カテゴリー別アーカイブ: AH Formatter

AH Formatter V6.3 のご紹介:見開きページマスタ

AH Formatter V6.3』では、見開きページをひとつの単位と判断できるようになり、2ページにまたがる見開き領域を定義することができるようになりました。タイトルが 2ページにまたがる場合、画像または表の幅が 1ページより広い場合、縁なし背景の画像が 2ページにまたがる場合などに本機能をご使用いただけます。
見開きページマスタ拡張(オンラインマニュアル)

AH Formatter 組版例
– 見開きページにひとつの背景を定義した組版例 –

サンプルページには、
本機能が確認できる「見開きページマスタの設定例」を掲載しております。

『AH Formatter』にご興味のある方は評価版を次のページよりお申し込みいただけます。
AH Formatter 評価版のお申し込み

弊社では検討中のお客様向けに技術相談会を行っております。お気軽にお問い合わせください。
アンテナハウス システム製品技術相談会


AH Formatter V6.3 のご紹介:強化された多言語対応

AH Formatter』は、『AH Formatter V6.2』リリース以降、ビルマ語(ミャンマー語)やシンハラ語のスクリプトに対応し、『AH Formatter V6.3』が対応する言語はいよいよ 70以上になりました。
対応スクリプトと言語(オンラインマニュアル)

AH Formatter 組版例
– シンハラ語とミャンマー語の組版例 –

『AH Formatter』は、Unicode で扱えるほとんどの文字を扱うことができ、サロゲートペアにも対応しています。縦書きや、アラビア語などの右から左への文章も記述でき、これらを混在させた文書も容易に作成することができます。また、ハイフネーション処理や、言語によって異なる約物前後の空白の調整、独自のカウンタスタイルの定義なども自由に行うことができます。『AH Formatter V6.3』は、40言語以上のハイフネーション処理を行うことができます。このため、多国語対応の文書の生成などに最適です。

サンプルページには、
多言語組版機能の見本」を掲載しております。

『AH Formatter』にご興味のある方は評価版を次のページよりお申し込みいただけます。
AH Formatter 評価版のお申し込み

弊社では検討中のお客様向けに技術相談会を行っております。お気軽にお問い合わせください。
アンテナハウス システム製品技術相談会

 


Server Based Converter の活用法

■ Antenna House Formatter と組み合わせた文書配信システム

Server Based Converter は、Microsoft Office 文書だけではなく、PDF からも画像、SVG, Flash といった形式のファイルを生成できます。 企業ユーザ様、特にグローバル企業では、マニュアルを製作するときに、DITA という規格によって XML 文書を作り、それから PDF を生成することが行われています。

DITA 規格の XML 文書から PDF を生成する際に、欧米のグローバル企業からも非常に高い評価を得ている Antenna House Formatter を使います。 こうして出来上がった PDF は、Server Based Converter で、さまざま形式に変換して配信することができます。

PC に配信する場合は、PDF のままで配信できますが、モバイル端末、携帯電話では、PDF が表示できない場合があります。また、PDF が表示できるスマートフォンでも、画像や SVG, Flash といった形式が都合がいい場合があります。その場合、端末の特性、能力に合わせて、画像、SVG、Flash に変換することで、文書を配信するのです。

システムのイメージは、
サーバベース・コンバーター 活用例
にある
携帯電話閲覧用コンバータ
です。

実際に、このように Antenna House Formatter と Server Based Converter を組み合わせて、数多くのPDFを生成し、生成されたPDFから必要な部分を抜き出し、Server Based Converter で変換して、毎日、数千ページものページを、配信するシステムを構築しているお客様がいらっしゃいます。

Antenna House Formatter に関する詳しい情報は、
Antenna House Formatter
をご覧ください。

アンテナハウスでは、DITA に関するサービスやコンサルティングも行っています。詳しくは、
DITA
をご覧ください。

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6 東日本橋藤和ビル5F
アンテナハウス株式会社
◆ご購入に関するお問い合わせ(祝日を除く月~金曜日9:30~18:00)
TEL : 03-5829-9021
FAX : 03-5829-9023
E-mail: sis@antenna.co.jp
URL : http://www.antenna.co.jp/

