カテゴリー別アーカイブ: PDF Driver/Tool

『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)をブラウザから呼び出して利用するデモ (2)

『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)は、PDFファイルの情報取得やPDFファイルの加工・編集を行うライブラリです。
PDFに関するさまざまな処理機能を搭載しています。
文書情報やページ数などの情報取得、ページの挿入や削除、透かしの挿入、セキュリティ設定などのファイル加工、ページコンテンツのテキストや画像の削除、画像の最適化(ダウンサンプリング)といったページ編集処理が可能です。

2018年 5月 9日から 3日間の日程で開催される「第 27 回ソフトウェア&アプリ開発展」(通称 SODEC ) にアンテナハウスは今年も出展致します。
この中で、『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)をブラウザから呼び出して利用するデモを展示しております。
サーバ側には、サーブレット・コンテナ(Tomcat)、PDF Tool API の Linux(64bit)版一式をインストールしてあります。
クライアント側は、ブラウザとなります。

処理モード

テキスト取得、テキスト追加、イメージ追加、墨消し追加の4つのモードから選択できます。
マウスをドラッグして、矩形を設定します。処理モード応じた領域が画面上に追加されます。
追加された領域は、拡大・縮小や移動が可能です。
追加された領域は、フォーカスを与えると、ツールバーが表示されます。ツールバーを使って設定が変更できます。

テキスト追加

テキスト追加で配置した領域は、テキスト、注釈、透かしとして設定できます。
配置した領域にフォーカスを設定すると、ツールバーが表示されます。このツールバーの左から2番目のコンボボックスで変更します。
設定画面のスクリーンショットと、設定を反映したPDFのスクリーンショットです。

  • テキストとして設定

    pdftoolt11PDF Tool API PtlParamWriteString, PtlContent.writeString を使用します。

    保存したPDFのプレビュー

    pdftoolt12

  • 注釈として設定

    pdftoolt21PDF Tool API PtlAnnotText, PtlAnnotPopup, PtlAnnots.append を使用します。

    保存したPDFのプレビュー

    pdftoolt22

  • 透かしとして設定

    pdftoolt31
    PDF Tool API PtlParamWaterMarkText, PtlPDFDocument.appendWaterMark を使用します。

    保存したPDFのプレビュー

    pdftoolt32

イメージ追加

イメージ追加で配置した領域は、イメージ、注釈、透かしとして設定できます。
配置した領域にフォーカスを設定すると、ツールバーが表示されます。このツールバーの左から2番目のコンボボックスで変更します。
設定画面のスクリーンショットと、設定を反映したPDFのスクリーンショットです。

  • イメージとして設定

    pdftooli11
    PDF Tool API PtlParamDrawImage, PtlContent.drawImage を使用します。

    保存したPDFのプレビュー

    pdftooli12

  • 注釈として設定

    pdftooli21

    PDF Tool API PtlParamDrawImage, PtlAnnotStamp, PtlAnnots.append を使用します。

    保存したPDFのプレビュー

    pdftooli22

  • 透かしとして設定

    pdftooli31
    PDF Tool API PtlParamWaterMarkImage, PtlPDFDocument.appendWaterMark を使用します。

    保存したPDFのプレビュー

    pdftooli32

製品に関するご質問は
sis@antenna.co.jp(SYSTEM担当)
または
oem@antenna.co.jp(OEM担当)
まで、お気軽にお問い合わせください。

評価版のお申込
評価版のお申込ページ

Webページ
http://www.antenna.co.jp/ptl/


『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)をブラウザから呼び出して利用するデモ (1)

『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)は、PDFファイルの情報取得やPDFファイルの加工・編集を行うライブラリです。PDFに関するさまざまな処理機能を搭載しています。
文書情報やページ数などの情報取得、ページの挿入や削除、透かしの挿入、セキュリティ設定などのファイル加工、ページコンテンツのテキストや画像の削除、画像の最適化(ダウンサンプリング)といったページ編集処理が可能です。

