年別アーカイブ: 2015年

世界中で採用されているAH Formatterの実例集 その1

World Wide Web 上に存在する膨大な量 (おそらく数百万件単位) のダウンロード可能ドキュメントが、AH Formatter  を使用して組版されているのはご存知でしたか。アンテナハウスが2001年に AH Formatter をリリースして以来、世界中で実に多くの企業や団体、政府機関が AH Formatter を使用して PDF ファイルを作成し、ダウンロード用ファイルとしてウェブ上に公開しています。

そうしたドキュメントの多くは限られたユーザを対象としており一般には開示されていない一方で、それ以上に多くのドキュメントが誰でもウェブ上で閲覧・ダウンロードできるようになっています。電子出版物の注目が高まるにつれ、多くのユーザは電子書籍を美しく組版されページ番号の付いた PDF ファイル形式でダウンロードしたいと考えているのが実情です。以下は AH Formatter を使用して組版されたウェブ上ドキュメントの実績の一例ですが、ここでご紹介するものはごく一部に過ぎません。

自動車業界では、広範な多言語展開のユーザ用ドキュメントおよびメンテナンス用ドキュメントの両方で、AH Formatter が長きにわたり採用されています。次のリンクより、ドキュメントの一例をご覧いただけます。

政府機関でも AH Formatter の採用は拡大しています。

コンピュータ業界でも、ハードウェア、ソフトウェアの両方で AH Formatter が広く採用されています。

上記の実績はほんの一部に過ぎません。AH Formatter が採用されている業界を網羅したリストは膨大なためここでは全てをご紹介できませんが、主に航空宇宙、金融、輸送、教育、出版などの業界が挙げられます。

AH Formatter を使用して作成したドキュメントをシェアしていただける場合は、ドキュメントのリンクまたはPDF ファイルを mike@antennahouse.com または hiraide@antenna.co.jp  までお送りいただければ幸いです。


新製品へのバージョンアップはユーザー登録が必須です

バージョンアップについて

アンテナハウスのデスクトップ製品をお買い上げいただいたお客様は、そのメジャーバージョンが2つ前であれば、製品の最新版に格安でバージョンアップが可能です。
バージョンアップ版はアンテナハウス オンラインショップ、お電話やFAXなどでご購入いただけますが、事前にユーザー登録が必要となります。
※バージョンアップ版の販売は、オンラインショップなど弊社の直接販売のみとさせていただいております。

ユーザー登録の方法

デスクトップ製品を購入すると、パッケージの中にあるユーザー登録はがき、ソフトを起動したときなどに表示されるダイアログやヘルプ画面、ユーザーガイドなど、様々なところにユーザー登録のご案内を見ることができます。

ユーザー登録のメリット

ユーザー登録されたお客様へは、新製品が出たときにお得なバージョンアップのご案内メールをお送りする他、弊社製品をお安く買えるキャンペーンなどお得な情報をお送りいたします。

製品をバージョンアップするとサポート期間が1年延長されます。使い方などご不明な点をお電話(製品によってはメールのみ)でご質問いただくことができます。

また、インストール時に旧製品は不要です。ユーザー登録さえ済んでいれば、市販されている新製品をバージョンアップ価格でご購入いただけます。

無償バージョンアップもあります

新しいバージョンの製品が発売された月より一か月前に購入してユーザー登録(あるいは製品の登録)をされたお客様へは、無償バージョンアップのご案内をお送りいたします。

詳しくはユーザーサービスのWebページをご覧ください。

もしまだアンテナハウスのデスクトップ製品をお持ちでユーザー登録がお済みでないお客様がいらっしゃいましたら、せひご登録をお願いいたします。


瞬簡PDF 編集6新発売キャンペーンやってます!

