月別アーカイブ: 2010年6月

「書けまっせ!!PDF4」レビュー記事 マイコミジャーナルに掲載

「書けまっせ!!PDF4」のレビュー記事が、6月28日からマイコミジャーナル(Web)に掲載されています。
 
タイトル:PDFファイルって加筆修正ができないって思っていませんか? – PDFにガンガン書き込める「書けまっせ!!PDF4」
URL:http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/06/28/pdf/index.html
 
「PDFファイルに様々な加工を施す。しかも、全体のデザインテイストを崩すことなく美しく。加えて、誰もが操作できる簡単な操作体系でありながら関数を用いて複雑な処理を行うといった「ひと手間」を加えれば無限の可能性が広がる。それらを具現化しているのが、この「書けまっせ!!PDF4」の真の姿と言えよう。」


AH Formatter AFP(MO:DCA)出力オプションのご案内

アンテナハウスはAH Formatter のAFP(MO:DCA形式)オプションを開発しています。本オプションは、AH Formatterで組版した結果をAFPアーキテクチャを採用する高速・高性能プリンタに出力するための機能を提供するものです。
 
AFP(Advanced Function Presentation)はIBMが開発したプリンタ用のアーキテクチャです。その後、2004年にカラーマネジメントの共同サポートを行うAFP Color Consortiumを結成し、さらに、2006年にIBMはAFPのアーキテクチャ全体をAFPコンソーシアムに譲渡しています。現在、欧米の主要なプリンタ・メーカがAFPコンソーシアムに参加して一大勢力となっています。AFPのページ表現形式がMO:DCAです。
 
IBMはインフォプリント事業をリコーに売却して、現在は、リコーの子会社であるインフォプリント・ソリューションズがAFPプリンタ事業を推進しています。
 
アンテナハウスは、本オプションを使ったPOD(Print On Demand)ソリューションについて、来月8日から10日に開催される「第14回 デジタルパブリッシングフェア」のインフォプリント・ソリューションズ・ジャパン様のブースでご案内させていただく予定です。
 
○参考資料
AH Formatter
Advanced Function Presentation
AFP コンソーシアム


7月5日~6日 XSLスクール、XSL-FO指南塾の開催のご案内

アンテナハウスでは、イーエイド、エクスイズムと共催で、XSLスタイルシートの開発技法やXSL-FOの指定方法に関するセミナーを、随時、開催しています。
 
次回の開催予定は次の通りです。
1.XSLスクール 
・XSLスタイルシートの開発技法について
・7月5日 10:00~16:30
2.XSL-FO指南塾
・XSL-FOについての詳しい解説と指定方法実践
・7月6日 10:00~16:30
参加費用:お一人様(税込) 各42,000円
(両方のセミナーを同時にお申し込みの場合:各36,750円)
いずれも開催場所はアンテナハウス(本社)会議室となります。
○詳しい内容はこちらをどうぞ
http://www.antenna.co.jp/XML/seminar/Exism-20100705.txt
 
お問い合わせ先:
アンテナハウス株式会社
システム営業グループ 
担当:長縄
電話:03-5829-9021


「PDF Tool API V3.1MR4」、[PDF Driver API V3.1 MR6」をリリースしました

本日より、次の2製品の改訂版をリリースしました。
■「PDF Tool API V3.1 MR4」
改訂内容
 ・PDFファイルを透かしにした場合の挿入位置問題を修正しました。
 ・電子署名付きPDFファイルを結合した場合、結合結果のPDFの構文エラーを修正しました。
 ・画像の透かし処理を行うとメモリ消費量が増大する問題を修正しました。 (.NET)
 ・文書情報の「作成日」「更新日」設定と、セキュリティ設定を同時に行った場合に、文書情報が正しく設定されない問題を修正しました。
 ・MR2からMR3へのアップデートにより、文書情報設定が正しく行われない問題を修正しました。
 ・C++、.NET(C#)、Javaのサンプルコードを見直しました。
■「PDF Driver API V3.1 MR6」および「PDF Driver V4.1 MR5 」
改訂内容
 ・[Driver API]
  ページごと(Excelは1シートごと)にひとつのPDFを出力する処理において、印刷設定ファイルをフルパスで指定している場合に、2ページ目(2シート目)以降、指定の設定が反映されない問題を修正しました。この修正のため、CBH.dllが追加されました。
 ・[Driver API]
  埋め込みフォントの追加処理(PtlParamFontSettings::addEmbedFontName)によりスタックが破壊される場合がある問題を修正しました。
  addEmbedFontNameを行う場合には、新たに追加された「PtlParamFontSettings2」クラスをお使いください。
 ・[Driver API]
  .NETインターフェイスにおいて、コンストラクタの問題を修正しました。
 ・[Driver]
  Excelから連続して印刷を行ったとき、直前に出力されたファイルが削除されてしまう場合がある問題を修正しました。
 ・[Driver]
  罫線の多いWordファイルをダウンサンプリングがある設定で出力した場合に、出力ファイルサイズが大きくなる問題を修正しました。
 ・[Driver]
  印刷設定において、PDFバージョンが1.6あるいは1.7、Web表示用に最適化をオフ、閲覧用パスワードの設定がある状態で出力を行った場合、PDFを開くときに設定したパスワードを入力してもエラーとなる問題を修正しました。
 ・C++、.NET(C#)、Javaのサンプルコードを見直しました。C++、C#は、Visual Studio 2008用プロジェクトです。
○詳細情報
http://www.antenna.co.jp/ptl/


