月別アーカイブ: 2008年12月

皆さま 良いお年をお過ごしください。 

いよいよ、今年最後の日になりました。
今年は世界経済が歴史的な激動の年になり、大変な思いを味わっておられる方も多いと思います。
そういった中で、年末を迎えることができ、無事年を越せることに感謝したいと思います。
皆様方には、年間お世話になりました。良いお年をお過ごしください。
また、来年が良い年になりますよう。

ところで、アンテナハウスのGoogleのページランクがいきなり7になりました。
20081231.PNG
Googleからの年末のプレゼントでしょうか?


Vector 2008年売上上位100製品キャンペーン「書けまっせ!!PDF」

オンライン・ソフトのダウンロード販売サイト Vectorは、12月19日より「2008年売上金額ランキング上位100本を全品特価」キャンペーンを行なっています。
http://shop.vector.co.jp/service/special/best100/
アンテナハウス製品では、「書けまっせ!!PDF」が41位に入り、5%OFFのキャンペーンに協力しています。
http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/kakemassepdf/
まだお持ちでない方は、ぜひ、この機会にご購入をご検討いただけばと思います。


AH Formatter V5 CSSによる文書レイアウト指定セミナー 2009年2月 広島、福岡で開催

「CSSによる文書レイアウト指定セミナー」の新しい日程表を作成しました。
1月20日(火曜日)に東京・八重洲で第2回目を開催。
2月12日(木曜日)に広島、同13日(金曜日)に福岡で開催します。
詳しい内容は、セミナー案内ページをご参照ください。
HTML/XML文書を高品質PDFに出力するために
「CSSによる文書レイアウト指定セミナー」
付録:WordによるDITA編集とPDF化のご紹介

セミナーにご参加いただいた方の特典として、冊子「CSSによるページデザイン入門」を差し上げます。
ぜひ、この機会にCSS3を使ったプリント向けのページデザインがどのようなものか、ご覧になって頂きたいと思います。
AH Formatter V5のページ


CSSによるページレイアウト

今週は、8日東京、11日名古屋、12日大阪の3箇所で「CSSによる文書レイアウト指定セミナー」を開催しました。
来年新しく発売予定の「AH Formatter V5」の事前PRとして、新バージョンの目玉機能であるCSS3を使ったページデザインについて紹介することが目的です。セミナーには東京、名古屋、大阪の合計80名強の方のご参加をいただきました。
CSS3のページレイアウトの実例として、セミナーで配布しました資料の正誤表をCSS3を使って、A4横の用紙にでるようにCSSを変えてみました。
AH Formatter V5は、Webページをページ媒体用に可視化することもできますので、β版でお試しになっていただけると良いと思います。
1.AH FormatterのWebページを開きます。
200812131.PNG
2.AH Formatterを起動して、正誤表のURLをAH Formatterにドラッグ&ドロップします。
200812132.PNG
3.そうしますと次の画面のように正誤表がA4横の用紙を使って表示されます。
200812133.PNG
スタイルシートは次のようになっています。
(1)Landscaleという名前付きのページで、A4横のサイズを指定します。
@page Landscape {
size: A4 landscape;
margin-top: 0;
margin-bottom: 0
}
(2)landscapeクラスに名前付きページ:Landscapeを適用します。
.landscape {
page: Landscape;
}
正誤表のHTMLでは、body要素にclass=”landscape”を指定していますので、A4横の用紙設定となります。なおFireFoxなどのブラウザでは、まだ、まだこの機能は実装されていませんので、ブラウザでは使用できません。


Antenna House Formatter V5 β版の配布を開始

昨夜より、Antenna House Formatter V5 β版の配布を開始しました。β版はこちらからダウンロードしていただくことができます。
AH Formatter V5.0
AH Formatterの発売は2009年2月を予定しています。発売まであと約2ヶ月強ということで、いよいよ最後の追い込みです。
今度のバージョンから、XSL-FOに加えてCSSもサポートしますが、CSSの魅力はなんといっても、直感的でわかり易いというここと、それとWebページのデザインに普及しており、既に利用者が多いこと。
CSS3の@ページの機能強化でページ媒体のデザインにも利用可能になると、CSSの新しい用途が広がることになるだろうと思います。
CSSによるページ媒体向けのデザインの普及のために「CSSによるページデザイン入門」という冊子を作りました。この冊子を使ってのセミナーを随時開催します。
「CSSによる文書レイアウト指定セミナー」
CSSをページ媒体向けのデザインに使ってみようとお考えの方は、ぜひ、セミナーに参加してみてください。


PDF Driver V4 Professional, PDF Tool V3 を発売

12月4日より、PDF Driver V4 ProfessionalとPDF Tool V3 を出荷開始します。
■PDF Dirver
PDF Driver V4 Professionalは、64ビットWindows用のドライバと32ビットWindows用のドライバを同梱して、32ビット/64ビット両方に対応しました。また、長期保存PDFの標準PDF/A-1b、ISO 32000-1に対応するなど標準準拠のPDFを必要とする官公庁・企業・団体等向けのバージョンとなります。
従来のPDF Driver 3.2につきましては、普及版として継続販売を致します。
○価格(例)
・Antenna House PDF Driver V4.0 Professional CD-ROM版5ライセンス 16,800円(税込み標準価格)
・Antenna House PDF Driver V3.2 CD-ROM版5ライセンス 9,450円(税込み標準価格)
○詳細情報
 http://www.antenna.co.jp/pdv/
■PDF Tool V3
PDF Toolは、V2.6を2007年5月に発売しましたが、それ以来のバージョンアップになります。
・今回のバージョンは、旧バージョンのAPIの使いにくさを解消するため、新設計APIに一新しました。
 このため旧バージョンのAPIとは互換性がありません。
・また、自社製品での利用、OEMのお客様などから、様々な機能追加の要望がありました。このようなご要望に応えて機能を追加実装してきましたが、こうした追加機能を汎用製品のAPIとして反映しています。
次のような機能追加を行なっています。
* テキスト透かし挿入
* ファイル添付機能
* ページ(ページオブジェクト)の編集機能
* 空白ページの挿入
* 指定ページの矩形領域へ文字列を出力
* 矩形領域の塗り潰し
* 指定ページの削除
* 用紙サイズの変更、回転
* 画像透かし
* しおりの宛先としてaction(外部PDF、ファイル、WEB)の設定が可能
* 画像のステンシルマスク機能
* 有効期限設定機能
○詳細情報
  http://www.antenna.co.jp/ptl/