2018年 5月 9日から 3日間の日程で開催される「第 27 回ソフトウェア&アプリ開発展」(通称 SODEC ) にアンテナハウスは今年も出展致します。
この中で、『Antenna House PDF Tool API』(PDF Tool API)をブラウザから呼び出して利用するデモを展示しております。
サーバ側には、サーブレット・コンテナ(Tomcat)、PDF Tool API の Linux(64bit)版一式をインストールしてあります。
クライアント側は、ブラウザとなります。

トップ画面

pdftool

サイドバー

  • [PDFを選択]

    PDFファイルをサーバへアップロードした後、ページの内容を表示します。

  • [out] [in]

    表示倍率を変更します。

  • [prev] [next]

    表示ページを変更します。

  • 処理モード

    テキスト取得、テキスト追加、イメージ追加、墨消し追加の4つのモードから選択できます。

  • [PDFを保存]

    アップロードしたPDFと、編集内容から、PDF Tool API を使用して、新しくPDFを生成します。生成後にPDFのダウンロードとなります。

処理モード

テキスト取得、テキスト追加、イメージ追加、墨消し追加の4つのモードから選択できます。
マウスをドラッグして、矩形を設定します。処理モード応じた領域が画面上に追加されます。
追加された領域は、拡大・縮小や移動が可能です。
追加された領域は、フォーカスを与えると、ツールバーが表示されます。ツールバーを使って設定が変更できます。

  • テキスト取得

    選択した矩形内のテキストを取得します。

  • テキスト追加

  • 矩形内にテキストを追加します。
    フォントサイズ、文字色を変更できます。
    領域は、テキスト、注釈、透かしとして設定できます。
  • イメージ追加

  • 矩形内にイメージを追加します。
    イメージファイルとして、BMP、JPG、PNG が選択できます。
    領域は、イメージ、注釈、透かしとして設定できます。
  • 墨消し追加

  • 墨消しを設定した領域は、PDF内から文字データなどが消去され、代わりに塗りつぶしを書き込みます。

使用例

pdftool002

3つの領域を追加しています。上から順番に次のように設定しました。

  • テキスト領域

    テキストとして追加する。フォントサイズは24pt、文字色は赤。

  • イメージ領域

    イメージとして追加する。設定した画像はアンテナハウスのロゴ(PNG)。

  • 墨消し追加

    塗りつぶし色は青。

PDFを保存

PDF Tool API により、アップロードされているPDFと、3つの領域の内容を使って、新しくPDFを生成します。
ダウンロードされた PDF のスクリーンショットです。
文字列「あいうえお」(少しわかりにくいですが)、イメージ「アンテナハウスのロゴ」、「墨消し領域」が反映されています。
墨消しの設定により、領域内にある文字列「じゃがいも」から「好みで」までの文字情報はPDFから削除されます。

pdftool003

製品に関するご質問は
sis@antenna.co.jp(SYSTEM担当)
または
oem@antenna.co.jp(OEM担当)
まで、お気軽にお問い合わせください。

評価版のお申込
評価版のお申込ページ

Webページ
http://www.antenna.co.jp/ptl/


PDF の組み込み用 SDK『Antenna House PDF Viewer SDK V3.5』

弊社では、独自の PDF リーダーの開発に利用できる Windows 向けの SDK を販売しております。

PDF の表示以外にも、印刷用途、指定範囲のテキスト抽出、注釈の操作、ページ操作、画像保存をおこなうことができます。

PDF の画像保存は、Office Server Document Converter というサーバサイドで変換するサーバ用のライブラリがございますが、クライアントアプリケーションで画像化する場合は、PDF Viewer SDK を使用いただいております。

また、PDF 内の特定領域の情報を取得したいといった用途でも利用可能です。

この場合は、PDF Viewer SDK と、PDF Tool API  を組み合わせて実現可能です。
特定領域の座標値を PDF Viewer SDKで取得して、その情報を PDF Tool API に渡して処理します。

