい、より効果的で説得力のある報告書とするためには、どのような構成にしたら良いかなどを考えるはずです。論文の場合は、主張をより科学的、合理的な内容としたり、引用の典拠を明確するために提出機関ごとに詳しい執筆要綱があり、構成や記述の枠組みが決められています。ビジネス・レターや見積書など、簡単な文書にも適切な様式があります。

構成・要領・様式は構造の一種です。このように考えますと、多くの文書は多かれすくなかれ構造をもつと言って良いでしょう。文書の構造は、該当する記述内容の役割・意義をわかりやすくします。

初回(構造化文書とは何か?)で、階層化された見出しによって、文章の持つ意味や重要度を差別化でき、読み手に意味の重要度が伝わるという説明をしました。これは構造を付けるメリットの一つの典型です。

構造化文書の標準には、HTML、DITA、DocBook、JATSなど様々あります。これらは皆、第一に目的または応用領域を定めて、その目的に応じて構造がどうあるべきかを詳細に分析します。さらに、構造をタグで表す方法を規定しています。

構造化文書の標準で規定されたタグを使って、文書にマークアップする作業が、構造を明示する作業です。この作業は、多くの場合、XMLのエディタを使って手作業で行います。しかし、マークアップ前の文書が決められた構造をもつのならば、プログラムで自動的にマークアップできるでしょう。

ところで、昔次のようなブログを書きました。
コンテンツの構造化とは何か? 構造化の目的、手段は? Word文書のスタイル付けとマークアップの関係
いま、読み返しますと、型にはめた文書を構造化文書という、というのはすこしばかり考えが狭すぎたようです。多くの文書には構造があり、構造をより明確化し、マークアップしたものが、構造化文書という、と改めたいと思います。


Formatterのエリアツリー

こんにちは。主にAH Formatter を扱っている営業担当です。

Formatter をお使いのお客様やご検討中のお客様から「エリアツリーをうまく利用できないか」という話がたまに出ます。エリアツリーというのは Formatter が組版するときに各オブジェクトを紙(PDF)の上にどのように配置するのかが書かれたファイルの事です。

一部を抜き出すと次のような内容になります。
Formatter エリアツリー00このファイルを見れば特定のオブジェクトがどの位置に、どのくらいの大きさで配置されるかが分かるわけです。

実際にこのファイルを運用されているお客様がいらっしゃいます。

事例1
Formatter エリアツリー01
タブレット端末用のコンテンツを Formatter で組版し、この中にあるボタンのような形状の箇所(水色のブロック)の場所と大きさを取り出して、アプリ開発で利用するというものです。

事例2
Formatter エリアツリー02
Formatter で組版し、表組みの部分(緑色の箇所)だけをトリミングして画像化するというものです。

両方ともエリアツリーを見て、場所と大きさを特定することで実現しています。
Formatter を単に組版エンジンとして使うだけでなく、工夫次第ではこういった利用方法もあるのですね。


Comtech Service, Inc. とパートナ―契約を締結しました

アンテナハウス(株)日本と Comtech Service, Inc. は、2015年12月にパートナー契約を締結しました。アンテナハウスは Comtech 社と提携することにより、その技術を継承し、日本におけるDITA 推進を図るべく、教育コンサルティング活動を企画していきます。

Comtech Service, Inc.は、コロラド州デンバーに位置するコンテンツ管理と情報デザインを扱う会社で、JoAnn Hackos 博士が代表を務めています。また、JoAnn Hackos さんはコンテンツ管理と情報開発の実践に焦点を当てた会員組織 CIDM(Center for Information-Development and Management ) を主宰。年3回、DITA North AmericaBest Practice、そして DITA Europe を開催しています。世界中の企業からの依頼に答えるべく、コンテンツ管理、情報のデザインおよび開発、情報アーキテクチャ、ツールやテクノロジーの選定などのストラテジーを扱うコンサルタント事業を行っています。

さて、来たる7月4日から7月8日の5日間、JoAnn Hackos さんと Dawn Stevens さんを日本にお招きし、IA(情報アーキテクト)育成ワークショップを開催していただくことを企画いたしました。