瞬簡PDF 編集6 』 が9月25日新発売されました。
新発売を記念して瞬簡PDFシリーズのキャンペーンを 行っています。

ぜひ、この機会に『瞬簡PDFシリーズ』をご購入下さい。

キャンペーンは、URLはこちらです。
https://web.antenna.co.jp/shop/html/products/list.php?category_id=315


運用コストに効果的なスキャナ保存導入

昨日のブログで、タイムスタンプがすべての対象書類で必要になったことを書きました。
タイムスタンプでランニングコストの負担追加や適正事務処理要件の追加で中小企業への負担増加があり、今後の普及には懸念点があります。如何にして新要件を確保しながら効果的なスキャナ保存導入運用をすればよいのでしょうか。

そのキーワードは

1)適正事務処理要件を問われない重要書類以外の国税関係書類のスキャナ保存です。

  • 重要書類以外の国税関係書類は、注文書や見積書、検収書、受領書控え、口座振替依頼書、定型約款形式の契約申込書などがあります。
  • 重要書類以外の国税関係書類は、適時入力方式が可能なので、いつでも、過去に遡ってスキャナ保存可能です。
  • 重要書類以外の国税関係書類は、カラー保存要件が緩和されて、グレースケール保存が可能です。
  • 重要書類以外の国税関係書類は、大きさ情報も不要となりました。
  • 重要書類以外の国税関係書類は、適正事務処理要件が求められていません。

2)タイムスタンプのまとめ打ち

  • 要件では一の入力単位ごとにタイムスタンプを付与しなければなりません。
  • しかし、QA 問47に「まとめてタイムスタンプを付しても差し付けえありません」とあります。
  • 本まとめ打ちでランニングコストを増加させない運用の検討が可能となります。
    (なお、まとめ打ちの単位は、総合的な運用設計の中でその単位を合理的に取り決めて行うことが必要です)
  • 上記まとめてタイムスタンプを付す際の技術条件である「改ざんの検証については、単ファイルのハッシュ値を束ねて階層化した上でまとめてタイムスタンプを付す技術を使用する方法によりタイムスタンプを付した場合には、改ざんされた単ファイルのみを検証することができ、また、このような方法であれば、一の入力単位である単ファイルごとにその単ファイルのハッシュ値を通じてタイムスタンプを付している状態となり、実質的には「一の入力単位ごと」にタイムスタンプを付しているものと解することができます。」を実現するライブラリ製品として「長期署名 XAdES(シャデス)ライブラリ」があります。本製品「長期署名 XAdES(シャデス)ライブラリ」は、既に大手 SIer やソフトハウスがスキャナ保存システムへの組み込みライブラリとして採用され、多数評価されている製品となります。

以上 参考になりましたでしょうか?

アンテナハウスでは、スキャナ保存の関連セミナーやワークショップを開催しています。

コニカミノルタ様主催セミナー「e-文書法・電子帳簿保存法における最新動向」
本セミナーで弊社益田が『スキャナ保存制度の技術要件の具体的な確保の仕方などの解説』を担当し、タイムスタンプまとめ打ちのデモをさせて頂きます。
2015年10月21日(水曜日)
http://www.konicaminolta.jp/business/information/2015/151021.html
是非とも、ご利用ください。


2015年10月16日に AH Formatter 事例紹介セミナーを開催します!

アンテナハウス株式会社は、来る 2015年10月16日(金)に『AH Formatter』をご利用いただいているお客様から実際の使用例を伺う事例紹介セミナーを開催します。今回は『AH Formatter』利用の定番、例規集やマニュアルの組版だけでなく、DITA を利用した事例も紹介します。

『AH Formatter』のセミナープログラム
AH Formatter 事例紹介セミナーのスケジュール

今回は、同日同時間帯に『AH Formatter』のほか、「OEM/ASP製品」との二本立てで行います。
セミナーの詳細及びお申し込みは、次の URL をご覧ください。
アンテナハウス 事例紹介セミナー Autumn!(こくちーず)

皆様のご参加をお待ちしております。


「スキャナ保存」申請が受け付けスタート

電子帳簿保存法の施行規則が3月31日改正されて9月30日から新要件での「スキャナ保存」申請が受け付けスタートしました。

緩和内容は主に、対象書類の拡充業務サイクル方式時の関係帳簿のデータ保存承認の要件緩和実印相当の電子署名の緩和適時入力方式のグレースケールでの保存許可、の4点となります。

