カテゴリー別アーカイブ: EPUB

EPUBで画像の大きさを指定する方法を調べた。

EPUB2.0で画面に表示される画像の大きさを指定する方法を調べてみた。
ちなみにEPUB2.0の仕様をみると
(1)XHTMLのimg要素を使うことができるが、属性としてwidthを使えるかどうかは明記されていない。XHTML1.1と同じであればimgにwidth属性を使えるはずである。
(2)使えるCSSのプロパティリストにはwidthがある。
1.次の4つのケースでデータを作成
ケース1 imgのwidth属性の値としてイメージの大きさを指定する
ケース2 imgの親のdivにwidth属性の値としてイメージの大きさを指定する
ケース3 imgにCSSでイメージの大きさを指定する
ケース4 imgの親のdivにCSSでイメージの大きさを指定する
2.表示結果
ケース1 Adobe Digital Editionsで期待通りの大きさになる。iBooksでは大きさ指定が無視される。
ケース2 Adobe Digital Editionsも、iBooksも共に大きさ指定が無視される。
ケース3 Adobe Digital Editionsで期待通りの大きさになる。iBooksでは大きさ指定が無視される。
ケース4 Adobe Digital Editionsでは大きさ指定が無視される。iBooksでは期待通りの大きさになる。
iBooksについては、次のブログでも類似の実験結果が紹介されている。
http://www.pigsgourdsandwikis.com/2010/05/controlling-image-size-in-ibooks-on.html
iBooksで画像の大きさを指定するには、imgに対してwidthを指定してもだめで、imgの親のdiv要素にCSSを使ってwidthを指定する必要があるということになる。Adobe Digital Editionsやブラウザ(下記の参考を参照)では、img自体のwidth属性やimgにCSSで指定したwidthが有効になるので、iBooksとAdobe Digital Editionsやブラウザの挙動はまったく異なっている。
このようにiBooksが他のReaderやブラウザと互換がないのはとても困る。かなり大きな問題ではないだろうか?将来のバージョンで変更になることを期待したい。
※使用したバージョン
Adobe Digital Editions:1.7.2
iBooks:1.2.1
CSSでのwidthの値は次の4種類を試した。
.a {width:200px;}
.b {width:100pt;}
.c {width:30%;}
.d {width:10em;}
○参考としてInternet Explorer(8.0)とFireFox(3.6.16)でも試してみた。
ケース1 IE、FF共にwidthの値にemで指定したときを除き、画像が期待通りの大きさになる。
ケース2 IE、FF共に大きさ指定が無視される。
ケース3 IE、FF共に画像が期待通りの大きさになる。
ケース4 IE、FF共に大きさ指定が無視される。
つまりブラウザでは、imgに指定したwidth属性もimgにCSSでwidthを指定した場合も両方とも意図通りに表示されるが、divそのものやdivにCSSでwidthを指定しても無視される。
○テストデータ
Case1ファイルをダウンロード
Case2ファイルをダウンロード
Case3ファイルをダウンロード
Case4ファイルをダウンロード


