カテゴリー別アーカイブ: 構造化文書

DITA Festa Kyoto 2016体験レポート

海外営業グループのメンバーです。今年1月の体験レポートに引き続き、先日3月8日(火)に京都・烏丸にて DITA Festa 2016 Kyoto が開催され、今回もアンテナハウス株式会社のひとりとして参加してきましたので、体験レポートをお送りいたします。今回私は企画立案や翻訳など様々な側面で携わることができました。

基調講演者としてアメリカ・テキサス州より DITA 仕様の第一人者でもあるエリオット・キンバー氏、および日本からはサトーテクノロジー株式会社 本田光東様をお招きしました。

キンバー氏からは、DITA をはじめて導入するにあたって必要な部分と不要な部分を見分け、スモールスタートを切るためのコツなどを、森と木という比喩を用いることで DITA 初心者の私たちにもわかりやすく解説していただきました。DITA はまだ日本では普及が遅く、DITA 移行に二の足を踏む企業が多いなかで、DITA 仕様作成者からのお話というのはとても貴重なものでした。

またサトーテクノロジー株式会社 本田様からは、実際に DITA 移行に踏み切るまでの経緯や悩みから、実際に運用してみて実務面で現場がどうなったのか、という新鮮な経験談を、視覚的にもわかりやすいスライドを駆使しながらご説明いただきました。

両氏の講演から、今回の DITA Festa のテーマである「 DITA はお気軽に」にふさわしく、気軽に DITA を始めてみるきっかけ作りが出来たのではないかと思います。

ところで 2015年12月から当日まで、私はエリオット・キンバー氏と、本イベントの企画や、キンバー氏とのやり取り・交渉・連絡・依頼・スケジュール管理、スライド翻訳などを黒幕?として担当してきました。この京都での講演会の翌週には、東京にて DITA コンソーシアムジャパンの会員様向けとしてキンバー氏による DITA 1.3 詳解ワークショップも開催されました。これらすべてのイベントが終了するまで、正直なところ私は1週間前から謎の胃痛に悩まされていましたが、最終日のワークショップの翌日には不思議とすっかり治っていました。自覚はしていませんでしたが、大きな責任とプレッシャーを感じていたのでしょう…無事終えることができ、また参加者の皆さまからもご好評をいただき、大きなやりがいを感じました。

講演いただいた皆様、ご参加いただいた皆様、DITAコンソーシアムジャパン各位、およびその他ご協力いただきました皆様に、今回の成功を支えていただいたこと厚くお礼申し上げます。

今後も DITA Festa は順次開催されますので、ぜひ皆さまもご参加いただければ幸いです。

2016-4 dita festa kyoto

エリオット・キンバー氏による講演風景


「DITA ワンデーセミナー・ハンズオンワークショップ」を開催します!

2016年3月15日(火)に「DITA ワンデーセミナー・ハンズオンワークショップ」をインフォパース株式会社と合同で開催します!
ゲストスピーカーとして海外より DITA 技術委員会創設メンバーであり、DITA 仕様策定メンバーの 1人でもある Eliot Kimber(エリオット・キンバー)氏をお招きし、「DITA for Small Teams」の講義および実習を行います。DITA 対応の CMS などを使用しないローコストの実践ですので、初めて DITA に取り組む方にもお薦めです。
※ 「DITA for Small Teams」とはオープンソースと必要最小限の商用ソフトを使用して、DITA によるドキュメント制作をスモールスタートで行うための方法です。

AH Formatter 組版例
– セミナーのタイムスケジュール –

セミナーの詳細及びお申し込み等は、次のページをご覧ください。
「DITA ワンデーセミナー・ハンズオンワークショップ」開催のお知らせ

皆様のご参加をお待ちしております。


AH Formatter V6.3 のご紹介:Data Matrix と PDF417 など(バーコードジェネレータオプション)

AH Formatter V6.3』では、『バーコードジェネレータオプション』を使用することにより、ISO/IEC 16022:2006 で規格制定されている Data Matrix と、JIS X 0508:2010 または ISO/IEC 15438:2006 で規格制定されている PDF417 が指定可能になりました。

AH Formatter 組版例
– Data Matrix と PDF417 の組版例 –

また、ご要望の多かったバーコードの色指定や、QR バーコードの余白(クワイエットゾーン)の変更が可能になりました。

AH Formatter 組版例
– バーコードに色指定した組版例 –

サンプルページには、
本機能が確認できる「バーコードの見本」を掲載しております。

『AH Formatter』にご興味のある方は評価版を次のページよりお申し込みいただけます。
AH Formatter 評価版のお申し込み

弊社では検討中のお客様向けに技術相談会を行っております。お気軽にお問い合わせください。
アンテナハウス システム製品技術相談会


AH Formatter V6.3 のご紹介:見開きページマスタ

AH Formatter V6.3』では、見開きページをひとつの単位と判断できるようになり、2ページにまたがる見開き領域を定義することができるようになりました。タイトルが 2ページにまたがる場合、画像または表の幅が 1ページより広い場合、縁なし背景の画像が 2ページにまたがる場合などに本機能をご使用いただけます。
見開きページマスタ拡張(オンラインマニュアル)