次に要件が強化された点は、全てにタイムスタンプが必要になり、重要書類は適正事務処理要件が必要になりました。まだまだ、紙の国税関係書類の保存と比較して、難解で要件が厳しいところが残っていますので、停滞していたスキャナ保存の利用が今回の緩和で一気に進むとは考えづらいところもありますが、次のような観点で大企業を中心にその普及拡大の切っ掛けになるでしょう。

  1. 重要書類である領収書と契約書は原則禁止で、例外的に3万円未満が可という、制限が撤廃されて、共通のワークフローでスキャナ保存申請がしやすくなった。
  2. 実印相当の電子署名要件が無くなったので、拠点分散入力がやりやすくなった。
  3. 業務サイクル時の関係帳簿のデータ保存承認要件が無くなったので、速やか入力で断念していた企業が、業務サイクル方式で申請しやすくなった。
  4. 大量の契約申込書などをフルカラーで保存しなければならなかったものが、一般書類に関してはグレースケール保存が可能となったので、小さな容量で保存しやすくなった。

とはいえ、強化されたタイムスタンプでランニングコストの負担追加や適正事務処理要件の追加で中小企業への負担強化があり、今後の普及には、更なる緩和が必要とされると考えます。

では、その様な状況の中で、如何にして新要件を確保しながら効果的なスキャナ保存導入運用をすればよいのでしょうか。その様な観点で 明日の10/2 (金)ブログ で情報提供をさせて頂きます。

また、無料セミナーで詳しく説明させて頂きます。
ここが変わったe-文書法!税務書類のスキャナ保存を完全把握!
日時 : 2015年10月07日
http://kokucheese.com/event/index/330079/
是非とも上記ページを覗いてください。


『PDF Server V3.1』 開発よりのお知らせ

こんにちは。PDF Server 開発担当です。
今回はPDF Server についていくつかお知らせなどを…。

  1. 次期メンテナンスリリースの予定
    現在、10月下旬~11月頃の公開を目指してメンテナンスリリースの準備を進めております。 これらは MR3 として公開予定となり、主な修正点は、特定の条件でのみ発生する OCR 処理のテキスト埋め込み処理の問題や PDF 文書編集時に特定の注釈が消えてしまう問題などになります。なお、これら以外にも MR の公開までに発覚し修正が間に合った問題については可能な限り反映していく予定です。
  2. バージョンアップのススメ
    まだ V3.0 など以前のバージョンをご利用の皆さんへは、最新版の V3.1 へのバージョンアップを是非ともおすすめします。 各種バグフィックスはもちろん、目玉となる「コマンドラインのマルチプロセス対応」で変換効率の大幅 UP が狙えます。 コマンドライン版のバージョンアップについては有償となりますが、それ以外のエディションについては同一エディションへのバージョンアップは無償です。
    また、すでに V3.1 をご利用の場合でも、まだ最新のメンテナンスリリースをご利用ではない場合は是非最新 MR へのアップデートを!
    V3.1 は2015年06月12日に公開した MR2 が最新です。また V3.0 に付きましても同日に MR10 を公開していますのでよろしくお願いします。改定の履歴や内容はこちらからご覧いただけます。
    また、V3.1 のバージョンアップ関連についてはこちらでご確認いただけます。
  3. 体験版のススメ
    前項で説明させていただきましたが、これは読むだけではやはり伝わりづらい点は否めません。
    PDF Server には30日間、製品と同じ機能を全てご利用いただける体験版を用意しております。
    フォルダ監視を利用した変換やコマンドラインのマルチプロセス変換など是非お試しください!体験版のお申し込みはこちらからどうぞ!