弊社では、ご使用になるソリューションによって最適なライブラリ、組み合わせをご提案させていただいております。

PDF の活用に関しては、製品ナビゲータ  を公開しております。
こちらに掲載が無い活用方法などございましたら弊社までお気軽にご相談ください。


「PDF CookBook」と「製品ナビゲータ」

S1 営業グループでは、今年に入り新しい事をいくつか始めております。
そちらをご紹介いたします。

1.「製品ナビゲータ」のご紹介

製品ナビゲータは、今までにいただいた弊社製品、及びその利用方法へのお問い合わせをQ&A 方式で公開しております。特に多いのが、PDF を利用する際のお問い合わせです。PDF に関しては、既に作成するためだけでなく、「既存の PDF を如何に利用するか」がメインテーマとなってきています。弊社では、主に自社製の PDF 関連ライブラリーを多数所有しておりますので、その組み合わせで色々なご要望にお答えできます。
是非、ご一読ください。

2.「PDF CookBook」のご紹介

前項に関連して、PDF の利用方法を料理方法に見立て、様々な問題を具体的に解決するための指南本です。既に第一巻が出版され弊社オンラインショップやアマゾン等で販売されております。
掲載内容は、大きく分けますと「第1章 PDF 文書のページ」「第2章 PDF 文書の本文描画」となっており、それぞれの章で PDF の加工や編集に関する内容を Java プログラムのサンプル付きで説明しております。中身は、プログラマーのみならず、営業や企画担当者でも咀嚼しやすい内容となっております。きっと、エンドユーザ様へのご提案にもお役立ちするものと思っております。
また、2018年 5月 9日から開催される「第 27 回ソフトウェア&アプリ開発展」(通称 SODEC)で弊社ブースへお越しいただきお名刺の交換をしていただければ「PDF CookBook 簡易版」をご提供いたします。

以上です。

今回ご紹介したコンテンツ以外にも、様々なコンテンツを準備しています。
ご期待下さい!


第27回 SODEC へ出展

2018年 5月 9日から開催される「第 27 回ソフトウェア&アプリ開発展」(通称 SODEC ) にアンテナハウスは今年も出展致します。

PDF を作成するだけではなく、今ある PDF の再利用をテーマに PDF Tool API をご紹介いたします。また、PDF 変換などを行う各種システムコンポーネント製品など、企業内のシステム構築のための様々な支援ツールを、システム開発者、システム・インテグレータ向けにご紹介いたします。

また、弊社ブースへお越しいただき、お名刺の交換をさせていただいた方には、『PDF CookBook Vol.1 簡易版』をご提供いたします。

■ ご紹介製品


  • PDF Tool API V5.0

    ページ結合・分割、しおり・注釈編集などの PDF 加工機能を行う API です。
    ブラウザからの呼び出しでの利用方法をデモします。
    http://www.antenna.co.jp/ptl/

  • AH Formatter V6.5

    XSL-FO を忠実に実装し、日本語組版など多くの拡張機能で商品レベルの書籍組版ができます。
    http://www.antenna.co.jp/AHF/

  • PDF Driver V7.5 【New !】

    GDI 型の仮想プリンタドライバと、これを制御する付属 API のセット製品です。
    http://www.antenna.co.jp/pdv/

  • Office Server Document Converter

    Microsoft Office がインストールされていない環境でも、Word/Excel/PowerPoint 等の文書をPDF/SVG/TIFF/JPEG/PNG/TIFF/INX/XPS ファイルへダイレクト 変換するライブラリです。
    http://www.antenna.co.jp/sbc/

  • PDF Server

    画像データや MSOffice 文書から PDF を生成し、イントラネットで配信したり、 各種グループウェアへ自動登録を行うサーバソリューションです。
    http://www.antenna.co.jp/psv/

