月別アーカイブ: 2012年4月

AH Formatter V5.3 販売終了のお知らせ

2012年4月18日に『AH Formatter V5.3 改訂4版』の出荷を開始いたしましたが、『AH Formatter V5.3』は 2012年4月末をもって販売を終了いたします。今後は既に販売しております『AH Formatter V6』をよろしくお願いいたします。
なお、販売終了後は新規ライセンスの販売は行ないませんが、既存のお客様を対象に販売終了後 5年間に渡り有償保守をご提供いたします。『AH Formatter』を今後ともよろしくお願いします。
AH Formatter V6
『AH Formatter V6』は、XML 文書を組版するための仕様として W3C で勧告された、Extensible Stylesheet Language (XSL) Version 1.1 および、HTML にレイアウトスタイルを定義することで一般的に知られている CSS の、ふたつのスタイルシートに対応した自動組版・印刷ソフトウェアです。
『AH Formatter V6』を使うことで、大量の XML 資産を PDF 化したり、印刷したりすることができます。また、ひとつの XML 文書からスタイルシートを変更するだけで異なるレイアウトの PDF を出力することができます。
 


[AH Formatter 導入事例紹介] AH Formatter V6 による JLReq の自動組版

このたび、『AH Formatter』の導入事例紹介として、「AH Formatter V6 による JLReq の自動組版」を追加しました。『AH Formatter』に関心のある方、導入をご検討の方、自動組版に興味のおありの方、是非ご覧ください。
以下、導入事例の紹介ページから「概要」を掲載します。
W3C に、Requirements for Japanese Text Layout日本語組版処理の要件)という技術文書があり、2012年4月3日に公開されました。これの公開に合わせて、日本語版を書籍化する計画が持ち上がり、それを、『AH Formatter V6』によって実現しました。
書籍化の話が出た当時、『AH Formatter V6』は、まだ開発途中でした。そういう意味では、JLReq の書籍化は、画像のフロートによる自動配置の実装検証として渡りに船であったと言えます。組版は、XHTML+CSS を用いて行なわれました。
続きは、導入事例の紹介ページでお読みください。
AH Formatter V6 による JLReq の自動組版
 


JATS 解説セミナー(JATS による日本語学術論文の標準化と自動組版)のご案内

2012年5月24日に「JATS 解説セミナー」を開催いたします。
JATS(Journal Article Tag Set)は日本語学術論文向け XML 標準仕様として期待されている仕様です。科学技術振興機構(JST)の電子ジャーナル J-STAGE は 4月より J-STAGE3 をリリースし、JATS0.4 ベースの書式 XML と全文 XML の搭載が可能となっております。
アンテナハウスは、JATS0.4 に準拠した XSLT スタイルシートを公開し、併せて JATS 解説セミナーを開催いたします。
今回のセミナーは JATS0.4 向けの XSLT スタイルシートの解説と、愛知大学教授の時実様をお迎えしまして JATS の解説をしていただきます。
詳細、お申し込みは、
JATS 解説セミナー(JATS による日本語学術論文の標準化と自動組版)のご案内(株式会社エクスイズム)
より、お願いいたします。
 


AH Formatter V5.3 改訂4版をリリースしました。

2012年4月18日、『AH Formatter V5.3 改訂4版』を公開いたしました。
多数の改訂の他、以下 2点の機能強化もしています。
・SVG の switch エレメントに対応した。
・font-family に NameID=16 のファミリー名を指定しても有効となるようにフォント構築ファイルで use-preferred-family を指定可能とした。
改訂内容の詳細につきましては、
AH Formatter V5.3 改訂情報」をご覧ください。
なお、製品のご検討に際して、
弊社では事前に技術相談会を行っております。
お気軽にお問い合わせください。
アンテナハウス システム製品技術相談会
 


Server Based Convertのお試し変換

 Server Based Convertの評価版は、
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、申し込むことができますが、ダウンロードしてインストールしてというのは、面倒ですよね。
 そこで、簡単にお試し変換ができるデモサイトをご用意いたしました。
 Server Based Convertのお試し変換サイト
 上記サイトに行くと、次の2つを試してみることができます。

・PC用のデモ
 変換結果をPC(パソコン)で表示するための変換です。
 様々な形式に変換できますので、いろいろとお試しください。
・サムネイル作成サービス
 文書ファイルのサムネイル画像を作成します。
 変換結果サムネイル画像をクリックすると原寸大の表示が可能です。
 昨日のブログで述べた、文書管理システムでの活用をイメージしたデモです。