Server Based Converter は、Microsoft Office, PDF などのファイルを、PDF, Flash, SVG, 各種画像形式にダイレクトに変換する変換エンジンです。 ダイレクト変換の意味は、たとえば、Microsoft Office がない環境でも、ファイルさえあれば、それをダイレクトに内容を見える形式に変換できるのです。ダイレクト変換には、Microsoft Office のライセンスも不要です。
Server Based Converter は、ダイレクト変換というユニークさが評価され、多くのウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで利用されています。

Server Based Converter に関する詳しい情報は、
Server Based Converter
を、ぜひ、ご覧ください。

評価版もご用意しております。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。


AH Formatter V6.3 公開!

アンテナハウス株式会社は、XML/HTML 自動組版ソフトのベストセラー『Antenna House Formatter』をバージョンアップした『Antenna House Formatter V6.3』を 2016年2月4日から出荷開始いたしました。

AH Formatter ロゴ

『AH Formatter』は XML で記述されたマニュアル、契約書、報告書・書籍などを XSL-FO または CSS を使ってレイアウト指定して、PDF に出力したり印刷するソフトウェアです。

XSL-FO は W3C が XML に対するレイアウト指定の標準として勧告している世界標準です。国内外で『AH Formatter』は最も優れた XSL-FO 準拠製品との評価を確立しており、現在、自動車、携帯電話、航空機、OA 機器のメーカ等のマニュアル制作システムなど数千社のお客様にお使いいただいています。

詳しくは製品ページをご覧ください。

AH Formatter フロー

続きを読む


Formatterのエリアツリー

こんにちは。主にAH Formatter を扱っている営業担当です。

Formatter をお使いのお客様やご検討中のお客様から「エリアツリーをうまく利用できないか」という話がたまに出ます。エリアツリーというのは Formatter が組版するときに各オブジェクトを紙(PDF)の上にどのように配置するのかが書かれたファイルの事です。

一部を抜き出すと次のような内容になります。
Formatter エリアツリー00このファイルを見れば特定のオブジェクトがどの位置に、どのくらいの大きさで配置されるかが分かるわけです。

実際にこのファイルを運用されているお客様がいらっしゃいます。

事例1
Formatter エリアツリー01
タブレット端末用のコンテンツを Formatter で組版し、この中にあるボタンのような形状の箇所(水色のブロック)の場所と大きさを取り出して、アプリ開発で利用するというものです。

事例2
Formatter エリアツリー02
Formatter で組版し、表組みの部分(緑色の箇所)だけをトリミングして画像化するというものです。

両方ともエリアツリーを見て、場所と大きさを特定することで実現しています。
Formatter を単に組版エンジンとして使うだけでなく、工夫次第ではこういった利用方法もあるのですね。


DITA-OT プラグイン “PDF5-ML” 解説セミナー

本セミナーで発表したプレゼンテーション資料を公開しました。(2016年1月5日)
実践!PDF5-ML プラグイン(PDF)


DITA インスタンスを PDF 化するためのベースとなるプラグイン “PDF5-ML” の解説を開発者自身が行うセミナーを開催します。


日時:2015/12/22(火) 14:30-16:30
会場:中央区立産業会館 第3集会室 http://www.chuo-sangyo.jp/access/access.html
参加費:無料
募集人員:18名


PDF5-ML” は DITA インスタンスを PDF 化するためのベースとなるプラグインです。今年の8月にGitHub 上でオープンソースとしてリリース(https://github.com/AntennaHouse/pdf5-ml)されました。
プラグイン開発者はこれを使うことで効率的に開発ができ、エンドユーザは開発コストを低減させることができます。

特徴のひとつに徹底した多言語対応があります。
ひとつのトピックファイルに多言語を混在させることができ、各言語毎に適切なフォントを割り当てることができます。 また、表紙を自由にレイアウトする仕組みを持っています。 これらの機能は従来のプラグイン(PDF2)は持っていません。

