月別アーカイブ: 2010年3月

文書ビューアとしてのKindle DX

アマゾンのKindle DX(以下、Kindle)を買いました。日本語のPDFが表示できると聞いていたので、実際のところどうなのかと、少し試してみました。もう、既にいろんなレポートがWebにあがっていると思いますので、いまさら、という感もありますが、以下は簡単な試用記です。
KindleにPDFを送るのは簡単です。
PCとKindleをUSBで接続します。KindleにPCの外部ドライブ番号が割り当てられます。
そのドライブのdocumentフォルダに送りたいPDFファイルをコピーします。この際、自分で独自のフォルダ名を作って良いようです。Kindleはすべてのフォルダの中のファイルを検索してHOMEメニューに一覧で出しているようです。
201003291.PNG
○自分用にTestDocumentフォルダを作成
 
201003292.PNG
○TestDocumentフォルダの中にPDFをコピー
試しに、日本語ファイル名のPDFも用意してコピーしてみました。KindleのHOMEメニュー画面上では日本語は正しく表示できませんが、ファイルを選択して内容を画面に表示することはできます。
日本語を含むPDFはフォントを埋め込んでいれば正しく表示できます。 
DSCF0095.JPG
○Antenna House PDFのプレゼン(パワーポイント)をPDFにして表示したところ。PDFはAntenna House PDF Driver V3.1で作成。
 
PDFにフォントを埋め込まないで作成すると、次の写真のように日本語の部分が表示されません。
DSCF0096.JPG
○Antenna House PDFのプレゼン(パワーポイント)をPDFにして表示したところ。PDFはAntenna House PDF Driver V3.1でフォント埋め込みなしの設定で作成。
 
気がついたことを簡単にまとめておきます。
1.パワーポイントのスライドをPDFにしたものであれば、Kindleで十分読むことができます。
2.本文文字にMS明朝10.5ptを指定したA4の文書は、Kindleで読むことができますが、文字の線が細くなってしまって少し弱い感じがします。もう少し大きな文字で文書を作成すると読むことができます。
3.Kindleの電子ブック用のファイル形式の文書は、文字の大きさを変更して画面に再描画できます。しかし、Kindleの画面上で、PDFを拡大・縮小・スクロールはできないので最初から適切な文字の大きさでPDFを作成しておく必要があります。
 
大雑把に言って、もし厚い書類をもって出張に行くような必要があるなら、文書をPDF化してKindleにコピーして持っていくことで、十分便利に使えそうです。
 
【ご参考】
コンピュータによるテキスト表記とPDFのフォント埋め込みについて


第26回株主総会を開催。貸借対照表を公開しました。

アンテナハウスは、3月23日第26回定時株主総会を開催し、第26期決算を承認しました。
会社法の定めにより、次の箇所に貸借対象表を公開しました。
 
http://www.antenna.co.jp/Company/
 
第26期(2009年1月~12月)は2008年に引き続き厳しい経営環境でしたが、若干の税引き後利益を計上することができました。これはひとえに多くのお客様のお陰と感謝しています。2010年度は、日本の景気は少し良くなりつつあるように思いますが、なんとかして成長を期したいと考えています。今後とも、なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。


「瞬簡PDF to Image」を発売

弊社では、本日より、「瞬簡PDF to Image」を発売します。本製品は、、簡単な操作でPDFを様々な形式の画像ファイルに変換する、アンテナハウス「瞬簡PDF」ファミリーの新製品です。
 
PDFを画像化することで、サイズが軽くなる、専用ソフトがなくても見られる、サムネイルを作成してブログに貼り付けられる、内容が改変しにくくなる、などさまざまなメリットが得られます。
 
