年別アーカイブ: 2015年

Android 向け pdfview の動作環境 ~その2~

pdfivew が対応する Android のバージョンは、1.0.1 版から
「Android 4.0 (API Level 14) 以降」
となっています。

Android のバージョンは端末のカタログスペックなどにも登場するので、良くご存じかと思います。下記に Android バージョン別のシェアがあります。
http://developer.android.com/intl/ja/about/dashboards/index.html
Android 4.0.以上であれば、95%程度のバージョンがカバーされます。

「API レベル」はあまり耳にしないかもしれませんが、Android のAPI を識別する番号です。例えば Android 4.0.3, 4.0.4 では OS のバージョンは異なりますが、API レベルは同じ15です。API レベルが同じであれば API の互換性が保たれます。こちらにバージョンと API レベルの一覧があります。
http://developer.android.com/intl/ja/guide/topics/manifest/uses-sdk-element.html#ApiLevels

pdfview は API レベル14 以上であれば動作しますので、Android 5.x や6.0 でも利用できます。これらをターゲットとしてアプリケーションを開発すれば、マテリアルデザインなど最新の機能を利用した PDF ビューアーアプリケーションを開発することも出来ます。ぜひご利用ください。

☆すぐにお試し可能な評価版もございます。

詳しくは下記アンテナハウスのホームページをご確認ください。
http://www.antenna.co.jp/ahpdfview/

【お問合せ先】
アンテナハウス株式会社
OEM営業グループ
e-mail:oem@antenna.co.jp
tel:03-5829-9021


Android 向け pdfview の動作環境 ~その1~

Android 対応 PDF 描画ライブラリー pdfview は1.0.1版になり、対応する動作環境が増えています。今回はこのお話をしたいと思います。

pdfview はネイティブコードとして開発されています(以前の記事 その1その2 を参照ください)。1.0.1 版では対応するCPU アーキテクチャに x86 が追加され、

  • armeabi-v7a
  • x86

と互換性のある機器で動作するようになりました。
これで、クアルコムのSnapdragon、NVIDIAのTegra、テキサス・インスツルメンツのOMAP、サムスン電子のExynos などこれまでの ARM アーキテクチャに加えて、Intel の Atom も加わり、かなりの範囲の Android 端末がカバーされるのではないかと思います。

さて、対応するアーキテクチャが複数になりましたが、アプリケーションの配布はどうすれば良いでしょうか。それぞれのアーキテクチャ対応したバイナリを配布する必要があります。
実は、アーキテクチャ毎のバイナリを1つの apk ファイルにまとめて配布すれば良いです。実行時にAndroid プラットフォームが対応するネイティブコードのバイナリを自動的に選択してくれるのです。
ただし、apk ファイルサイズが増えますし、サイズには上限があるので、これを超えると個別に配布する場合もあるようです。しかし、通常は1つにまとめる方が管理上も簡単ですし、推奨の方法とされています。付属するサンプル PDF ビューアーはこのように構成されていますので、参考にしてください。

☆すぐにお試し可能な評価版もございます。

詳しくは下記アンテナハウスのホームページをご確認ください。
http://www.antenna.co.jp/ahpdfview/

【お問合せ先】
アンテナハウス株式会社
OEM営業グループ
e-mail:oem@antenna.co.jp
tel:03-5829-9021


アンテナハウス製品の事例紹介にご協力ください

すでに終わってしまいましたが、2015年10月16日(金)に開催いたしましたアンテナハウス主催の事例紹介セミナーには、多くの方々が来訪され、大変に好評でした。

事例紹介セミナーの内容については、
アンテナハウス 事例紹介セミナー Autumn!
2015年10月16日(金) 13:20~18:00
をご覧ください。

セミナーの発表内容をご覧いただくとわかるように、弊社では想像もつかなかった、実にユニークで先進的な使い方をされているお客様がおられます。 これらのセミナーを聴きに来られたお客様からは、非常に参考になった、ぜひ、こういう事例をもっと紹介してほしいというお声をたくさん頂戴しました。