“PDF5-ML” は本当に使えるのか?と問われれば、答えは “Yes!” です。
今までの豊富な開発実績から得た経験を基に “PDF5-ML” は開発されました。もはや Yahoo! の dita-users group に「プラグイン開発で困っているんだけど」などと質問を投げかける必要はありません。

本セミナーでは開発者自身が PDF5-ML について解説を行い、ご質問にお答えいたします。

申し込みはこちらからお願いします。
http://www.kokuchpro.com/event/6032ae2239b9c5925d2502aca8c69db6/
 
 


組版した結果の文字位置が思い通りにならない―思いもよらない盲点

こんにちは。
AH Formatter』のサポート担当です。

お客様からのお問い合わせで、時々、
「組版した結果の文字位置が思い通りにならない」というのがあります。
詳しい状況をお聞きすると、FO は次のようになっていました。

<fo:block> AH Formatter について </fo:block>
<fo:block> AH Formatter V6.2 は、XSL-FOを使った組版や
CSSを使ったXML/HTMLが使える、組版・印刷ソフトウェアです。 </fo:block>

元々のデータでタイトルや段落中に空白や改行を使って位置を調整していたのでしょうね。
(XSLTスタイルシートでも空白の扱いは難しいですがここでは置いときます)

これをいざ組版してみたらどうなるでしょう。

組版結果

元々あった空白や改行は???

XSL-FO では次のような仕様があるのです。

7.16.7 “linefeed-treatment”
http://www.w3.org/TR/xsl11/#linefeed-treatment
Value: ignore | preserve | treat-as-space | treat-as-zero-width-space | inherit
Initial: treat-as-space
改行コード(U+000A)をどのように扱うかが定義されています。
初期値は “treat-as-space” ですので空白文字として扱われます。

7.16.8 “white-space-treatment”
http://www.w3.org/TR/xsl11/#white-space-treatment
Value: ignore | preserve | ignore-if-before-linefeed | ignore-if-after-linefeed | ignore-if-surrounding-linefeed | inherit
Initial: ignore-if-surrounding-linefeed
これは空白文字(U+0020)の扱いについてです。
初期値は “ignore-if-surrounding-linefeed” です。改行の前後の空白は無視されます。
行の最初と最後の空白は削除されたようになります。

7.16.12 “white-space-collapse”
http://www.w3.org/TR/xsl11/#white-space-collapse
Value: false | true | inherit
Initial: true
これは連続した空白の処理です。
初期値の “true” では、連続した複数の空白文字(U+0020)は一つの空白として扱われます。

まずは、このブロックから見ていきましょう。
<fo:block> AH Formatter について </fo:block>

white-space-collapse=”true” によって「AH Formatter について」の前後にある空白は1つにまとめられます。
次に、white-space-treatment=”ignore-if-surrounding-linefeed” によってその空白も削除されてしまいます。
white-space-collapse=”false” white-space-treatment=”preserve” を指定することで元々あった空白は残ります。

こちらのブロックは改行コードと空白が使われています。
<fo:block> AH Formatter V6.2 は、XSL-FOを使った組版や
CSSを使ったXML/HTMLが使える、組版・印刷ソフトウェアです。 </fo:block>

改行コードを有効にするためには、linefeed-treatment=”preserve” を指定します。

しかしながら、スタイルシートを使った組版はそもそも「コンテンツとレイアウトの分離」というのを
前提に考えることが重要ではないかと思います。
なので、空白文字を使った位置合わせ、というのはあまり望ましくないと感じています。

こうしたお問い合わせは意外と少なくありません。
本日のブログのタイトルは、長年サポートをやっておりますと、
こんな話は基本的なことだろうと思っていたのですが
思い込みは良くないというわたくしへの戒めでございます。

 


『AH Formatter』導入事例、ご意見をお聞かせください。

発売から16年目を迎えました『AH XSL Formatter』では、
これまでにご利用者様の導入事例を紹介する
事例紹介セミナーを開催しています。

今年は 10月15日に開催され、多くの方にご参加いただきました。
過去に開催されたセミナーの資料は、
AH Formatter 導入事例紹介セミナー資料」よりご覧いただけます。