EPUBのフォント埋め込みについてのメモ

EPUBにおけるフォント埋め込みについて少し調べてみましたのでメモとして整理しておきます。
1.@font-face規則とフォント埋め込み
CSSではフォントリソースを指定する@font-faceルールが規定されている。@font-faceルールを使って閲読環境にないフォントリソースを指定しておき、そのフォントリソースをスタイルシートで利用することができる。EPUBではフォントリソースをEPUBファイルに同梱して、そのリソースを@font-faceで指定することでフォント埋め込みを実現している。
2.@font-face仕様の変遷
2.1 CSS2.0
@font-faceはCSS2.0で規定されている。
15.3.1 Font Descriptions and @font-face
2.2 CSS2.1
しかし、@font-face規則はCSS2.1で削除された。CSS2.1は@font-faceをサポートしない。
2.3 CSS3
@font-faceはCSS3で復活する。
CSS3仕様書: 
CSS Fonts Module Level 3
http://www.w3.org/TR/css3-fonts/#font-face-rule
2.3.1 @font-face
@font-face { }
の形式は descriptor: value; のリスト。
font-family:ファミリー名;
src: url(上記ファミリー名フォントのリソースURI);
とするとダウンロード可能なフォントを記述できる。
ダウンロード可能なフォントはそれを参照している文書のみで利用可能とするべき。
ローカルフォントを使いたいとき
src: local(フォントフェース名);
3. EPUBの場合
3.1 EPUB2.0
EPUB2.0 Open Publication Structure (OPS)仕様では@font-faceルールを利用可能としている。次の記述子をサポートする。
・font-family
・font-style
・font-variant
・font-weight
・font-size
・src
3.2 EPUB3.0
http://idpf.org/epub/30/spec/epub30-contentdocs.html#sec-css-fonts
(4月19日現在)
EPUB3.0では、@font-faceルールをCSS3 Fonts に従って使うこととされている。
閲読システムは、最低限、次の記述子をサポートする。
・font-family
・font-style
・font-weight
・src
・unicode-range
4. フォントファイルの難読化
フォントファイルなにも細工しないでEPUBに同梱すると、EPUBはZIP形式なのでZIPを解凍してフォントファイルを取り出すことができてしまう。この防止のため、EPUBのファイル形式を定めるOpen Container Format(OCF)でフォントをそのままでは利用できないようにする難読化の方法が提案されている。
4.1 OCF2.0
Font Embedding for Open Container Format Files
http://idpf.org/epub/20/spec/FontManglingSpec.html
(日本語訳)Open Container Format ファイルへのフォントの埋め込み
http://lost_and_found.lv9.org/FontManglingSpec_ja.html
4.2 OCF3.0
EPUB Open Container Format (OCF) 3.0
「5 Font Obfuscation」の項
http://idpf.org/epub/30/spec/epub30-ocf.html#font-obfuscation
※このメモの内容は、cassupportの日記の(4/19)に書いた内容とおおよそ同じです。
http://d.hatena.ne.jp/cassupport/


EPUB作りにおけるコンテンツとレイアウトを分離することの重要性

EPUBを作る上では、コンテンツとレイアウトを分離することが重要な理由を少し説明します。
1980年代の中ごろにWYSIWYGという技術が登場して、ワープロからDTP(デスクトップ・パブリッシング)までWYSIWYGを実現するソフトが大人気です。
 
最近の若い社員にはWYSIWYGという言葉を知らない人も見受けられますが、WYSIWYGとは、What You See Is What You Getの頭文字を集めた言葉で、その意味するところは「画面で見たとおりにプリントが得られる」ということです。
 
一見、画面が主体のようですが、これは、紙に印刷することを想定して画面上でレイアウトするという方法にもつながります。すなわち、紙をコンピュータの画面上で仮想する、すなわち、画面上で紙のまねをすることです。
 
問題点は紙は用紙の規格がいくつかに決まっており、その用紙に印刷することを予め予想してレイアウトすることになります。つまり、A4に印刷することを想定して、画面上をA4用紙に見立ててレイアウトし、そのレイアウトした状態を保存、印刷することになります。
 
この四半世紀に発展してきた印刷物制作のこのような方法は、読書端末上をつかって読むEPUBのような電子書籍制作ではかなり難しくなります。電子書籍端末の画面の大きさ(縦・横のドット数、その比率)は端末毎にばらばらなのに加えて、EPUBでは、リーダでEPUBを表示した状態で文字の大きさの設定を変更できます。そうなりますと、1行の文字数、画面の行数が変わります。特定の画面サイズを想定したレイアウト結果はめちゃくちゃになってしまいます。
つまり、大きさが固定の紙に対するレイアウトという、従来のやり方が通用しないのです。このようなときには、コンテンツとレイアウトを分離しておいて、レイアウトは出力装置にあわせて自在に切り替える仕組みが有効になります。ということで、コンテンツとレイアウトの分離方法の詳細についてはまた後日。
 