事例紹介セミナーは、時期は未定ですが、来年もまた開催したいと思っております。そこで、まことに勝手なお願いですが、弊社製品をお使いのお客様で、自社の事例を紹介していただけるお客様がいらっしゃればと思います。お手数ですが、弊社の

ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス:sis@antenna.co.jp
電話番号 03-5829-9021

まで、ご連絡いただければと思います。

弊社の営業からも、事例紹介に出ていただけないか、お客様のところへ、お願いに上がる予定です。その際は、ぜひ、前向きに検討をお願いしたいと思います。

アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。

【お問い合わせ】
担当:アンテナハウス株式会社
ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス:sis@antenna.co.jp
電話番号:03-5829-9021


自動PDF変換・編集サーバーソリューション、AH PDF Server

AH PDF Server のメンテナンスリリースについて紹介させていただきます。
AH PDF Server は、以前、お知らせしましたように、数々の機能強化を行ったV3.1を出荷中ですが、現在、そのバグ修正を行ったメンテナンスリリース (MR) を配布しております。

すでに、V3.1 の改訂2版に関しては、前回のブログで紹介させていただきましたが、改めて、お知らせしておきます。 詳しくは、
AH PDF Server V3.1 改訂2版/コマンド版 改訂2版を公開
をご覧ください。

また、CAD 版改訂2版、CAD 変換オプション改訂1版も、出荷中です。詳しくは、
AH PDF Server V3.1 CAD版 改訂2版、CAD変換オプション V3.1 改訂1版 公開
をご覧ください。

コマンドライン版を使えば、より簡単に文書管理システムなどに組み込むことも可能です。PDF Server コマンドおよびコマンドライン版については、以下をどうぞ。
PDF Server コマンド(およびコマンドライン版)

AH PDF Server は、MS Office 文書など、さまざな文書、画像をサーバーサイドでPDFなどに自動変換するサーバー製品です。 指定したフォルダに変換したい文書を、ドラッグ&ドロップすれば、自動で変換します。
オプションを使えば、逆に PDF や画像から MS Office 文書への変換、ブラウザを使った変換、CAD ファイルの変換も可能です。 コマンドライン版を使えば、他のシステムに容易に組み込むこともできます。

詳しい紹介は、

を、ご覧ください。

アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。

【お問い合わせ】
担当:アンテナハウス株式会社
ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス:sis@antenna.co.jp
電話番号:03-5829-9021


『長期署名PAdES ライブラリ』 と 『長期署名XAdES(シャデス)ライブラリ』、e-文書法、スキャナ保存

見積書、注文書、請求書などを、電子的に保存する場合に必要な要件を定めた電子帳簿保存法の「スキャナ保存」の要件が緩和され、電子的な保存がやりやすくなったため、『長期署名PAdES ライブラリ』 と 『長期署名XAdES(シャデス)ライブラリ』について、お客様からのお問い合わせ、セミナー依頼、システム構築のご相談、コンサルティング依頼が激増しております。

PDF には電子署名やタイムスタンプをつけることができます。電子署名・タイムスタンプは PDF の内部に埋め込まれますので、電子署名・タイムスタンプをつけた結果も PDF であり、Adobe Reader などで表示し、署名の妥当性を検証することができます。

アンテナハウスでは、このPDF 電子署名で、長期署名と呼ばれる署名を可能にするライブラリを販売しております。それが、『長期署名PAdES ライブラリ』です。また、PDF 以外の電子データに長期署名が行えるライブラリとして、『長期署名XAdES(シャデス)ライブラリ』を販売しております。

『長期署名PAdES ライブラリ』 と 『長期署名XAdES(シャデス)ライブラリ』について、詳しい説明は、以下をご参照ください。

セミナーにつきましては、現在、以下のようなセミナーが予定されています。


■ 「税務関係書類の紙ファイリングから e-文書法対応まで一気にノウハウ習得!」セミナー

    • 日時: 2015年11月25日(水)13:15~17:00(受付 12:55~)
    • 場所: 関東ITソフトウエア健保会館 ・ 会議室(大久保)
    • 主催(協力): アンテナハウス株式会社・株式会社帝国データバンク
      ファイリングコンサルタント小野裕子先生
    • お申し込みはこちらより:http://www.kokuchpro.com/event/9a5aa8b09ce33db3cb1a5be98116c7ee/