  • PDF Viewer SDK

    PDF の表示と編集の専用アプリケーション開発用ライブラリです。
    http://www.antenna.co.jp/oem/ViewerSDK/

  • その他

    PDF を Office 文書や XML データに変換、PDF 内の画像を抽出する各種ライブラリをご紹介します。

ご来場される際には、是非とも弊社ブースへお立ち寄りください。

■ 展示会詳細とアンテナハウスブース


「第27回ソフトウェア&アプリ開発展」 http://www.sodec.jp/
会期:2018年5月9日(水)~2018年5月11日(金)
10:00~18:00(11日のみ17:00終了)
場所:東京ビッグサイト
★アンテナハウスブース:東1ホール 東8-31



PDF Tool API サンプル追加しました

こんにちは。

昨日までの暖かさ(というより、暑かった)とうってかわって、今日は肌寒さを感じます。体調管理に気を遣いますね。

本日は、PDF Tool APIの「サンプル集」についてのお知らせです。

「サンプル集」に2種類のサンプルを追加いたしました。

文字列と枠

PDF透かしの挿入

「PDF透かしの挿入」は、PDF Tool APIを使ってプログラムで新規にPDFを作成しそれを透かしとして挿入する、というサンプルになっています。このサンプルでは、新規PDFにテキストとそのテキストの下に線を描画しています。

PDF Tool APIのテキスト透かしでは、テキストを指定することはできますが、そのテキストに下線をつけたり、枠をつけることはできません。

そのようなテキスト+アルファなデータを透かしとして挿入したい、というときに、「PDF透かしの挿入」サンプルがお役に立つと思います。

お試しください。

 


PDF Tool API V5テキスト透かし―一工夫のご紹介

昨日のブログでご紹介しましたように、PDF Tool API V5では、テキスト透かし画像透かしPDF透かし色透かしが使えます。

今日は、最近お客様からサポートにお問い合わせをいただきましたテキスト透かしについてご紹介します。お問い合わせの内容は、テキスト透かしの文字を罫線で囲みたいというものです。

ワープロであれば文字囲みは昔から標準であります。Microsoft Wordでももちろんあります。ですので、文字囲みを付けたいと言う要望はごく自然な要望と言えます。しかし、残念ながらPDF Tool API V5では、テキスト透かしとして、文字囲みテキストを付加するAPIはありません。

一方、本文では、PDFの本文に文字を追記するAPIと、本文に線画を描画するAPIがあります。

そこで次のように少し工夫するとできます。

第1ステップ

1.空のPDFを作成します。
2.空のPDFに透かしとして追記したい文字を記入します。任意の文字列を設定できます。
3.文字列の高さと幅を調べます。
4.線画描画機能で文字列を囲む罫線を追加します。

これにより、透かしとして設定したい内容(罫線で囲った文字列)をもったPDFを作成できます。

第2ステップ

透かし設定対象のPDFの上に、ステップ1で作成したPDFを、PDF透かしとして重ねます。

このように、PDF Tool APIの機能をいくつか組み合わせて使うことで、単独ではできない飾りなども表現できるようになります。

ここでご紹介しました例は、今後、公開サンプルとして追加していく予定ですので、しばらくお待ちください。

本来であれば、文字囲みを直接記入することができるのが便利と思いますが、その辺は今後の課題とさせていただきたいと存じます。

もし、PDF Tool APIでこんなことがしたい! というご希望がございましたら、工夫してみたいと存じますので、サポートでも営業でもぜひお問い合わせください。

なお、PDF Tool APIの評価版には、現在44種類のサンプルが添付されています。
その一部がWebページとしても公開していますのでぜひご覧になってみてください。

参考資料
PDF Tool APIの評価版
サンプルの一覧ご紹介


PDF Tool API V5の透かし機能

先日は、どんなことに使えるかという観点から、PDFの透かしについて紹介しました。
「PDFの透かしってどんなことができる?」

今日は、PDF Tool API V5の透かし機能について紹介します。

PDF Tool API V5では、透かしとして指定した対象をPDFページの本文に挿入したり、削除したりできます。テキスト画像PDFの4種類を透かしに指定できます。4種類の透かし共通の機能は次の通りです。