AH Formatter 組版例
– 見開きページにひとつの背景を定義した組版例 –

サンプルページには、
本機能が確認できる「見開きページマスタの設定例」を掲載しております。

『AH Formatter』にご興味のある方は評価版を次のページよりお申し込みいただけます。
AH Formatter 評価版のお申し込み

弊社では検討中のお客様向けに技術相談会を行っております。お気軽にお問い合わせください。
アンテナハウス システム製品技術相談会


AH Formatter V6.3 のご紹介:強化された多言語対応

AH Formatter』は、『AH Formatter V6.2』リリース以降、ビルマ語(ミャンマー語)やシンハラ語のスクリプトに対応し、『AH Formatter V6.3』が対応する言語はいよいよ 70以上になりました。
対応スクリプトと言語(オンラインマニュアル)

AH Formatter 組版例
– シンハラ語とミャンマー語の組版例 –

『AH Formatter』は、Unicode で扱えるほとんどの文字を扱うことができ、サロゲートペアにも対応しています。縦書きや、アラビア語などの右から左への文章も記述でき、これらを混在させた文書も容易に作成することができます。また、ハイフネーション処理や、言語によって異なる約物前後の空白の調整、独自のカウンタスタイルの定義なども自由に行うことができます。『AH Formatter V6.3』は、40言語以上のハイフネーション処理を行うことができます。このため、多国語対応の文書の生成などに最適です。

サンプルページには、
多言語組版機能の見本」を掲載しております。

『AH Formatter』にご興味のある方は評価版を次のページよりお申し込みいただけます。
AH Formatter 評価版のお申し込み

弊社では検討中のお客様向けに技術相談会を行っております。お気軽にお問い合わせください。
アンテナハウス システム製品技術相談会

 


Server Based Converter の活用法

■ Antenna House Formatter と組み合わせた文書配信システム

Server Based Converter は、Microsoft Office 文書だけではなく、PDF からも画像、SVG, Flash といった形式のファイルを生成できます。 企業ユーザ様、特にグローバル企業では、マニュアルを製作するときに、DITA という規格によって XML 文書を作り、それから PDF を生成することが行われています。

DITA 規格の XML 文書から PDF を生成する際に、欧米のグローバル企業からも非常に高い評価を得ている Antenna House Formatter を使います。 こうして出来上がった PDF は、Server Based Converter で、さまざま形式に変換して配信することができます。

PC に配信する場合は、PDF のままで配信できますが、モバイル端末、携帯電話では、PDF が表示できない場合があります。また、PDF が表示できるスマートフォンでも、画像や SVG, Flash といった形式が都合がいい場合があります。その場合、端末の特性、能力に合わせて、画像、SVG、Flash に変換することで、文書を配信するのです。

システムのイメージは、
サーバベース・コンバーター 活用例
にある
携帯電話閲覧用コンバータ
です。

実際に、このように Antenna House Formatter と Server Based Converter を組み合わせて、数多くのPDFを生成し、生成されたPDFから必要な部分を抜き出し、Server Based Converter で変換して、毎日、数千ページものページを、配信するシステムを構築しているお客様がいらっしゃいます。

Antenna House Formatter に関する詳しい情報は、
Antenna House Formatter
をご覧ください。

アンテナハウスでは、DITA に関するサービスやコンサルティングも行っています。詳しくは、
DITA
をご覧ください。

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6 東日本橋藤和ビル5F
アンテナハウス株式会社
◆ご購入に関するお問い合わせ(祝日を除く月~金曜日9:30~18:00)
TEL : 03-5829-9021
FAX : 03-5829-9023
E-mail: sis@antenna.co.jp
URL : http://www.antenna.co.jp/

Server Based Converter は、Microsoft Office, PDF などのファイルを、PDF, Flash, SVG, 各種画像形式にダイレクトに変換する変換エンジンです。 ダイレクト変換の意味は、たとえば、Microsoft Office がない環境でも、ファイルさえあれば、それをダイレクトに内容を見える形式に変換できるのです。ダイレクト変換には、Microsoft Office のライセンスも不要です。
Server Based Converter は、ダイレクト変換というユニークさが評価され、多くのウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで利用されています。

Server Based Converter に関する詳しい情報は、
Server Based Converter
を、ぜひ、ご覧ください。

評価版もご用意しております。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。


AH Formatter V6.3 公開!