 どちらも、お客様の手元にあるファイルをアップロードして、どういう変換結果になるか、試してみることができます。
 アップロードしたファイルは、弊社テスト用に使用してもよいという場合は、サーバ上に残りますが、だめだと拒否の設定をした場合は、変換後に削除いたしますので、ご安心の上、お試しください。
 パスワードの設定はできないデモですから、V4.0から対応したパスワード付きファイルの変換は、残念ながら、お試しいただけません。悪しからずご了承ください。
 Server Based Converterは、時代のニーズ、お客様のご要望にお応えするため、今後も、改良を続けてまいります。
 どうか、ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
http://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。
 評価版もご用意しております。どうか、V4.0の新機能をお試しください。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。
 Server Based Converterは、クラウドコンピューティングEXPO(2012/05/09 – 2012/05/11)と、教育ITソリューションEXPO(2012/05/16 – 2012/05/18)に出品いたします。
 お誘い合わせの上、ご来場ください。
 詳しくは、
クラウドコンピューティング

教育ITソリューションEXPO
を、ご覧ください。


Server Based Converterの活用法その2

■TextPorterと組み合わせた文書管理システム

 企業や組織においては、毎日、膨大な数の文書が、Microsoft Officeで作られています。それを紙に印刷していたのでは、保管も閲覧も大変です。
 そこで、これらの文書を電子文書のままファイリングし、管理する文書管理システムが作られています。
 ここで、Server Based Converterと、弊社のサーバ製品の1つであるTextPorterが活躍しています。TextPorterは、Microsoft Office文書やPDFから、テキストを抽出する製品です。

 システムのイメージは、
サーバベース・コンバーター 活用例
にある
サムネイルサーバ
を発展させたものと思っていただけるといいです。

 Server Based Converterによって、文書からサムネイルを生成することで、ファイル名だけではわかりにくい文書の見分けも簡単にできるようになります。
 そして、TextPorterで文書からテキストを抽出して、全文検索システムで検索できるようにしておくことで、目的の文書をすばやく探し出して、そのサムネイルをみて、実際の文書を引っ張り出せるようにするわけです。

 TextPorterに関する詳しい情報は、
http://www.antenna.co.jp/axx/
を、ぜひ、ご覧ください。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
http://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。

 評価版もご用意しております。どうか、V4.0の新機能をお試しください。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

 Server Based Converterは、クラウドコンピューティングEXPO(2012/05/09 – 2012/05/11)と、教育ITソリューションEXPO(2012/05/16 – 2012/05/18)に出品いたします。
 お誘い合わせの上、ご来場ください。
 詳しくは、
クラウドコンピューティング

教育ITソリューションEXPO
を、ご覧ください。


Server Based Converterの活用法

■Antenna House Formatterと組み合わせた文書配信システム

 Server Based Converterは、Microsoft Office文書だけではなく、PDFからも画像、SVG, Flashといった形式のファイルを生成できます。
 企業ユーザ様、特にグローバル企業では、マニュアルを製作するときに、DITAという規格によってXML文書を作り、それからPDFを生成することが行われています。

 DITA規格のXML文書からPDFを生成する際に、欧米のグローバル企業からも非常に高い評価を得ているAntenna House Formatterを使います。
 こうして出来上がったPDFは、Server Based Converterで、さまざま形式に変換して配信することができます。

 PCに配信する場合は、PDFのままで配信できますが、モバイル端末、携帯電話では、PDFが表示できない場合があります。また、PDFが表示できるスマートフォンでも、画像やSVG, Flashといった形式が都合がいい場合があります。その場合、端末の特性、能力に合わせて、画像、SVG、Flashに変換することで、文書を配信するのです。

 システムのイメージは、
サーバベース・コンバーター 活用例
にある
携帯電話閲覧用コンバータ
です。

 実際に、このようにAntenna House FormatterとServer Based Converterを組み合わせて、数多くのPDFを生成し、生成されたPDFから必要な部分を抜き出し、Server Based Converterで変換して、毎日、数千ページものページを、配信するシステムを構築しているお客様がいらっしゃいます。

 Antenna House Formatterに関する詳しい情報は、
Antenna House Formatter
をご覧ください。

 アンテナハウスでは、DITAに関するサービスやコンサルティングも行っています。詳しくは、
DITA
をご覧ください。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
http://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。

 評価版もご用意しております。どうか、V4.0の新機能をお試しください。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

 Server Based Converterは、クラウドコンピューティングEXPO(2012/05/09 – 2012/05/11)と、教育ITソリューションEXPO(2012/05/16 – 2012/05/18)に出品いたします。
 お誘い合わせの上、ご来場ください。
 詳しくは、
クラウドコンピューティング

教育ITソリューションEXPO
を、ご覧ください。


なぜ、Server Based Converterが支持されているか

 Server Based Converterは、Microsoft Office(Word/Excel/PowerPoint)がなくても、サーバ上でこれらの文書を、PDFや画像にダイレクトに変換する製品です。
 この製品は、多くの企業様、組織様、システム構築業者様から支持されて、今日にいたっております。
 本日は、「なぜ、Server Based Converterが支持されているか」についてお話します。

■サーバではMicrosoft Officeは使えない!?