○コンテンツとレイアウトを分離する制作を徹底追及するCAS-UB
http://www.cas-ub.com/


CAS-UB出版プロジェクトを募集しています。

アンテナハウスでは、電子書籍(PDF, EPUB)を編集・制作するWebサービス「クラウド型汎用書籍編集・制作サービス(略称:CAS-UB)」を開発しています。
 
CAS-UBは現在商用化に向けて、機能の充実を図っていますが、このためにCAS-UBを実際に使って書籍を制作していただけるグループを募集しています。実証実験として電子書籍を実際に作っていただきながら、ご意見を伺い、サービス機能の拡充を行なっていきたいと考えています。
 
募集期間は4月から6月までとなっています。この間にご応募いただきましたグループの方には1年間、無償で出版プロジェクトを設定してお使いいただくことができます。
 
関心をお持ちの方は、下記のWebページをご参照の上、弊社までご連絡ください。
なにとぞ、よろしくお願いします。
 
○CAS-UB出版プロジェクト募集の詳細
http://www.cas-ub.com/user/index.html#user2
 


EPUBセミナーのUSTREAM録画

アンテナハウスでは、「クラウド型汎用書籍編集・制作サービス」(CAS-UB)を6月から開始する予定で、鋭意開発を進めております。CAS-UBにつきましては、2月と3月にセミナーを開催してご案内しました。次のセミナーの予定についての問い合わせもいただいていますが、現在、次のセミナーの予定はいまのところ未定となっています。
 
そこで、関心をお持ちの方向けに、UTRSEAMの録画を紹介させていただきます。
 
○3月29日に開催しましたEPUBセミナーのUSTREAM録画はこちらでごご覧いただくことができます。
http://ustre.am/:VecR
 
録画をご覧いただき、なにか、ご質問がございましたらサポートのフォーラムにてお問い合わせいただけると幸いです。
○サポートフォーラムは次になります。
http://groups.google.com/group/cas-support
どうぞ、よろしくお願いします。 


明日、CAS-UBと「EPUB3.0標準化の行方」セミナー開催。USTREAM放映も致します。

明日、3月29日 18時30分より、「EPUB3.0標準化の行方」セミナーは、予定通り開催します。また、前回に続き、UStreamで放映も致します。
ご参加ご希望の方は、次でお申し込み下さい。
☞ 予約申し込み専用ページ
http://www.exism.co.jp/contact/form/seminarinq.html
また、UStreamの放映も行ないますので、遠隔地の方々、ご来場が難しい方々は、UStreamでご覧いただければと思います。
番組登録は次のページでご覧いただくことができます。
☞ 番組アクセスはこちら
http://www.ustream.tv/channel/cas-ub-epub-seminar


epubcafe にEPUBに関する情報が整理されています

本日、総務省ICT利活用サービス創出支援事業「EPUB日本語拡張仕様策定」の一環として準備された、ポータルサイト「epubcafe(イーパブカフェ)」が本日、公開されました。
 
○epubcafe
http://www.epubcafe.jp
 
今回のプロジェクトではEPUB3の様々な出版ジャンルへの応用についての小冊子も作成しています。
  
○ジャンル別ソリューション
http://www.epubcafe.jp/egls/solution
 
このうち、「EPUB交換・変換」:各種フォーマットの位置づけ、交換用、中間フォーマットとしてのEPUB、WORDからの変換はアンテナハウスが担当しています。
EPUB交換・変換報告書 


「美味しいDITAとEPUBの作り方セミナー」は延期

開催一週間前にせまった次のセミナーが延期となりましたのでお知らせします。
 
○DITAコンソーシアムジャパンの主催する「美味しいDITAとEPUBの作り方セミナー」は延期となりました。
 
開催一週間前となりましたが、東北地方太平洋沖地震の影響による社会情勢を鑑みまして、大変残念ではございますが、本セミナーの開催を延期させていたただきますことご案内申し上げます。
 
