カテゴリー別アーカイブ: 瞬簡PDF 編集

『瞬簡PDF 編集 6』の奥義 「作業スペース」攻略の段

『瞬簡PDF 編集 6』では「作業スペース」が保存できる

瞬簡PDF 編集 6 CD-ROM版パッケージ
『瞬簡PDF 編集 6』は、PDFの結合やページ入れ替え、注釈編集などPDFの編集作業全般をおこなうことができるソフトウェア『瞬簡PDF 編集』の最新バージョンです。

今日は、『瞬簡PDF 編集 6』で進化した「作業スペース」の活用法をご紹介します。「作業スペース」の機能を上手に活用できれば、PDFの編集作業の幅がグンと広がります。

瞬簡PDF 編集 6 の「作業スペース」

瞬簡PDF 編集 6 の「作業スペース」

「作業スペース」保存で広がる用途

これまでの『瞬簡PDF 編集 』旧バージョンにも「作業スペース」はありましたが、ファイルとして保存することはできませんでした。そのため作業が完了するまでは「作業スペース」を開いたままにしておく必要がありました。また、別の環境で作業の続きをするといったことはできませんでした。

今回、『瞬簡PDF 編集 6』では「作業スペース」のファイル保存ができるようになりました。ファイルへ保存することで次のようなことが実現できます。

  • 「作業スペース」をバックアップできる
  • 他の環境に「作業スペース」を引き継ぐことができる

「作業スペース」のファイル保存は「エクスポート」、復元は「インポート」です。いずれのコマンドも「ツール」リボンの「作業スペース」グループにあります。

「ツール」リボンの「作業スペース」グループ

「ツール」リボンの「作業スペース」グループ

別の人に「作業スペース」を引き継いで作業の続きをしてもらったり、「作業スペース」の複製を作れば作業の分岐や分担などもできるかもしれません。
なお、開くことのできる作業スペースはひとつだけなので、「インポート」すると、すでにある作業スペースが置き換えられる点にご注意ください。

お求めは下記からどうぞ

アンテナハウスオンラインショップおよび、ネット通販や全国の家電量販店、パソコンショップでもお買い求めいただけます。また、仮想環境などにも対応したライセンス販売もございます。

詳しくは『瞬簡PDF 編集 6』のホームページをご覧ください。


『瞬簡PDF 編集 6』発売のお知らせ

9月3日よりダウンロード版販売開始

瞬簡PDF 編集 6 CD-ROM版パッケージ
『瞬簡PDF 編集 6』は、PDFの結合やページ入れ替え、注釈編集などPDFの編集作業全般をおこなうことができるソフトウェア『瞬簡PDF 編集』の最新バージョンです。

今回のバージョンアップの目玉は、なんといっても前バージョンから大幅にアップした動作速度でしょう。機能(とその実装方法)についてすべてを見直した結果、今回、プログラムを1から作り直しました。 また、最新のリボンインターフェイスを取り入れるなど、操作性も全面的に見直しています。

『瞬簡PDF 編集 6』ができること

『瞬簡PDF 編集 6』は、マウス操作でサムネイルを移動させるだけで、簡単にPDF の結合やページの組み換えができます。それだけならPDFを扱う他社製品も同じですが、本製品が他社製品と大きく異なる特長は下記のふたつ。

  • 多くのファイルを同時に並べて、結合やページの組み換えができる
  • いろいろな形式のファイルをドラッグ&ドロップでPDF化できる

なので、PDFのページ操作のし易さは驚くほど簡単です。テキストファイルやWordファイル、画像ファイルを、作業スペース(編集作業するテーブルのようなもの)にドラッグして並べ、マウスでファイルやページを動かして並べ替えるだけです。