5日間のワークショップで習得できる技術内容はおよそ次の通りです。

  • DITA 導入における次の分野での情報モデルの実践方法を公開します。
    – 情報タイプ
    – コンテンツ単位とインライン要素
    – 文書構造とマップストラテジー
    – リンクストラテジー
    – コンテンツ管理
    – 再利用ストラテジー
    – メタデータ
  • 必要とされる情報が最大限に保障されるよう、異なるチーム間で情報を共有する方法を学びます。
  • 双方歩み寄って円滑に妥協案を推進し、アプローチの異なるチーム間の問題を解決する方法を学びます。
  • DITA 1.3 についての現時点の情報を公開し、どういったところに取り入れるべきか、推奨されるテーマを学びます。
  • オーサリング処理過程を円滑に行うために、どのようなオーサリングテンプレートを開発すべきかを学びます。
  • 執筆チームが情報モデルを固守するために必要な DITA 制約を学びます。適所に制約があることで、執筆者は、現在の文脈内でサポートされていない要素または属性を選ぶことができず、要素に掛かっている制限を理解し、また、トピックが無効であれば、エラーが訂正されるまで処理できないことを理解しなければなりません。
  • 顧客の情報開発要件をサポートするのに最適で、最も必要とされる DITA 特殊化を学びます。
  • 共通のオーサリングガイドラインを実施するのに役立つスキマトロン規則を学びます。情報モデルと制作ガイドラインに記述されている実践方法に執筆者が従えるように、スキマトロン規則は執筆者にガイダンスを提供します。

参加ご希望の方にはぜひ今から日程の調整を行っていただきたく、前もって予告をさせていただきました。詳細が決まりましたら、改めてご案内申し上げます。

アンテナハウス海外サイト
http://www.antennahouse.com/

http://rainbowpdf.com/


DITA Festa 2015体験レポート

アンテナハウス株式会社に昨年10月に入社した、海外営業グループの新入社員です。今年も宜しくお願いいたします。実は2015年10月9日の記事 「世界で採用されている AH Formatter の実例集」 も投稿していたのですが、自己紹介が遅くなり申し訳ありません。

さて、昨年12月3日(木)および4日(金)に東京・赤坂にて実施された DITA Festa 2015 にアンテナハウス株式会社のひとりとして参加してきましたので、今回はその体験レポートとして新人目線からご報告させていただきたいと思います!

DITA Festa とは、DITA の普及を推進する日本の組織「DITA コンソーシアムジャパン」(アンテナハウスは理事会員です)が開催しているイベントです。

ここで、DITA をご存じない方のため DITA について簡単にご説明します。

DITA(Darwin Information Typing Architecture)はトピック単位でドキュメントを作成し、マップを使ってこれを組み立てるという点、ドキュメントのコンポーネント化とシステム化を志向する標準仕様である。

DITAは、IBMが社内利用として開発したものであるが、2005年にOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)標準として承認された。既に欧米のユーザの間ではDITAの利用が進んでいる。

(出典:DITAコンソーシアムジャパン ウェブサイト http://dita-jp.org

さて話を DITA Festa 2015 に戻しましょう。今回、基調講演者としてオリンパス株式会社 医療開発エンジニアリング部 開発プロセス改革担当部長 辻 潔様およびIXIASOFT Technologies, Inc. DITAインフォメーションアーキテクト キース・ロバーツ(Keith Schengili-Roberts)様2名をお招きしたほか、DITAコンソーシアムジャパンの会員企業様による15名からDITAに関する様々な講演をいただきました。参加定員200名の枠が満員となりました。

まだ入社して日の浅い私にとって、DITA に関する基礎知識から技術的に立ち入った話まで聞くことができ、とても勉強になりました。特に私が個人的に興味を持ったのは、ロバーツ氏の講演で説明されていた、世界の国別のDITA 採用率の比較です。DITA はアメリカで始まりアメリカが圧倒的な採用国だということは私も予測どおりであったものの、同氏の調査によるとアメリカに追随する国は驚くことにインドであったことです。そして意外にもヨーロッパは独自の仕様が確立されていることもあり、DITA の普及はまだまだこれからとか。このように、国によってトレンドが異なること、日本の視点だけでなく世界の視点からお話を伺えたことは興味深いものでした。

海外営業グループの一員として、今後もアンテナハウスのグローバルなお話をこのブログで少しずつ発信していければと思っています。

2016-12-4 dita festa1

写真:アンテナハウス社長 小林 徳滋による講演風景


始まりました~2016年!!