また、本製品は「瞬簡PDF3」と同じ操作性を実現していますので、「瞬簡PDF3」をお使いいただいているユーザー様には、安心してご利用いただけます。
 
主な機能:
* 変換したいPDFファイルをエクスプローラ上で選択し、画面上にドラッグ&ドロップして変換ボタンをクリックするだけ。複数のPDFもまとめて選択できます。
* 画像形式はBMP、JPEG、JPEG2000、PNG、TIFF、GIF、EMFから指定できます。
* 変換時には画像の大きさ、解像度、ページ範囲の指定ができます。
* 各画像形式ごとに減色、圧縮方法、インターレース(JPEG、GIF、PNGの場合)などを指定できるので、お好みの画像にできます。
* 複数ページのPDFを1つのファイル(マルチTIFF)に変換することもできます。
 
本製品は本製品は、お求めやすい価格で、ダウンロード版のみご提供となります。
○標準価格: 2,480円(税込)
○ご購入はこちら: https://web.antenna.co.jp/shop/html/products/detail.php?product_id=147
○製品の詳細はこちら: http://www.antenna.co.jp/SPI/


Antenna House PDF Viewer SDK V3.0α評価版提供開始

アンテナハウスでは独自のPDF Viewerの開発を進めています。「アドビのリーダが無償で配布されているにも関わらず、なぜ、独自のPDF Viewerが必要か」ということは以前にWebでもご案内致しました。
○PDF Viewer SDK の意義について
http://www.antenna.co.jp/PDF/reference/WhyPDFViewer.htm
PDF Viewerは自社製品に組み込むと同時にSDKとして、ソフトウェア開発会社、ハードウェア・メーカ等に提供しています。
 
現在、PDF Viewerの強化を進めており、SDK V3.0の開発を行っています。SDK V3.0ではPDFを単に表示するだけではなくて、もっとスムーズに表示したり、編集機能もSDKとして提供して、様々なアプリケーションに組み込んでいただこうと考えています。
20100315.PNG
 
PDFViewerAPIは最も低レベルなAPIでC/C++専用です。単純な機能しかありませんのでアプリケーション作成は簡単ではありませんが、他のビューアと比較して機能が豊富で、自由度が高く、様々なアプリケーションの開発にお使いいただくことができます。
 
一方、PDFViewerCtrlはPDFViewerAPIを使用して作られた高レベルAPIのコントロールでたくさんの機能を簡単に扱うことができます。COMと.NETのコントロールを追加しています。
 
PDF Viewer SDK V3.0は、現在、α版の段階ですが、早い時期からお客様のご意見・ご要望をお伺いして機能に盛り込みたいと考えてα版を提供開始することに致しました。
お問い合わせは弊社OEM営業グループまでどうぞ。
○お問い合わせ先
http://www.antenna.co.jp/OEM/inquiry.html


Flash の未来は暗い?

最近、HTML5の開発が進むのに伴いFlashの未来が暗いのではないかという意見がWebでちょくちょく見られます。
例えば、「IE9はHTML5を強力サポート」のうわさ Flashの未来は暗い?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/08/news039.html
 
HTML5では、動画がサポートされるのでブラウザがそれを実装すればFlashはいらなくなるということのようです。
 
最近、サーバベース・コンバータで、OfficeやPDFからFlashのSWF形式への変換・出力をサポートした弊社としてはFlashが廃れることになってしまうと、少しばかり残念です。アップルのスティーブ・ジョブスがFlashをいろいろなところでこき下ろしているのは周知のことで、iPhoneやiPADなどはFlashをサポートしそうもありません。
唯一の期待は、Googleのアンドロイド系といったところで少しばかり心細く、Flashの未来はどうなるのかと心配なこの頃です。


「XSL-FO指南」冊子版がセットになりました

DITA Festaの発表で、自動組版が難しいポイントとして指摘する報告が目に付いたということは、先日報告しましたが、その原因の一つにXSL-FOについての理解が進んでいないことがあるように思います。
 
これについて、良い教科書の一つとして、「XSL-FO指南」があります。XSL-FO指南はこれまでPDFをCD-Rに収録する形で販売していましたが、この度、簡易印刷版の冊子ができて、これを添付することになりました。
○簡易印刷版の写真
DSCF0093.JPG
 