 Microsoft Office文書なら、Microsoft OfficeでPDFとして保存すればいいではないかと思われることでしょう。

 たしかにその通りですが、それが許されるのは、デスクトップPCの場合です。サーバでは、ライセンス上、許されないとされています。

 そして、決定的なのが、Microsoft Officeは、Linuxでは動かないことです。
 クラウドコンピューティングのOSとしては、Linuxが主流です。Windowsを使えるクラウドサービスもありますが、Linuxより割高な料金設定になっています。

■Server Based Converterならサーバでもばっちり!

 Linuxサーバのクラウドで、Microsoft Office文書をPDFにしたい。そんなときに、登場するのが、Server Based Converterです。

 Server Based Converterの売りは、Microsoft Officeを必要としないダイレクト変換です。そして、Linuxでも動きます。64bitにも対応していますから、32bitの世界では扱えないビッグデータの処理も可能です。

 Microsoft Officeなしで、クラウドを存分に使える!
 これが、多くの企業様、組織様、システム構築業者様から、Server Based Converterが支持されている理由なのです。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
http://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。
 評価版もご用意しております。どうか、V4.0の新機能をお試しください。
 サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込みから、お申し込みください。
 Server Based Converterは、クラウドコンピューティングEXPO(2012/05/09 – 2012/05/11)と、教育ITソリューションEXPO(2012/05/16 – 2012/05/18)に出品いたします。
 お誘い合わせの上、ご来場ください。
 詳しくは、
http://www.cloud-japan.jp/
クラウドコンピューティング

http://www.edix-expo.jp/
教育ITソリューションEXPO
を、ご覧ください。


Server Based Converter V4.0 出荷開始

 お待たせいたしました!
 Server Based Converterの新バージョン、V4.0を出荷開始いたしました。
 Server Based Converterは、Microsoft Office(Word/Excel/PowerPoint)がなくても、サーバ上でこれらの文書を、PDFや画像にダイレクトに変換する製品です。
 これまで、多くの企業様、組織様、システム構築業者様のご支持を受け、順調にバージョンアップを重ねることができました。深く感謝申し上げます。
 V4.0では、皆様のご要望に応えるため、以下の機能を強化しています。
■4.0の強化ポイント

・Windows 64bit版
 大量データを扱うクラウドコンピューティングの普及により、サーバでは64bit環境が日常的なものになってきました。これに合わせて、Linux版では、すでに64bit版を提供しておりましたが、今回、Windows版でも64bit版の提供を開始いたします。
・PDF関連機能の強化
 企業や組織を問わず、PDFが、大変に普及してきたため、お客様からPDFに関するご要望が増えてきました。ご要望にお応えするために、より速く、より正確にPDFを処理できるように機能アップしたライブラリを実装しました。
・Microsoft Excelファイルの読込み強化
 Microsoft Excelファイルからの変換では、シート番号の指定、およびアクティブシートのみを指定して変換対象とすることができるようになりました。
 サムネイル画像作成時に、希望するシートをサムネイル画像として生成できるようになり、文書管理システムを、より効果的に構築することができます。
・パスワード付きファイルに対応

 Microsoft Office 2007/2010, PDFの読み取りパスワード付きファイルも変換できるようになりました。
・Microsoft RTFへの対応
 Microsoft Word(97 – 2003)で作成したRTFファイルの読込みに対応いたしました。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、http://www.antenna.co.jp/sbc/を、ぜひ、ご覧ください。
 評価版もご用意しております。どうか、V4.0の新機能をお試しください。
 サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込みから、お申し込みください。
■お知らせ
 Server Based Converterは、クラウドコンピューティングEXPO(2012/05/09 – 2012/05/11)と、教育ITソリューションEXPO(2012/05/16 – 2012/05/18)に出品いたします。
 お誘い合わせの上、ご来場ください。
 詳しくは、
 クラウドコンピューティング

 教育ITソリューションEXPO
を、ご覧ください。


PDFからOfficeへの変換精度

PDFデータをWordやExcelなどで使用したい。
そんなニーズにお答えした「瞬簡PDF 変換 7」ですが、お客様から変換精度についての問い合わせが多く寄せられます。
そこで、PDFからOfficeへの変換機能を持ったさまざまな製品で変換精度を比較し、その結果を掲載しました。
変換精度比較結果
やはり、どの製品もPDFの完全再現は難しいようですが、縦書きレイアウトへの対応やOCR使用時の精度などを見ると、「瞬簡PDF 変換 7」が圧倒的に高精度な変換を実現しています。
しかし、まだまだ改善の余地が残されていますので、今後も更なる変換精度の向上を目指して開発を行っております。
なお、お手元にあるPDFで変換精度を確認されたいお客様は、2文書まで無償のテスト変換にお申込みいただくことで実際にどのような変換になるかとご確認いただくことができますので、是非ご利用ください。
テスト変換サービス
●瞬簡PDF 変換 7 製品ページ


Pages: 1 2 Next