瞬簡PDF 編集 6 操作画面

瞬簡PDF 編集 6 操作画面

しおりやリンクボタンの設置や編集も簡単にできます。複数のPDFを集めて配布するPDFを作る仕上げの作業にもってこいの製品です。

墨消し機能を搭載

長らくお待たせしましたが、ついに墨消し(文字などを削除する)機能を搭載しました。 テキストを選択することでどんどん墨消し指定ができます。墨消し後に作成したPDFは、墨消しした部分のテキストの検索やコピーができなくなります。

墨消し機能で文字を消去

墨消し機能

また、矩形で選択したエリアの墨消しでは、スキャンした画像や写真の一部を消すことも可能です。 白など墨色(黒)以外の色や、ページ番号の削除のように特定のページを一度に墨消しできるなど、いろいろな応用が可能です。

ご購入のご案内

アンテナハウスオンラインショップでは9月3日よりダウンロード版を先行販売しております。9月25日からネット通販や全国の家電量販店、パソコンショップでもお買い求めいただけます。 また、仮想環境などにも対応したライセンス販売もございます。

詳しくは『瞬簡PDF 編集 6』のホームページをご覧ください。


瞬簡PDF 編集 6 プレビュー最終版 公開のお知らせ

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版の最新バージョンを公開しました。
このバージョンがプレビュー版の最終版になる予定です。
http://www.antenna.co.jp/pdfedit/trial.html
既にプレビュー版の登録をしていただいている方にはメールで案内を差し上げておりますのでそちらからファイルをダウンロードしていただければと思います。
古いプレビュー版をご利用中の場合は必ず一度PDF Driverも含めてアンインストールしてから、新しいバージョンをインストールしてください。

今回のアップデートでは皆様から頂きましたご意見をもとに、以下の機能追加や改良をおこなっています。

  • トリミング結果がプレビューに反映されるようになりました。
  • ページサイズ変更ダイアログを使いやすく改良しました。
  • ヘッダー・フッターを2つの機能に分け、開始ページ番号、対象ページを指定できるようにしました。レイアウトも分かりやすく変更されています。

これら以外にもちろん不具合の修正も多数おこなっております。

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版ではダウンロードしていただいたユーザーの皆様に対してアンケートのご協力をお願いいたしております。
アンケートにお答えいただいた方にはもれなく『瞬簡PDF 編集 6』製品版(ダウンロード版)を 特別価格で提供させていただく予定です。ダウンロードしたけどアンケートメールが届いていない場合や、削除してしまったけどやっぱりアンケートに答えたいという方は下記までご連絡ください。

アンテナハウス 瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版 お問い合わせ先
 Eメール:pdfedit@antenna.co.jp


PDFの墨消しは、塗りつぶすだけではだめなんです

書類や帳票などを外部に公開するとき、機密情報や個人のプライバシー上問題になる部分を墨で塗りつぶすことを「墨消し」(または「墨塗り」)といいます。

墨消しとか黒塗りというのは紙の時代の用語をそのまま使ってしまっていますが、紙の書類なら、墨で塗りつぶせば下の文字や画像を読むのは難しくなります。

しかし、PDFファイルを公開するときは、隠したい部分を塗りつぶしただけだとPDFファイルの中に残っている情報を取り出すことができてしまいます。

Webを検索すると、「隠したい部分を塗りつぶしたPDFを公開したところ、入手した人に塗りつぶした部分の情報が見えてしまった」という、笑えない失敗がいくつも見つかります。

墨消しや墨塗りなどという過去の方法を、PDFという現代の紙でもそのままできると考えるのが誤解のもとなのでしょう。

PDFの墨消しは単に墨で塗るだけではだめなんです。つまり、PDFでは、隠したい箇所の上を墨で塗りつぶしすのと同時に、隠したい箇所のデータをPDFファイルから削除する、つまり「完全削除」、あるいは、痕跡を残さず削除」必要があります。

これは以前から多方面のご要望をいただいています。ご安心ください。『瞬簡PDF編集6』では、PDF特有の墨消しをワンタッチで行う機能が弊社製品として初めて付きました。