また、ブログでも開催時の様子を紹介した記事がございます。
「AH Formatter 事例紹介セミナー」開催しました。(2014年7月9日の記事)
事例紹介セミナーの検索結果

事例紹介セミナーは今後も随時開催してまいります。
『AH Formatter』の導入事例は常に募集しております。
ご利用者様の声は弊社製品のみならず、業界を盛り上げていきます。
是非ともご紹介、ご協力をいただければ幸いです。

詳細・応募につきましては弊社システム営業グループ(sis@antenna.co.jp)までご連絡ください。

また、導入事例だけでなくご利用者様からの
“これがあれば”、”こんなことができるのか?”など
ご要望、お悩みの点は是非お聞かせください。

私たちも新機能、追加など日々検討していますが、皆様からのご意見が励みになります!
評価版のご利用者からのご意見もお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

『AH Formatter』の評価版は以下のページよりお申し込みいただけます。
AH Formatter V6 評価版のお申し込み

 


AH XSL Formatter が ComponentSource の Top 100 Product Award を受賞しました。

このたび、弊社の『AH XSL Formatter』は、「ComponentSource」が扱う 30,000以上の製品の中からベストセラー商品に贈られる「Bestselling Product Awards for 2014-2015」を受賞しました!

AH XSL Formatter Standard - Top 100 Product Award
Product Awards
AH XSL Formatter Standard – Top 100 Product Award

また、開発元に贈られる「Bestselling Publisher Awards for 2014-2015」も受賞しました。

Antenna House - Top 50 Publisher Award
Publisher Award
Antenna House – Top 50 Publisher Award

今回受賞した『AH XSL Formatter』は、XML 文書を組版するための仕様として W3C で勧告された、「Extensible Stylesheet Language (XSL) Version 1.1」によるレイアウト指定をサポートした自動組版・印刷ソフトウェアです。本製品を使うことで、大量の XML 資産を PDF 化したり、印刷したりすることができます。また、ひとつの XML 文書からスタイルシートを変更するだけで異なるレイアウトの PDF を出力することができます。

『AH Formatter』は、お陰様で販売開始から今月で 16年目を迎えました。
今後とも皆様にご愛顧いただけますよう、開発に取り組んでまいります。

 


明日開催のAH Formatter事例紹介セミナーのご紹介

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、明日10月16日(金)はAH Formatter 事例紹介セミナー開催日です。開催前日ですが、まだまだ参加申し込み可能です。
今回は事例発表の中でも、DITA に関連する2社の事例発表についてご紹介致します。

1社目は日立金属株式会社様より、社内ドキュメントを DITA にしたその理由と運用の方法について発表して頂きます。DITA のユーザー様による貴重な導入事例の紹介です。実際の運用例を知る事で、DITA がどういうものなのか、イメージを掴んで頂けると思います。

2社目は PFU テクニカルコミュニケーションズ株式会社様より、テキストエディタ等の汎用製品を使用した DITA の導入について発表して頂きます。DITA 導入には莫大な費用が掛かってしまうとお考えの方必見です。

2社共に極めて実践的な DITA の事例発表となっています。DITA を運用されている方、導入を検討されている方はもちろん、検討段階の方から「DITA とは何ですか?」という方まで、満足いただけるセミナー内容となっております。
もちろん、Formatter が DITA 運用でどのように活用されているかも発表して頂きます。

ここまで、(私はDITA 関連営業ですので)DITA 関連の事例発表の紹介しかしていませんが、クレステック様、慶應義塾大学様、ニューキャスト様、プリコ様より事例発表が行われます。Formatter から PDF の活用まで、幅広い活用例をご紹介頂きます。

セミナーへの参加は無料ですが、下記 Web サイトよりお申し込みをお願い致します。
当日のタイムテーブルも掲載していますので、スケジュールの確認にお使いください。
http://www.kokuchpro.com/event/ccc577a122fa377117dc397491ac67a8/


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 13 14 15 Next