透かし共通の機能

  1. ページ内の指定した位置に繰り返して配置できる
  2. 透かしを配置するページの範囲を指定できる
  3. Zオーダー(重なりの前後関係)を指定できる
  4. タイリング配置ができる
  5. 不透明度を指定できる
  6. 画面に表示するかどうか指定できる
  7. 印刷するかどうか指定できる

透かしには名前を付けます。そして、指定した名前にあてはまる透かしを削除できます。

テキスト透かし

PDF文書の指定したページに、テキストを透かしとして挿入します。テキストには改行コードも有効です。例えば、フッターにWebページのタイトルとURLを2行に分けてプログラムで埋め込むなどができます。この他、次のことができます。

  1. 透かし文字列を対角線に配置する指定または任意の挿入角度の指定
  2. フォントの大きさ、太字の指定、イタリックの指定、フォント埋め込みの指定
  3. 文字の色を指定
  4. 文字の輪郭線の色
  5. 透かしの透明度の指定

透かしの透明度を使えば、本文内の指定の位置に透明なテキストの挿入もできます

画像・PDFの透かし

任意の画像ファイルを透かしとしてPDF文書のページに挿入します。例えば、会社のロゴやレターヘッドなどの図形を予め、イメージ画像またはPDF文書として用意しておき、これを透かしとして使用できます。

  1. マルチTIFFファイルは透かしにするページを指定できます。
  2. 画像の透かしでは倍率を指定できます。

色透かし

任意のページに指定した色を透かしとして挿入できます。

PDF Tool API V5について

Webページ
PDF Tool API V5.0 機能使用例(サンプル集)

次回:PDF Tool API V5テキスト透かし―一工夫のご紹介


PDFの透かしってどんなことができる?

Wikipediaでは透かし(Watermark)は、光の当て方によって見え方が違う画像や模様のことだそうです。もともと紙の製造の工程から生まれた言葉のようです[1]

広辞苑の説明では、「紙を漉くとき、文字や模様、また異質の材料を入れること」を漉き入れといい、「文字や模様を漉き込んだ紙」である「漉入紙を明るい方にかざすときに見える模様または文字」とされています。

日本で紙の透かしの活用で一番ポピュラーなのがお札の透かしではないでしょうか。日本のお札には複数の透かしを含めていろいろな特殊技術が使われているようですが、この大きな目的は偽造防止(=偽物を作りにくくする、複製しにくくする、オリジナルと複製物を見分け易くする)でしょう。

最近では、デジタルアプリケーションで制作するオフィス文書やPDFの分野でも「透かし」と言う言葉をときどき見かけます。しかし、デジタル文書の透かしは製造工程とは何の関係もないですし、デジタル文書を光にかざすのもちょっと? デジタル文書は簡単に複製できる(=オリジナルと複製物を見分けられない)ことが特徴なので、デジタル文書の偽造を防ぐのは難しい。電子署名は改竄の検出であり偽造防止ではないと考えていました。そうしたところ、仮想通貨の登場によって考えを変えないといけないようです。なんていったって仮想通貨では偽造防止は最大の課題のはずなので、これが解決している(らしい)ということはブロックチェーンを使えば偽造を防ぐことができるかもしれないですね。

こうして考えますと、紙や印刷の透かしと、オフィス文書/PDF文書のようなデジタル文書の透かしでは、あまりにも世界が違いすぎます。こんなに違う世界に同じ言葉を当てはめてしまうと混乱しませんかねぇ。1000年後に紙の透かしなんてほとんど見ない時代になったときにも透かしという言葉が生き残っているんでしょうか? 透かしとはなんぞや? 