お申込みいただきました皆様にはご迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます。
 
セミナースタッフでは、今回ご用意いたしました講演内容をUStreamで配信する等の代替案を検討しています。その際にはまたご案内させていただきます。
最後に今回の震災で被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げ、一日も早く復旧
されますようお祈りいたします。
——————–
セミナー情報
——————–
「美味しいDITAとEPUBの作り方セミナー」
● 日時 :2011年3月23日(水)14:00-16:30(13:30受付開始)
● 場所 :「ベルサール飯田橋」 Room1
     東京都千代田区飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋駅前ビル2F
     http://www.bellesalle.co.jp/bs_iidabashi/event/access.html
● 参加費:無料


3月29日に第2回EPUBセミナー「EPUB3.0標準化の行方」を開催します。

来る3月29日(火)にEPUB3の標準化、印刷と電子のハイブリット出版サービスについてのセミナーを開催いたします。
第一部では、3月22日に成果発表会の内容を踏まえて、EPUB3.0の仕様策定最前線の報告をしたいと思います。
第二部では、デモを中心としますが、CAS-UBについては、商用化サービスに向けて開発を行なっていますので、前回とはデモの内容も少し改善されると思います。
○タイトル
「EPUB3の標準化、印刷と電子のハイブリット出版サービスで出版に未来を!」
○内容
タイムテーブル
18:30~ 主催者挨拶
18:40~ EPUB3.0標準化の動向(仮題) (スピーカー 未定)
休憩
19:30~ クラウド型汎用書籍編集・制作サービスの紹介&実演 (アンテナハウス)
20:10~ クラウド型汎用書籍編集・制作サービス
・今後の計画とサービス体系 (アンテナハウス/エクスイズム)
・機能面の拡張と改善計画
・想定しているクラウドサービス利用形態
・これからのロードマップ
20:20~ 出席者質疑応答
~20:30 閉会
○開催日
2011年3月29日(火)
○時間
18時30分~20時30分(21時終了)
○開催場所
市ヶ谷健保会館 F会議室
東京都新宿区市谷仲之町4-39
都営新宿線曙橋駅下車徒歩6分、都営大江戸線牛込柳町駅下車徒歩8分
市ヶ谷健保会館 (円柱形ガラス張りの建物 1Fはレストラン アル・ファーロ)
⇒アクセス
http://www.its-kenpo.or.jp/restaurant/itigaya/index.html
○募集人数
定員70名
○お申し込み
参加ご希望の方は、次の予約申し込み専用ページからお申し込みください。
☞ 予約申し込み専用ページ
http://www.exism.co.jp/contact/form/seminarinq.html
○詳細情報
http://www.cas-ub.com/user/index.html


28日18時30分からEPUB関連セミナーをUstreamで放映します。 

アンテナハウスでは、現在開発中の「クラウド型汎用書籍編集・制作サービス」(CAS-UB)のセミナーを開催します。セミナーはすでに満席でのお申込み受付を終了していますが、ご参加いただけない方、および遠隔地の方向けに、当日は、Ustreamでセミナーの模様を配信いたします。
 
Ustreamの番組は次の通りです。
http://www.ustream.tv/channel/cas-ub-epub-seminar
2月28日18:30よりこのアドレスにアクセスしていただければセミナーの模様をご覧いただくことができます。
 
○セミナーの進行予定は次の通りです。
「 EPUBで未来を開く! 」
EPUB3の全貌、印刷と電子のハイブリット出版サービスで出版に未来を!
・18:30~主催者挨拶      (アンテナハウス代表取締役社長 小林徳滋)
・18:40~EPUBと電子書籍の未来   
       EPUB日本語拡張仕様策定プロジェクトと日本の電子出版の未来展望
       (イースト代表取締役社長  下川和男氏)
休憩
・19:30~クラウド型汎用書籍編集・制作サービスの紹介&実演   (アンテナハウス)
       現在開発中のクラウドサービスを実際に使用します
・20:10~ 今後の計画とサービス体系 
       想定しているクラウドサービス利用形態 これからのロードマップ
・20:20~ 参加者質疑応答
・~20:30 閉会 次回開催のアナウンス


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next