カテゴリー別アーカイブ: PDF 電子署名モジュール

「~CAD図面や紙文書、OfficeファイルをPDF化でここまで活用!」 セミナー報告(5)

みなさま、おはようございます。

今日は、ハイレベルな暗号化やセキュリティに関わるお話と提案をさせて頂きます。

アンケートTOP10、8番目に高かったのは、PDFの真正性や証拠性についてでした。年々、各社の興味が高まっているようです。

8)PDFに電子署名・タイムスタンプをつけて真正性・証拠性を高めること

どういうことか、簡単に説明しておきますと、
まず、電子署名でよくある話が、『「電子的な印影をファイルに付与したい」ので電子署名のソフトが欲しい!』というものです。
こうしたとき、多くのお客様のイメージは、印影の画像ファイルを用意して、専用のビューワーから対象ファイルに付与するというもので、実は巷で言われる「PDF電子署名」ではありません。

詳しくは、下記の「PDF電子署名入門」が参考になりますので、ご興味のある方は、ぜひ御一読下さい。

それでは、PDFに電子署名を付与するにはどんな方法があるでしょうか?
大きく分けて、二つの方法があります。

  • 公的な認証機関から発行された電子証明書を用いて電子署名をする場合
  • プライベートな電子証明書を用いて電子署名をする場合

【参考知識】

1.には法務省が運営する商業登記認証局や国に認定を受けた民間企業が運営する認定認証局があります。
証明書発行等のルールを明確にするために証明書発行ポリシーや運用規定を定め
て、公開しています。

2.上記とは異なり、必ずしも証明書発行ポリシーや運用規定を公開せずに認証局を運営している場合があります。
例)特定の相手とのやり取りで利用されるもの。

★では「PDF電子署名」の説明をします。
PDF電子署名とはPDFには電子署名やタイムスタンプをつけることができます。
電子署名・タイムスタンプはPDFの内部に埋め込まれますので、電子署名・タイムスタンプをつけた結果もPDFであり、Adobe Readerなどで表示し、署名の妥当性を検証することができます。
本製品のPDF電子署名は、PDFの国際標準「ISO 32000-1:2008 Document management
— Portable document format — Part 1: PDF 1.7」(ISO 32000-1)」に規定されている電子署名の仕様のサブセットとなります。
これらのことから判るように、「PDF電子署名」は確立された技術である事が判ります。
PDFに電子署名とタイムスタンプを付けると、何ができるのかは、「PDFに電子署名とタイムスタンプを付けると」lに掲載されています。
【事例】
国立情報学研究所様でご利用されているPDF暗号化・DRMの事例が公開しています。
http://www.antenna.co.jp/psg/psg_file/psg_case001.pdf
詳しくは
PDF電子署名モジュール 製品ページ
をご覧頂くか、
sis@antenna.co.jp
に直接ご連絡下さい。


PDF 電子署名モジュールV1.3をリリースしました

本日より、PDF 電子署名モジュールV1.3をリリースしました。
新バージョンでは次のような機能が強化されました。
* RSA-SHA2 署名に対応しました。
* 専用プラグインのクライアント署名機能と連携してサーバで署名済みPDF生成ができるようになりました。
* 証明書の拡張部情報(別名情報)の取得が可能になりました。
* 検証機能を追加し、証明書等のバイナリ取得が可能になりました。
* LDAPを使ったCRL検証を行わない設定を追加しました。
* 署名時のエラーを細分化しました。
本製品は約2年半ぶりのマイナーバージョンアップです。普通は、2年半経てば、メジャー・バージョンアップなんですが、電子署名に限ってはニッチな製品なのでなかなか大規模なバージョンアップとはいかず時間がかかります。
○ニュース・リリース
アンテナハウス PDF 電子署名モジュール V1.3 3月30日出荷開始
○製品ページ
アンテナハウス PDF 電子署名モジュール V1.3


「PDF電子署名モジュールV1.2MR4」をリリースしました

「PDF電子署名モジュールV1.2MR4」を本日よりリリースしました。
MR4では、次の機能強化を行っています。
 
1. Java I/F を高速化しました。
2. C++ I/F に VS2005対応版を追加しました。
 
修正内容Web
製品Webページ


PDF電子署名、PDF長期署名

PDFの長期署名が今年あたりISOの仕様に決まりそうです。
調べていたら、ラング・エッジの宮地氏のブログにかなり詳しい情報はありました。
http://www.langedge.jp/blog/
2009/11/21
2009/12/03
2009/12/04
最近は、PDF電子署名モジュールもだんだん利用者が増えています。
でも、ブレークとは言いがたい。
長期署名になったらブレークするかな?


「PDF電子署名モジュールV1.2MR3」をリリースしました

本日より、「PDF電子署名モジュールV1.2MR3」をリリースしました。
 
MR3より署名証明書(タイムスタンプ証明書)の名前情報取得APIを追加。署名に使われている証明書についての情報を取得できるようになりました。
 
詳しい改訂内容
製品Webページ


PDF 電子署名モジュールV1.2を発売します。

アンテナハウスは、今月末(29日)に、「PDF 電子署名モジュールV1.2」を発売します。
V1.2では、次の機能を追加しました。
(1) PDFの仕様が国際標準「ISO 32000-1:2008 Document management — Portable document format — Part 1: PDF 1.7」(ISO 32000-1)として出版されました。そこで、ISO 32000-1に適合するPDF電子署名を作成するように本製品の仕様を調整しました。
(2) PDFには、通常の署名の他に、MDP署名(証明用署名)という特別な署名の仕様が規定されています。V1.2よりMDP署名の付与を可能としました。
(3) オンライン証明書状態プロトコル(OCSP)レスポンダによる証明書失効確認を可能としました。日本では法務省の商業登記に基づく電子証明書はOCSPで失効確認を行なう必要があります。
(4) PFX/PKCS#12ファイルを指定して、署名に使えるようにしました。従来は、署名用証明書がWindows証明書ストアに入っていることを前提としていたため、署名者はWindowsにログインすることが必要でした。PFX/PKCS#12ファイルを指定するとWindowsにログインする必要がなくなりますので、署名機能をWebサーバ・アプリケーションなどでお使いいただけます。
(5) 設定ファイルを直接指定して読む込む機能を追加しました。これにより、サーバ上で様々な署名設定を使い分けができるようになりました。
(6) Acrobat 9/Adobe Reader 9が発売されたのに伴い、Acrobat 9/Adobe Reader 9との相互運用性について確認しました。
なかなか、濃い機能の追加です。
「PDF電子署名モジュール」は、日本語版と英語版をリリースしますが、PDF電子署名のツールで、ここまで濃い機能を実装している製品は世界的に見ても少ないと思います。
PDF電子署名ツールの「グローバル・ニッチ・トップ」の地位を目指して頑張りたいと思います。
○PDF電子署名モジュールV1.2
 http://www.antenna.co.jp/psg/
ご参考のため電子署名とPDF電子署名の入門的解説を作成しました。
○PDF電子署名入門
 http://www.antenna.co.jp/PDF/reference/PDFSingature.html
実際のところ、上の文書の中で、電子署名の部分は、ほとんど全てラング・エッジの宮地さんに教えてもらったようなものです。


Pages: Prev 1 2