前文が長くなりすぎたので、閑話休題、PDFを利用する観点で、PDFの透かしの機能と用途を整理してみました。PDFの透かしは実務的には次のようなことができます。

1. 透かし文字でPDF文書の位置付けを示す
例えば、草稿(Draft)や見本(Sample)などの言葉を、本文の上に薄く重ねて表示する、というのが透かしの利用パターンとして一番ポピュラーそうです。こうした文字を、対角線上(斜めに)にアウトラインのみとか、あるいは薄い文字として本文に重ねて描画するのは、まさに典型的なPDF透かしです。『瞬簡PDF作成8』、『瞬簡PDF編集7』、『PDF Tool API V5』でできます。

1.1 ダイナミックな透かし文字の追記
例えば、PDFで提出された文書に対して、システムが受け付けた日時などのメタデータをフッター領域に追記する、といった使い方もこの範疇でしょう。システムで追記となりますと、プログラムで使う必要があります。『PDF Tool API V5』であれば、日付を透かし用のテキストとして、用いて、プログラムでPDFにテキスト透かしとして設定することで、ダイナミックに変る透かしを追記できます。

2.画面には表示されないけど、印刷すると表示される透かし文字をPDFに埋め込む
ときどき、こうした透かしができるかどうかという質問をいただきます[2]。印刷の抑止目的なんでしょうか? アンテナハウスの『瞬簡PDF編集7』、『瞬簡PDF作成8』、『PDF Tool API V5』を使うと透かし画面には表示されないけど、印刷すると表示される透かしをPDFに埋め込むことができます。

3.画面に表示されるけど、印刷されない透かし文字をPDFに埋め込む
2.の逆です。弊社のお問い合わせ窓口にもこうした質問をいただくことがあります[3]。こういう透かしの用途は想像し難いですが、画面キャプチャの防止目的でしょうか? 『瞬簡PDF編集7』、『瞬簡PDF作成8』、『PDF Tool API V5』でできます。

4.著作権の保護や追跡のため、透明の文字を埋め込む
PDFの中に透かしで透明の文字を入れておくことで、もし万一PDFが想定外の場所の配布されたとき、相手に悟られずに追跡したり、自分が著作権者であることを主張できます。これも『PDF Tool API V5』であればできます。

これは何も透かしではなくても良いような気もしますが(?)

5.ソーシアルDRM
最近、電子書籍の分野でソーシアルDRMという言葉を聞く頻度が増えてきました。これは、PDFのようなデジタルデータを販売または配布する際に、購入者やダウンロードした人の個人IDをデジタルデータに埋め込み、所有者を明示することで、違法なコピーや配布を抑制しようというものです。個人のIDを透かしテキストとして用いて透かしをつけることでソーシアルDRMとして使えるのではないでしょうか。ダウンロード時にダイナミックに透かしを付けるのは1.1項と同じですので『PDF Tool API V5』によって、簡単に実現できます。

なお、ここではテキストを透かしとして使う「テキスト透かし」についてのみ取り上げています。PDFではこの他、画像、PDF文書(のページ)、色などを透かしに使えます。

[1]透かし(Wikipedia)
[2] 作成したPDFを印刷したときに、「複写禁止」などの文字列を強制的にオーバーレイして印字する製品はありますか。また、そのPDFを印刷する環境は不特定で、且つ、PC上で表示する際には、「複写禁止」などの文字列は表示されないようにできますか。
[3]PDFのヘッダー部分に、文字列を挿入して、”挿入した文字列を印刷時は印刷しない” という設定ができる製品はありますか。
[4]『瞬簡PDF作成8』
[5]『瞬簡PDF編集7』
[6]『PDF Tool API V5』

次回PDF Tool API V5の透かし機能


『PDF Driver API V6』、『PDF Driver V6』改訂版20

『PDF Driver API V6』及び、『PDF Driver V6』の改訂版20を公開致しました。
既存のお客様には随時改訂版のご案内をさせて頂きますので、暫くお待ちください。

今回の修正内容は以下の通りです。

今後とも弊社製品を宜しくお願い致します。


Pages: 1 2 3 4 Next