アンテナハウスは今年も進化し続けますのでよろしくお願いいたします。。。

早速ですが、今日は昨年11月にリリースしました Antenna House PDF Tool API V5.0 をご紹介したいと思います。

既にお試しいただいた方もいらっしゃると思いますが・・
今回の PDF Tool API V5.0 は今までとは一味違う!!
待ちに待った墨消し機能が追加されました。(その他たくさんの新機能が追加!!)
また、今までの機能をより使いやすく改善しました。

【新機能】

  • 墨消し処理 ・・ データそのものを削除できます!!
  • 画像のダウンサンプリングとJPEG圧縮
  • FDF文書のインポートとエクスポート
  • 画像透かし処理
  • 色透かし処理

【改善機能】

  • テキスト透かし処理
  • 画像描画処理
  • 閲覧制限処理
  • PDFファイルからの情報取得の強化

安心して下さい!!評価版を準備しております。
(Windows版/Linux版)ぜひ一度お試し下さい。。。

* 評価版のお申込みはこちらから。
http://www.antenna.co.jp/ptl/trial.html

* PDFToolAPIV5.0の詳しい製品情報はこちらから。
http://www.antenna.co.jp/ptl/

アンテナハウスはその他にもたくさんの製品があります。
ぜひ弊社ホームページをご覧下さい。
http://www.antenna.co.jp/

それでは、今日はこのへんで~。。


あらゆる文書には構造がある?

原稿に見出しをつけると、階層構造が分かりやすくなって読み易くなります。というようなことを前回書きました。⇒構造化文書とは何か?

構造化文書をつくるときは、あらかじめ構造を規定し、その構造に従って文書を編集します。では、逆に普通に書かれた任意の文書を構造化できるでしょうか?

編集者の仕事についての本を読みますと、原稿には、内容順序(前付・本文・後付など)があり、また、一般の著作物では、章・節・項というような構成があり、大見出し・中見出し・小見出しをつけて整理するとあります。(『原稿編集ルールブック』日本エディタースクール、2005年3月11日、p.8 C項による)。

そうしますと、著作物の多くは、内容順序や階層の構成をもたせることができるはずです。こうして整理された原稿には整理したような構造があるといえます。

著者から提出された原稿をもとに、内容順序や階層化した見出しを付けるのは編集者の仕事のひとつでしょう。出版に値する原稿の多くは、こうした整理ができるでしょうから、あらゆる文書には構造がある、とはいえないにしても、出版された文書にはそれなりの構造がある、といえるでしょう。

さて、文書に、こうした構造を付与したのが原始的なマークアップです。⇒マークアップとは

しかし、このような原始的なマークアップでは、原稿=文書毎にばらばらに、アドホックになってしまいます。1冊ずつ本を作るにはこれでもいいでしょうが、工学的に扱うには不十分または不経済です。

これを科学的=工学的に行うことを考えるのが、構造化文書の技術です。そのためには、マークアップ方法のルール化、次に標準化が必要でしょう。


Server Based Converter の次回メンテナンスリリースについて

Server Based Converter のメンテナンスリリースについて紹介させていただきます。
Server Based Converter をお使いのお客様で、弊社と保守契約を結んでいらっしゃるお客様には、バグ修正を行ったメンテナンスリリース(MR)を配布しております。
以前、お知らせしました通り、

    • 最新版につきましては、従来通り、おおよそ3ヵ月に1回、年4回を目安とした配布
    • 最新版以外のバージョンにつきましては、おおよそ半年に1回、年2回を目安とした配布

としております。何卒、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

Server Based Converter は、今回、全バージョンのメンテナンスリリースを出す時期になっております。
以下の日程にて、リリースを予定しております。

      • V5.2 MR6
        2016/02/08
      • V5.0 MR8
        2016/02/15
      • V4.0 MR9
        2016/02/22

前回までの、改訂内容については、

を、ご覧ください。

Server Based Converter は、Microsoft Office, PDF などのファイルを、PDF, Flash, SVG, 各種画像形式にダイレクトに変換する変換エンジンです。 ダイレクト変換の意味は、たとえば、Microsoft Office がない環境でも、ファイルさえあれば、それをダイレクトに内容を見える形式に変換できるのです。ダイレクト変換には、Microsoft Office のライセンスも不要です。
Server Based Converter は、ダイレクト変換というユニークさが評価され、多くのウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで利用されています。

Server Based Converter に関する詳しい情報は、
Server Based Converter
を、ぜひ、ご覧ください。

評価版もご用意しております。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。


Pages: Prev 1 2 3 ... 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 Next