6月23日(水)「XMLドキュメント制作システム事例紹介セミナー」開催

アンテナハウスは、6月23日(水)開催の「XMLドキュメント制作システム事例紹介セミナー」(株式会社エクスイズム主催)を協賛しています。皆様のご参加をお待ちします。
 
○詳細情報はこちらをご覧ください。
http://www.antenna.co.jp/XML/seminar/Exism-20100623.txt


Twitterで「書けまっせPDF」プレゼントキャンペーン他

昨日、アンテナハウスのTwitterIDをフォローしてメッセージをツイートしていただいた方に「書けまっせPDF」をプレゼントするキャンペーン中です。
 
(1)Twitterで@AntennaInfoをフォローしてください。(既にフォローしていただいている方も対象になります。)
アンテナハウスのTwitterアカウント http://twitter.com/AntennaInfo
 
(2)下記の文章をコピーしてTwitterでツイート(投稿)してください。
 
RT @AntennaInfo 【プレゼント企画】2名に【書けまっせ!!PDF4スタンダード】が当たります! 詳細はhttp://www.antenna.co.jp/sales/present.html
 
6月14日午後から始めましたら、現在のところ該当者は20数名になります。まだまだチャンスがありますよ!
 
○詳しい情報
http://www.antenna.co.jp/sales/present.html
 
また、14日午後より、「自在眼11SDK」のアップデート版 (MR4) を提供開始しました。本SDKは、アプリケーションソフト「自在眼11」をサードパーティ(OEM)の製品に組み込んで使っていただくためのAPIとなります。
 
○詳しい情報
http://www.antenna.co.jp/OEM/JanSDK/index.html


日本語の縦書きへの要求事項と、CSS3仕様策定論議に関連して

CSSで縦書きレイアウトをどのように追加するかについての論議がW3Cのワーキング・グループで活発になっています。これに関してTwitterでも盛り上がっています。 
 
css3- text-layout(W3C)におけるウェブ縦書き議論の現場報告
 
そこで、日本語文書の縦書きレイアウトに関連してどのような要求があるのかを大雑把に整理してみました。
CSS Text Layout Module Level 3(W3C)におけるウェブ縦書き議論
 
縦書きは文字を上から下への方向に書き進めるのですが、それに関連して、本の綴じ方から始まって、リーダの見開き表示、ヘッダ・フッタ・脚注のレイアウト、など多様なページレイアウトが絡みます。これを整合性を保って処理できるように仕様を決める必要があります。
 
レイアウト指定の国際化は、XSL-FOでは一足先にほぼ解決済みの課題なのですが、CSSの国際化は著しく遅れています。できるだけ早期の仕様確定が望まれます。


7月8日(木)~10日デジタルパブリッシングフェアに出展します。

アンテナハウス株式会社は、(株)エクスイズム社、(株)デジタルコミュニケーションズ社と共同で7月8日(木)から7月10日(土)まで開催される「第14回デジタルパブリッシングフェア」に出展いたします。
 
今回の「デジタルパブリッシングフェア」は電子書籍に関するソリューションが集結します。
 
アンテナハウスは、これまで好評いただいているPDF生成や編集するツールなど弊社製品の他、電子書籍に対応したソリューションもご紹介いたします。
 
新製品のデビューもひとつ予定しています。
 
ご来場の際は、下記お問い合せ先へご連絡いただければ無償の招待券をお送りいたします。
○開催概要
1.開催日時
* 2010年7月8日(木)~2010年7月10日 10:00~18:00
2.開催場所
* 東京ビッグサイト 西ホール
3.「デジタルパブリッシングフェア」詳細
* http://www.digi-fair.jp/
4.お問い合わせ先
アンテナハウス株式会社 東京本社 システム営業グループ
  電話:03-5829-9021
  mail:sis@antenna.co.jp
5.詳細Webページ


ePub 2.1 への課題と方向性(IDPF)

ePub 2.1 WGの課題
○現在の課題
1.Videoなどのリッチメディア、対話性のサポートが必要
2.グローバル言語の高度なサポート。CJKに特に関心あり。
3.高度な記事のサポート。雑誌業界のPRISM標準をePub配信するワークフロー
4.高度なメタデータの必要性
5.ページレベルのレイアウト伝達と1刊行物で多種類の表示サイズの必要性
6.高度なナビゲーション・サポートの必要性
7.広く使われているWeb標準との整合不十分。モダンブラウザとの整合性を改善
8.注釈のサポート、読んでいる位置、しおり、注釈を蓄積・交換する標準
9.数式をサポートしていない
10.書物特有の意味のサポートがない。用語集、覚え書きの参照、先進的相互参照システム
11.アクセシビリティ・サポート
12.業界特有の拡張を追加する機構
13.承認済みの国家的、国際的規格との明確な関係
14.広告を含める機構
ePubの課題追跡データベース
○予備的な解
1.HTML5の採用
2.ページ単位のレイアウトと複数の表示領域サイズは出版社、ベンダ、エンドユーザの競合調整
3.拡張機構の改善
 
○WGの期間
1.2011年5月まで
・2010年9月までに最初の草稿
・2010年12月までにパブリック草稿
・2011年1月までに標準草稿
・2011年5月までに最終勧告
2.WGの成果物はIDPF会員向けWebサイトで入手可能


Pages: 1 2 Next