○「XSL-FO指南」の概要
◆(有)イー・エイド 藤島雅宏編著・アンテナハウス(株)協力
 定価10,500 円(税込み) A4 版300 ページ・CD 版+冊子版 
 
○申し込み先
ご購入については、以下よりお問い合わせ下さい。
http://www.exism.co.jp/contact/form/forminq.html
※ご購入済みの方で、冊子版をご希望の場合は、株)エクスイズムにご相談ください。


TextPorter V5のご案内

3月8日より、さまざまなアプリケーションからテキストを抽出するライブラリーの新バージョン「TextPorter V5」を出荷開始しました。
 
○新バージョンでの主な改訂内容は次の通りです。
(1)次の新しいファイル形式をサポート
・AutoCAD 2007/2008/2009
・OpenOffice.org 3.1
・一太郎2008/2009/2010
(2)改訂された機能
・Office 2007のOLEの大幅強化
・Word/Word 2007のマクロボタン対応
・V5 APIの改訂
・WindowsのUnicodeファイル名対応APIの追加
・インターフェースの改訂
 
○バージョンアップについて 
V4.2保守期間中のお客様はV5に無償で移行していただくことができます。但し、保守期間の終了は、現在(V4.2)の保守期間と同じとなります。
 
○詳細情報
Webページ
変更内容の詳細(PDF)


「書けまっせ!!PDF」4.3版への無償バージョンアップとPlus版パッケージの発売

「書けまっせ!!PDF」は3日より4.3版になりました。
ダウンロードによる販売は、既に、4.3になっていますが、パッケージは今週(9日)から4.3版を出荷します。また、「書けまっせ!!PDF4」の既存のお客様向けには4.3に無償でバージョンアップしていただくためのアップデータを公開しました。
  
今回のバージョンアップの内容はプロフェッショナルPlusで「オブジェクトの属性」をオブジェクトを入力開始する前に設定できるように変更したことに伴い、スタンダード版、プロフェッショナル版についても操作性を統一したものです。この他、若干の不具合の改訂を行っています。
 
また、プロフェッショナルPlusは、従来、ダウンロード販売のみでしたが、お客様よりパッケージ版の要望を多くいただきました。そこで、9日より「書けまっせ!!PDF4プロフェッショナルPlus」についてもパッケージ版を用意いたしました。
詳細はこちらからどうぞ。
アップデータ(改訂版へのアップデート)のご案内


DITA Festa 2010 二日目 続き

DITA Festa 2010 二日目の続きですが、「ケーススタディから見るローカリゼーションの課題とその解決案」というタイトルで、コンテンツローカリゼーション部会の成果発表がありました。DITAを使うことで翻訳作業そのもの(翻訳や校正)や翻訳そのものの費用が減るわけではないが、仕事の進め方が変わることがポイントではないかと思いました。つまり、DITA化の前は、翻訳者(翻訳ベンダ)と発注者の間では校正用のPDFを制作してやり取りしていたものを、翻訳ベンダと発注者間をXMLデータでやり取りして最終のPDFを発注者の社内で自動組版で作成するようになるという図式です。
 
問題は、DTPの代わりに自動組版を使うことでレイアウトの微妙な調整ができなくなると言う点にあるという指摘がありましたが、実は、この問題は今回のDITA Festaの発表中で複数の発表者が困難として指摘していたことです。自動組版ソフトのベンダとしては、この課題への挑戦が必要です。
 
最後は、DITA普及マーケティング部会です。
(1)DITAを採用した会社のケーススタディの収集としての横河電機へのインタビューの報告
(2)DITAプレーヤの紹介をするWebページの開設の説明
(3)「DITA概説書」の翻訳作業の紹介。DITA概説書自体は原文(英文)がDITAで記述されているものですが、これを、DITAのままで翻訳し、自動組版により書籍化しています。書籍の出版プロセスに自動組版を導入することで、出版までの日数の大幅な短縮が可能になったという説明がありました。
 
「DITA概説書」の中にも書かれていますが、書籍の原稿をDITAからPDF化するのに、AH Formatterが使われました。
AH Formatterのページ


Pages: 1 2 Next