製品ページ:

製品お問合せ:システム営業グループ
TEL:03-5829-9021  e-mail:sis@antenna.co.jp


『瞬簡PDF 編集 6』パッケージ版発売!&最新アップデート情報

パッケージ版発売開始

9/3にダウンロード版を先行発売していた『瞬簡PDF 編集 6』ですが、本日ようやくパッケージ版が発売されました。

瞬簡PDF 編集 6 CD-ROM版パッケージ
『瞬簡PDF 編集 6』は、PDFの結合やページ入れ替え、注釈編集などPDFの編集作業全般をおこなうことができるソフトウェア『瞬簡PDF 編集』の最新バージョンです。

今回のバージョンアップでは、ユーザーインターフェイス設計から機能とその実装方法まですべてを見直し、プログラムを1から作り直しました。これにより前バージョンから使いやすさと動作速度を大幅に改善しております。
さらに、マウス操作でサムネイルを移動させるだけでPDFの結合やページ入れ替えができる従来の機能に磨きをかけると同時に、注釈やしおりの編集、墨消し機能など本格的なPDFの編集機能を実現しています。

アンテナハウスオンラインショップにてパッケージ版、ダウンロード版ともに好評発売中です。

最新アップデート情報

『瞬簡PDF 編集 6』は最新バージョン6.0.1をリリースしました。
現在、下記URLにてアップデートデータを公開中です。
http://www.antenna.co.jp/support/update/pdfedit/pdfedit60.html
今回のバージョンアップでは不具合の修正がメインとなりますが、すべて重要な内容となっておりますのでバージョンをご確認の上、お早めにアップデートしていただくようお願いいたします。


稲盛経営者賞受賞のご報告

9月15日~16日に開催された第23回盛和塾世界大会において、弊社代表取締役社長 小林 徳滋が、栄えある第20回稲盛経営者賞(非製造業第3グループ第2位)を受賞致しましたので、ここにご報告いたします。

弊社の受賞理由は、「2年間で経常利益を4.2倍に伸ばし、経常利益率を飛躍的に伸ばした」とされております。

稲盛経営者賞は、盛和塾を主宰される稲盛塾長が塾生経営者に与える賞です。毎年、塾生から提出される企業診断資料に基づいて自ら審査なさっておられます。第3回の盛和塾全国大会より20年に渡り継続されています。今年度は24名の塾生が選ばれました。

その選考においては、主に経営の結果である、売上成長率や、利益確保などの経営成績を基づいて評価されておられます。この点、受賞の栄誉は経営者のみならず、社員一同の努力と、お客様からのご支持に支えられております。

ここに慎んでご報告申し上げ、今後の精進・努力をお約束するとともに、皆様のご指導ご鞭撻をお願いしたいと存じます。


セキュリティのあな

こんにちわ。

まだお彼岸前なのに、すっかり涼しい9月ですね。

ところで、みなさんは、国勢調査にはもうご協力されましたか?

「インターネットでいつでも回答できる!」とさかんに宣伝していますが、「セキュリティ」についてはほんとにちゃんと考えたんでしょうかね?

調査対象IDと初期パスワードが書かれた紙が各家庭に配られていますが、うちには、それが入った封筒が封もせずに郵便受けにつっこんでありました。

あ~、

どんなに機械を増強しても、ソフトウェアを強固にしても、セキュリティホールを作るのは、最後はやはり人間なんだな、と妙になっとくした瞬間でした。

某放送局の「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、サイバーセキュリティ技術者のルポを見たばかりでした。

出てきたエピソードに戦慄・・・

個人情報もなにもかも、どんどん流れ出ているんじゃないかと思えてしまいました。

そんなのを見たあとで、インターネットで国勢調査に回答するのにはちょっと躊躇しましたが、共働きで不在がちな家庭では、調査員になんども足を運ばせるのも悪いかと思ったりして、

結局、インターネット回答をしました。

(いまごろ、その情報はどこを回っているんだろう。。。いやいや、そんなことはないはず、と思いたい)

最後のアンケートにあった「次もインターネットで回答するか?」の問いには、迷わず「いいえ」を選択したのでした。

おうちのパソコンやスマホのセキュリティ、なにもしないよりはしていたほうがまだ救われる気がするので、みなさん、ちゃんと防御はしましょう。

 

 

 

 

 


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 12 13 14 Next