墨消し機能を『瞬簡PDF編集6』でぜひお試しになってみてください。

PDF-Edit6


瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版 アップデートのお知らせ

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版の最新バージョンを公開しました。
http://www.antenna.co.jp/pdfedit/trial.html
既にプレビュー版の登録をしていただいている方にはメールで案内を差し上げておりますのでそちらからファイルをダウンロードしていただければと思います。
古いバージョンをご利用中の場合は必ず一度PDF Driverも含めてアンインストールしてから、新しいバージョンをインストールしてください。

今回のアップデートで重要な不具合の修正は2件あります。
1件目は同梱しているPDF Driverの試用期限を9/30まで延長したことです。古いバージョンではインストール後30日間しか試用できませんでした。申し訳ございません。

2件目は重要な不具合の修正に伴い「作業スペース」の互換性がなくなりました。古いバージョンで使用している「作業スペース」および、エクスポートされた作業スペースファイルは、最新バージョンでは使用できませんのでご注意ください。

機能面ではリボンの「表示」タブに「レイアウトのリセット」という機能が追加されています。
reset_layout
『瞬簡PDF 編集 6』では作業スペース、サムネイルといったペインの位置やサイズを変更することができるのですが、操作が少々複雑なため元に戻せないというお問い合わせがあったため実装した機能で、レイアウトをデフォルトの状態に戻すことができます。

このように『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版ではご意見、ご感想をいただければ、新機能として対応することもありますのでぜひメールを頂ければと思います。

アンテナハウス 瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版 お問い合わせ先
 Eメール:pdfedit@antenna.co.jp


瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版公開

6月に予告していた『瞬簡PDF 編集』の次期バージョン「6」のプレビュー版を公開しました。

『瞬簡PDF 編集 6』は、現バージョンの『瞬簡PDF 編集 5』を修正したものではなく、機能・操作性などすべてを見直してプログラムを1から作り直しました。

より解かりやすく使いやすい操作性をめざしてリボンユーザーインターフェースを採用し、処理速度をより速くしてサクサク動作を実現しています。

もちろん Windows 10 にも対応します。

本製品を実際に使って頂きご意見、ご要望等をくださった方には正式版発売時に特典を用意させていただく予定です。

生まれかわった新バージョン『瞬簡PDF 編集 6』をぜひお試しください。

プレビュー版の詳細と入手方法については、ニュースリリースをご覧ください。

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版ニュースリリース

PDE-Windows10Windows 10 Insider Preview で動作する『瞬簡PDF編集 6』


瞬簡PDF 編集 5.0.2 改訂版

『瞬簡PDF 作成 7』の改訂版に引き続き、PDF編集ソフト『瞬簡PDF 編集 5』の改訂版 Ver.5.0.2 も公開しました。今回の改定では、PDFを作成する仮想プリンタードライバー『Antenna House PDF Driver』については『瞬簡PDF 作成 7』と同様に不具合修正を行っております。

また、編集アプリと編集用ビューアの改善および不具合修正を行っています。
編集アプリのサムネイルの表示が速くなるようにしたり、終了処理が速くなるように最適化も行っていますので、『瞬簡PDF 編集 5』をご利用のお客様で、Ver.5.0.2アップデータを適用していない場合はぜひアップデートをおこなってください。

 ⇒ 『瞬簡PDF 編集 5(Ver.5.0.2)』の詳しい改定情報とアップデータのダウンロードはこちらから


瞬簡PDF 編集 5 の新しくなったポイント

瞬簡PDF 編集 5 パッケージ

瞬簡PDF 編集 5 パッケージ

ちょっと間が空いてしまいましたが、本日は昨年の11月末に新発売しました『瞬簡PDF 編集 5』の新しくなったポイントについてご紹介します。

『瞬簡PDF 編集 5』は、ページイメージ(縮小画像)を確認しながら簡単にPDFの結合や、ページ組み換えなどができる、PDF編集ソフトウェアです。
また、PDFを作成することができるPDF変換ドライバを同梱しています。さまざまな文書ファイルをPDFに変換して取り込み、ページ編集や組み換えなどを行って、ひとつのPDFファイルとして完成させる機能が充実しています。