■ これで出来る! 帳簿・書類の電子化活用 ~はじまった、「スキャナ保存」新要件での承認申請~

  • 主催: 株式会社NTTデータビジネスブレインズ
    弊社の益田が「正しく理解! e-文書法と電子帳簿保存法」のセッションを担当させて頂きます。
  • 東京開催 2015年11月12日(木) 13:30~16:30(13:15受付開始)
    お申込み: http://pandora-ax.jp/event/smn20151112.html
  • 大阪開催 2015年11月27日(金) 13:30~16:30(13:15受付開始)
    お申込み: http://pandora-ax.jp/event/smn20151127.html

■ 「契約書」の作成管理システムにおける電子化とe-文書法対応について!

  • 日時: 2015年12月9日(水) 13:00~17:00
  • 場所: 関東ITソフトウエア健保会館 ・ 会議室(大久保)
  • 主催(協力): アンテナハウス株式会社・株式会社システムディ・株式会社PFU株式会社
    NTTデータビジネスブレインズ
  • お申し込みはこちらより:http://www.kokuchpro.com/event/c3bb2ff5dc3520165e36f62b981e80b7/

最新の「電子帳簿保存法Q&A」などe-文書法スキャナ保存の国税庁発信の情報を下記の
お知らせ
にまとめて掲載しておりますので、ひぜ、ご利用ください!

アンテナハウスは、e-文書法、電子帳簿保存法対応のスキャナ保存管理システムとして、『AH e-Doc Manager』を販売しております。

『AH e-Doc Manager』について、詳しい紹介は、
AH e-Doc Manager 電子帳簿保存法「スキャナ保存対応用管理システム」
を、ご覧ください。

アンテナハウスには、e-文書法、電子帳簿保存法に精通したエキスパートがおります。
セミナーを開いたり、導入コンサルティングを行い、システムの提案、実装、運用まで、トータルにサポートすることも行っております。紙の書類の電子化による業務の効率化、コストダウン、紙の帳簿類の原本廃棄といったことに興味がある方は、ぜひ、『AH e-Doc Manager』,『長期署名PAdES ライブラリ』 と 『長期署名XAdES(シャデス)ライブラリ』をご検討ください。

アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。

【お問い合わせ】
担当:アンテナハウス株式会社
ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス:sis@antenna.co.jp
電話番号:03-5829-9021


TextPorter のメンテナンスリリースについて

TextPorter のメンテナンスリリースについて紹介させていただきます。
TextPorter をお使いのお客様で、弊社と保守契約を結んでいらっしゃるお客様には、バグ修正を行ったメンテナンスリリース(MR)を配布しております。
以前、お知らせしました通り、

  • 最新版につきましては、従来通り、おおよそ3ヵ月に1回、年4回を目安とした配布
  • 最新版以外のバージョンにつきましては、おおよそ半年に1回、年2回を目安とした配布

としております。何卒、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

TextPorter は、今回、最新版のみメンテナンスリリースを出す時期になっており、すでにV5.3改訂第9版(メンテナンスリリース9版。V5.3 MR9)をリリース済みです。 保守契約を結んでいらっしゃるお客様で、該当するバージョンをお持ちの方は、ダウンロードして、お試しください。
なお、V4.2については、製造・出荷狩猟から5年が経過いしましたので、メンテナンスは終了いたしました。したがいまして、特別な契約を結んでいるお客様以外、今後 MR が提供されることはございません。ご了承くださるよう、お願い申し上げます。

・V5.3 改訂第9版(MR9)
改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx53.html#mr9
を、ご覧ください。改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえます。

TextPorter は、サーバ組込用のテキスト抽出エンジンです。Microsoft Office, PDF など様々なアプリケーションのファイルから文字列を抜き出します。
TextPorter は、対応ファイルの多さなどが評価され、ウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで、検索エンジン、ウイルス対策ソフト、企業機密の漏洩を防ぐソフトなどに利用されています。