アンテナハウス株式会社は、XML/HTML 自動組版ソフトのベストセラー『Antenna House Formatter』をバージョンアップした『Antenna House Formatter V6.3』を 2016年2月4日から出荷開始いたしました。

AH Formatter ロゴ

『AH Formatter』は XML で記述されたマニュアル、契約書、報告書・書籍などを XSL-FO または CSS を使ってレイアウト指定して、PDF に出力したり印刷するソフトウェアです。

XSL-FO は W3C が XML に対するレイアウト指定の標準として勧告している世界標準です。国内外で『AH Formatter』は最も優れた XSL-FO 準拠製品との評価を確立しており、現在、自動車、携帯電話、航空機、OA 機器のメーカ等のマニュアル制作システムなど数千社のお客様にお使いいただいています。

詳しくは製品ページをご覧ください。

AH Formatter フロー

続きを読む


DITA IAとは。DITA IAに必要な知識・スキル・能力とは。

DITAは、主に米国で企業のマニュアル制作のデファクトスタンダードになっています。欧州は少し遅れており、日本はさらに遅れているようです。遅れているということは、いずれ日本でも同じような波が来る、ということが予想できます。

DITA IA(DITA インフォーメーション・アーキテクト)とは?

DITAはドキュメントをコンポーネント化して、コンポーネントを組み立てることで、1冊の冊子、製品Webサイトなどの多種類の成果物を作ります。コンポーネントのマルチ利用を進めるには、最初に適切な設計をする必要があります。さらに、これを自動化するために各種のツールを使います。

DITAを実践するには、ドキュメントの構成、ライティング(書き方)、システムの準備といった全体の仕組みをうまく用意する必要があります。すると仕組みを設計する作業が重要になりそうなことが予想できます。仕組みはアーキテクチャーであり、それを設計するのはアーキテクトです。DITA インフォーメーション・アーキテクト、略して、DITA IAはDITAの新しい仕組みを設計する人といえます。

では、もう少し具体的にはどんな仕事をするのでしょうか?

DITA入門教科書『DITA 101』にみるDITA IA

『DITA 101』というDITA入門教科書には、「DITAの計画」という章があります[1]。DITAは協調オーサリングであり、いきなりスタートするのではなくて最初に計画が重要と説いてます。そして、新しい仕事を含めて次のような役割が必要になるといいます。

・コンテンツ・コーディネーター
・情報アーキテクト
・DITAテクノロジスト
・執筆者
・コンテンツ所有者
・編集者

このうち、最初の三つの職種は、DITAで必要になる新しい職種です。あとの三つの職種は、従来もありましたがDITAの導入で役割が変わるといいます。情報アーキテクトがDITA IAに相当します。

情報アーキテクトは、「情報制作物モデル、要素モデル、メタデータ、再利用の戦略を築き上げ、DITAの適切な特殊化を決定することに責任をもちます。また、執筆者とユーザーの両方のために情報検索を設計することに責任をもちます」(同書 p.61)

[1] Rockley, Ann. et al, DITAコンソーシアムジャパン訳『DITA 101』株式会社エスアイビー・アクセス 2011年8月発行 pp. 55 – 65


CSS での柱

CSS での簡単な柱の実現方法を解説します。FO での柱は、<fo:marker> と <fo:static-content> などを利用して行ないますが、CSS ではまったく異なる方法で行ないます。

  1. 柱を出す位置を決めます。
        @page {
          @top-right {
            content: element(xxx, first);
          }
        }
    

    この例では、ページの右上 top-right に柱を出すことを示しています。xxx と first については後述します。

  2. 柱用の class を決めます。
        .header {
          position: running(xxx);
        }
    

    ここでは header という class名を用います。xxx は、先の element で指定した柱の名前です。

  3. HTML本文中の適当な位置に、柱を挿入します。
        <h1><span class="header">Lorem Ipsum</span > Lorem Ipsum </h1>
        <p>Lorem ipsum dolor sit amet, ...</p>
        <h1><span class="header">Aenean varius porta</span> Aenean varius porta </h1>
        <p>Proin vestibulum. Phasellus lacus magna, ...</p>
        ...
    

    ここで、<span class="header"> の内容が柱となります。この内容は、本文中には表示されません。

  4. ページ中に出現する複数の柱の要素に対して、element に first を指定すると最初に出現した柱が、last を指定すると最後に出現した柱が採用されます。柱の要素が出現しなければ、直前のページの柱と同じ柱となります。
  5. ついでに、ノンブルを付けるには次のようにします。
        @bottom-center {
          content: "-" counter(page) "-";
        }
    

    この例では、ページの下中央に “- 1 -“, “- 2 -“… とノンブルを出力します。

 


PDFインフラストラクチャ解説 オンデマンド(ペーパーバック)版Amazonサイトにて公開!

長かった!
年明けに申請して、年明け故に時間が掛かるかもとは言われていましたが、約2週間で審査を通過、Amazonサイトに公開されました!

現時点ではまだ「予約」受付で、販売開始は明日2016年1月21日大安です。

皆様、KDP版でも結構ですが、ぜひこちらのオンデマンド(ペーパーバック)版をお手にとってご覧くださいませ。

販売サイト:Amazon プライム
PDFインフラストラクチャ解説 オンデマンド (ペーパーバック) – 2016/1/21

  • 定価:2,678円
  • 268ページ
  • ISBN-13: 978-4900552180

どうぞよろしくお願いいたします。


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next