月別アーカイブ: 2015年8月

自動PDF変換・編集サーバーソリューション、AH PDF Server

AH PDF Server のメンテナンスリリースについて紹介させていただきます。
AH PDF Server は、以前、お知らせしましたように、数々の機能強化を行ったV3.1を出荷中ですが、現在、そのバグ修正を行ったメンテナンスリリース(MR)を配布しております。

すでに、V3.1の改訂1版 に関しては、前回5月のブログで紹介させていただきました。
AH PDF Server V3.1 改訂1版/コマンド版 改訂1版/CAD版 改訂1版を公開
をご覧ください。

現在は、改訂2版 を出荷中です。詳しくは、
AH PDF Server V3.1 改訂2版/コマンド版 改訂2版を公開
をご覧ください。

また、CAD 版改訂2版、CAD 変換オプション改訂1版 も、出荷中です。詳しくは、
AH PDF Server V3.1 CAD版 改訂2版、CAD変換オプション V3.1 改訂1版 公開
をご覧ください。

AH PDF Server は、MS Office 文書など、さまざな文書、画像をサーバーサイドで PDF などに自動変換するサーバー製品です。 指定したフォルダに変換したい文書を、ドラッグ&ドロップすれば、自動で変換します。オプションを使えば、逆に PDF や画像から MS Office 文書への変換、ブラウザを使った変換、CAD ファイルの変換も可能です。

詳しい紹介は、

を、ご覧ください。

アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。

【お問い合わせ】
担当:アンテナハウス株式会社
ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス:sis@antenna.co.jp
電話番号:03-5829-9021


長期署名PAdES ライブラリと長期署名XAdES(シャデス)ライブラリ、e-文書法、スキャナ保存

PDF には電子署名やタイムスタンプをつけることができます。電子署名・タイムスタンプはPDF の内部に埋め込まれますので、電子署名・タイムスタンプをつけた結果もPDFであり、Adobe Reader などで表示し、署名の妥当性を検証することができます。
アンテナハウスでは、このPDF 電子署名で、長期署名と呼ばれる署名を可能にするライブラリを販売しております。それが、「長期署名PAdES ライブラリ」です。 また、PDF 以外の電子データに長期署名が行えるライブラリとして、長期署名XAdES(シャデス)ライブラリを販売しております。

長期署名PAdES ライブラリと長期署名XAdES(シャデス)ライブラリについて、詳しい説明は、以下をご参照ください。

見積書、注文書、請求書などを、電子的に保存する場合に必要な要件を定めた電子帳簿保存法の「スキャナ保存」の要件が緩和され、電子的な保存がやりやすくなったため、長期署名PAdES ライブラリと長期署名XAdES(シャデス)ライブラリについて、お客様からのお問い合わせ、セミナー依頼、システム構築のご相談、コンサルティング依頼が激増しております。

セミナーにつきましては、現在、以下のようなセミナーが予定されています。

スキャナ保存変更点!税務関係書類ファイリング~e-文書法対応~

  • 日時:2015年09月11日(金)(13:00~17:00 (受付:12:45~))
  • 場所:関東ITソフトウエア健保会館 ・ 会議室(大久保)
  • 主催(協力): アンテナハウス株式会社、アマノビジネスソリューションズ株式会社、
    株式会社PFU、株式会社帝国データバンク
  • 詳細URL :http://kokucheese.com/event/index/321974/

■ 契約書の作成管理システムから電子化とe-文書法対応について

  • 日時:2015年09月04日(金)(13:20~16:45 (13時から受付開始))
  • 場所:関東ITソフトウエア健保会館 ・ 会議室(大久保)
  • 主催(協力): アンテナハウス株式会社、株式会社システムディ、株式会社PFU、
    株式会社NTTデータビジネスブレインズ
  • 詳細URL :http://kokucheese.com/event/index/321941/

■ e-文書法規制緩和 緊急セミナー! ~ 国税庁による新しい取扱い通達とQ&Aを解説します。

  • 日時:2015年8月18日(火)午後1時30分~4時(受付 午後1時より)
  • 場所:富士ゼロックス株式会社 501会議室 定員 100名
  • お申し込みはこちらより : http://www.jiima.or.jp/pdf/seminar_kiseikanwa_20150818.pdf
    本セミナーで弊社益田が講師を担当させて頂きます。

最新の「電子帳簿保存法Q&A」などe-文書法スキャナ保存の国税庁発信の情報を下記の
お知らせ
にまとめて掲載しておりますので、ひぜ、ご利用ください!