TextPorter についての詳しい情報は、
TextPorter
を、ぜひ、ご覧ください。

評価版もご用意しております。
TextPorter 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。

【お問い合わせ】
担当:アンテナハウス株式会社
ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス sis@antenna.co.jp
電話番号 03-5829-9021


Server Based Converter のメンテナンスリリースについて

Server Based Converter のメンテナンスリリースについて紹介させていただきます。
Server Based Converter をお使いのお客様で、弊社と保守契約を結んでいらっしゃるお客様には、バグ修正を行ったメンテナンスリリース(MR)を配布しております。
以前、お知らせしました通り、

  • 最新版につきましては、従来通り、おおよそ3ヵ月に1回、年4回を目安とした配布
  • 最新版以外のバージョンにつきましては、おおよそ半年に1回、年2回を目安とした配布

としております。何卒、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

Server Based Converter は、今回、最新版のみメンテナンスリリースを出す時期になっており、すでにV5.2 改訂第5版(MR5)をリリース済みです。 保守契約を結んでいらっしゃるお客様で、該当するバージョンをお持ちの方は、ダウンロードして、お試しください。

・V5.2
改訂内容については、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/sbc/sbc52.html
を、ご覧ください。 改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえます。

Server Based Converter は、Microsoft Office, PDF などのファイルを、PDF, Flash, SVG, 各種画像形式にダイレクトに変換する変換エンジンです。 ダイレクト変換の意味は、たとえば、Microsoft Office がない環境でも、ファイルさえあれば、それをダイレクトに内容を見える形式に変換できるのです。ダイレクト変換には、Microsoft Office のライセンスも不要です。
Server Based Converter は、ダイレクト変換というユニークさが評価され、多くのウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで利用されています。

Server Based Converter に関する詳しい情報は、
Server Based Converter
を、ぜひ、ご覧ください。

評価版もご用意しております。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

【お問い合わせ】
担当:アンテナハウス株式会社
ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス sis@antenna.co.jp
電話番号 03-5829-9021


よくあるお問合せ その3

お客様からのお問合せについて、3 回に分けて回答を掲載させて頂いておりますが 今回の記事が最後となります。

質問. PDF を編集したいが、自分の用途に合った製品がわかりません。
回答. アンテナハウスでは、用途に合わせて様々なソフトウェアを販売しております。

大まかには、上記のように分類されますが、メインとなる機能がそれぞれ異なりますので、どの製品がお客様ご自身の用途に合致した製品かわからないといった場合は、弊社サービスセンターに目的をお伝え頂ければ合致した製品をご案内させて頂きます。


よくあるお問合せ その2

最近多いお問合せについて、前回に続いて回答を掲載させて頂きます。

質問. 現在使用しているパソコンにインストールしているアンテナハウスの製品を新しく買ったパソコンで使えますか?
回答. 新しいパソコンのOSが動作対象のOSであれば御利用いただくことができます。

ただし、アンテナハウスのデスクトップ製品は1台のパソコンに対して1本のみインストールできるというライセンス契約になっておりますので、新しいパソコンで御利用になる場合は、古いパソコンから製品をアンインストールして頂く必要がございます。

なお、複数台のパソコンで使用されたい場合、10ライセンスから購入可能なサイトライセンスやシンクライアントライセンスもご用意しております。詳しくは「サイトライセンスとシンクライアントライセンスについて」をご参照ください。


よくあるお問合せ その1

Windows10 がリリースされて3ヶ月ほど経過して、弊社のデスクトップ製品についても、Windows10 対応確認のお問合せが増えてきました。そこで、最近お問合せの多いご質問と回答を3回に分けて掲載させて頂きます。

質問. アンテナハウスのデスクトップ製品で Windows10 に正式対応している製品はどれですか?
回答. 現在アンテナハウスでは以下のデスクトップ製品について Windows10 での動作確認済となっております。

動作確認済みであっても、リッチテキスト・コンバータでワープロ専用機のフロッピーディスクの読み書きができないなど、動作に制限のある製品もあります。詳しくは「アンテナハウス デスクトップ製品のWindows10対応について」をご参照ください。


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 12 13 14 Next