『瞬簡PDF 編集 5』の新しくなったポイント

編集ビューアの単独起動で、追記/注釈がより手軽にできるようになりました。

今まで、瞬簡PDF 編集のメイン画面からしか編集ビューアを起動することができませんでしたが、編集用ビューアを単独で起動して、追記、捺印、ページ番号追加、透かし、ノート注釈、タイプライター、マーカー、図形注釈、リンク注釈などをPDFに追加して保存できるので、編集が手軽になりました。
製品のインストール時に、デスクトップ上に編集ビューアのショートカットアイコンを作成しますので、これをダブルクリックしたり、編集したいPDFをショートカットアイコンにドロップして起動/表示できます。
単独起動でPDFの編集が手軽になった編集ビューア

編集用ビューアで直接しおりの編集ができるようになりました。また、しおりをクリックしてページ移動に対応しました。

今まで瞬簡PDF 編集 のメイン画面から、しおり編集ツールを起動してしおりの追加編集を行いましたが、編集ビューアにしおり機能をつけたので、しおりの追加編集も編集ビューアを直接起動して行うことができるようになり、こちらも手軽に編集できます。
編集ビューアでしおりの編集

データ管理や処理の最適化で動作速度が速くなりました。また、より速く起動/終了処理ができるように、終了時に編集データを削除するオプションを追加しました。

データの管理や処理の方法を見直し、起動、終了、PDFの表示、PDFの保存、PDFのレイアウト保存など、各種動作が速くなりました。特にページ数の多いファイルで、前バージョンより速くなっていることが体感できると思います。
また、お客様よりご要望いただいていました、アプリケーションの終了時に編集作業のデータを残さないオプション設定ができるようになりました。

サムネイルを拡大表示する「プレビュー」機能を追加しました。内容を確認しながらのページ入れ替えなどの操作に便利です。

ページのサムネイルをダブルクリックすることで、サムネイルを別ウィンドウで大きく表示できるようになりました。似たような構成の文書の場合、小さなサムネイルでは判別しづらい場面もありましたが、拡大することで間違えることなくページの入れ替えや削除などの作業を行うことができます。

Webブラウザ「Internet Explorer」用のPDF作成アドオン機能を用意しました。

見ているWebページを、ボタンクリックですぐさまPDFに出力します。
IE用アドオンボタンで簡単PDF作成

『瞬簡PDF 編集 5 』製品案内


瞬簡PDF 編集 4.0.1 アップデータの公開

瞬簡PDF 編集 4.0.1 アップデータ公開

昨日(2013年5月8日)に『瞬簡PDF 編集 4』のVer.4.0.1 アップデータの配布を開始しました。

こちらも今回の改訂で Microsoft Office 2013(Word/Excel/PowerPoint)に対応しました!

画像を含むファイルからのPDF作成で、埋め込まれている画像によっては出力したPDFのファイルサイズが大きくなったり、出力に時間が掛かったりする不具合がありましたが、この不具合を修正しています。

使いやすくなった点としましては、作業スペースから編集したPDFを出力する際、ドラッグ&ドロップでデスクトップなどに保存する場合に、操作手順によってはうまく出力できなかったり、PDFの圧縮やセキュリティ設定など『PDF保存設定』で設定した項目が反映されないなどの制約がありましたが、今回の改訂ではこれらを反映して出力することができるようになったので、より直感的にPDFの出力ができるようになったと思います。

その他、いくつかの不具合修正や改善をしていますので、『瞬簡PDF 編集 4(Ver.4.0.0)』をご利用のお客様はぜひ Ver.4.0.1 へのアップデートをおこなって下さい。

『瞬簡PDF 編集 4(Ver.4.0.1)』の改訂情報の詳細とアップデートファイルの配布はこちらから


Pages: Prev 1 2 3 4 Next