アンテナハウスは、e-文書法、電子帳簿保存法対応のスキャナ保存管理システムとして、AH e-Doc Manager を販売しております。

AH e-Doc Manager について、詳しい紹介は、
AH e-Doc Manager 電子帳簿保存法「スキャナ保存対応用管理システム」
を、ご覧ください。

アンテナハウスには、e-文書法、電子帳簿保存法に精通したエキスパートがおります。
セミナーを開いたり、導入コンサルティングを行い、システムの提案、実装、運用まで、トータルにサポートすることも行っております。 紙の書類の電子化による業務の効率化、コストダウン、紙の帳簿類の原本廃棄といったことに興味がある方は、ぜひ、AH e-Doc Manager, 長期署名PAdES ライブラリと長期署名XAdES(シャデス)ライブラリをご検討ください。

アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。

【お問い合わせ】
担当:アンテナハウス株式会社
ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス:sis@antenna.co.jp
電話番号:03-5829-9021


TextPorter のメンテナンスリリースについて

TextPorter のメンテナンスリリースについて紹介させていただきます。
TextPorter をお使いのお客様で、弊社と保守契約を結んでいらっしゃるお客様には、バグ修正を行ったメンテナンスリリース(MR)を配布しております。
以前、お知らせしました通り、

  • 最新版につきましては、従来通り、おおよそ3ヵ月に1回、年4回を目安とした配布
  • 最新版以外のバージョンにつきましては、おおよそ半年に1回、年2回を目安とした配布

としております。 何卒、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

現在、TextPorter は、TextPorter V5.3改訂第8版(メンテナンスリリース8版。V5.3 MR8)を、出荷しております。5月から6月にかけて、V5.0, V5.1, V5.2のMRも出荷しました。
なお、V4.2については、製造・出荷狩猟から5年が経過いしましたので、メンテナンスは終了いたしました。したがいまして、特別な契約を結んでいるお客様以外、今後MRが提供されることはございません。ご了承くださるよう、お願い申し上げます。

・V5.3 改訂第8版(MR8)
改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx53.html#mr08
を、ご覧ください。改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえます。

・V5.2 改訂第8版(MR8)
改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx52.html#mr08
を、ご覧ください。改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえます。

・V5.1 改訂第11版(MR11)
改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx51.html#mr11
を、ご覧ください。改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえます。

・V5.0 改訂第13版(MR13)
改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx50.html#mr13
を、ご覧ください。改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえます。

TextPorter は、サーバ組込用のテキスト抽出エンジンです。Microsoft Office, PDF など様々なアプリケーションのファイルから文字列を抜き出します。TextPorter は、対応ファイルの多さなどが評価され、ウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで、検索エンジン、ウイルス対策ソフト、企業機密の漏洩を防ぐソフトなどに利用されています。

TextPorter についての詳しい情報は、
TextPorter
を、ぜひご覧ください。

評価版もご用意しております。
TextPorter 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。

【お問い合わせ】
担当:アンテナハウス株式会社
ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス:sis@antenna.co.jp
電話番号:03-5829-9021


Server Based Converter のメンテナンスリリースについて

Server Based Converter のメンテナンスリリースについて紹介させていただきます。
Server Based Converter をお使いのお客様で、弊社と保守契約を結んでいらっしゃるお客様には、バグ修正を行ったメンテナンスリリース(MR)を配布しております。
以前、お知らせしました通り、

  • 最新版につきましては、従来通り、おおよそ3ヵ月に1回、年4回を目安とした配布
  • 最新版以外のバージョンにつきましては、おおよそ半年に1回、年2回を目安とした配布

としております。 何卒、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

Server Based Converter は、今回、全バージョンのメンテナンスリリースを出す時期になっておりますので、現在、全バージョンのメンテナンスリリース(MR)をリリース中です。保守契約を結んでいらっしゃるお客様で、該当するバージョンをお持ちの方は、ダウンロードして、お試しください。

・V5.2
改訂内容については、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/sbc/sbc52.html
を、ご覧ください。改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえます。

・V5.0
改訂内容については、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/sbc/sbc50.html
を、ご覧ください。

Server Based Converter は、Microsoft Office, PDFなどのファイルを、PDF, Flash, SVG, 各種画像形式にダイレクトに変換する変換エンジンです。ダイレクト変換の意味は、たとえば、Microsoft Office がない環境でも、ファイルさえあれば、それをダイレクトに内容を見える形式に変換できるのです。ダイレクト変換には、Microsoft Office のライセンスも不要です。
Server Based Converter は、ダイレクト変換というユニークさが評価され、多くのウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで利用されています。

Server Based Converter に関する詳しい情報は、
Server Based Converter
を、ぜひご覧ください。

評価版もご用意しております。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

【お問い合わせ】
担当:アンテナハウス株式会社
ソリューション・システムコンポーネント製品営業グループ
メールアドレス:sis@antenna.co.jp
電話番号:03-5829-9021


新しき酒は新しい革袋に。では、古き酒は? (2)

猛暑といいますか、激暑といいますか、毎日暑い日が続きます。
さて日が空いてしまいましたが、本日は 8/4(火)の記事の続きです。

Windows 10 では評価のためのプレビュー版をしばらく公開していました。 ここで、一時期「Windows 10 ではフロッピーディスクドライブのサポートがなくなった」という話題が見られました。

フロッピーディスクと聞いて、なーんだと思われるかも知れません。
実際、フロッピーディスクの存在感は 2000 年頃を境に年々縮小し、現在は入手すら困難な状況です。画像や音声データを、数10 ・ 数 100 MB の単位でやりとりする時代に、たかだか 1 MB 強のデータしか保存できないフロッピーディスクに出番がないのも当然ですね。 フロッピーディスクを読み書きするドライブも内蔵型はとうになく、USB ケーブルで接続する外付けドライブも見かけることが少なくなりました。このような状況ですから、マイクロソフトが Windows 10 でこのデバイスのサポートを見限ったとしても不思議ではありません。

で、正式版ではどうなのか?
弊社で確認したところ、Windows 7 からアップグレードした Windows 10 の環境では、弊社の製品「リッチテキスト・コンバータ20」(同パーソナル。以下同じ)で推奨する USB 接続のフロッピーディスクドライブを使用して 1.44MB でDOS フォーマットを行い、ファイルを読み書きすることができました。 今のところアップグレードでの確認ですが、とりあえず、Windows 10 でもフロッピーディスクドライブの使用が可能なようです。

フロッピーディスクは、今でこそ利用価値の少ない過去のレガシー(遺産)の一部となっていますが、長い間パソコンになくてはならない記憶媒体として愛用されてきたものです。なにしろ1984年に発売された IBM PC/AT やアップルの初代マッキントッシュの時代から搭載されて 30 年以上経過した技術ですから、今となってはビンテージものの古酒のような存在と言えるでしょう。

現在のフロッピーディスクの数少ない利用価値のひとつとして、弊社の「リッチテキスト・コンバータ20」が行うワープロ専用機(これももはや死語に近いですが)からの変換があります。 では、Windows 10 で「リッチテキスト・コンバータ20」を使用してワープロ専用機のフロッピーディスクを変換できるかですが、これは、 製品ホームページでもご案内している通り、Windows 10 での動作保証が難しいものとなりそうです。 フロッピーディスクの読み書きが可能とはいえ、何らかの変更なり制限があるようで、残念ながら手放しで乾杯とはいかないようです。

弊社製品の Windows 10 正式版での動作確認結果は来週以降公開する予定となっておりますが、もし現在 Windows 8.1 以前をお使いで、「リッチテキスト・コンバータ20」を使用してワープロ専用機のフロッピーディスクを変換されているお客様がおられましたら、Windows 10 に移行されるのは、必要なフロッピーディスクを現在の環境ですべて変換されてからとすることをお勧めいたします。

弊社のワープロ文書変換製品も1986年に発売後、既に 30 年近く経過してビンテージ・ソフトウェアといえるような存在であるかと思います。 少数とはいえ、まだワープロ専用機で作成された文書フロッピーディスクをお持ちでパソコンにデータの移行をされたいお客様がいらっしゃいますので、弊社としてもうしばらくはこの製品のサポートを続けたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。


新しき酒は新しい革袋に。では、古き酒は? (1)

「新しい酒は新しい革袋に」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?
これは、聖書にある一節で、「新しい思想や内容を表現するには、それに応じた新しい形式が必要」という意味だそうです。

さて、最近のパソコン関連の話題で新しいことと言えば、さしずめ7月29日から公開が始まった「Windows 10」ではないでしょうか?既にダウンロードされて試された方もたくさんおられると思います。これまでは、新しいWindows OS が登場すると、新しい革袋ならぬ新しいパソコンが一斉に発売されて、深夜に列をつくる様子がニュースになるなど賑やかな話題に包まれることが多かったように思います。

ところが、「Windows 10」に関しては、様子が異なるようです。
既に多くのメディアで話題になっているので今更の感がありますが、古いOS(Windows 7以降)のユーザーに「Windows 10」が無償で提供されるというのですからビックリです。 1年間の期限付きながら、全世界に何千万といるユーザーに向けての話しですから、これまでOS の販売でがっつり商売をしてきたマイクロソフトの方向転換に驚かないわけにはいきません。 新OS 発売に関わる経済的なマイナスの影響もマイクロソフトに留まらず大きいことも予想されます。

それでも、当面パソコンの買い替えに悩まず、新しいOS を試せることを朗報と受け取る方も多いのではないでしょうか? 新しい酒(OS)を古い革袋(パソコン)に入れて味見ができるのですから、なにはともあれ、マイクロソフトに乾杯!?

さて、前置きが長くなってしまいました。
本題は、新しい酒ではなく、古い方の酒です。 それが何かについては、また次回に。


Pages: Prev 1 2