カテゴリー別アーカイブ: デスクトップ製品

『瞬簡PDF 編集 6』の奥義 「作業スペース」攻略の段

『瞬簡PDF 編集 6』では「作業スペース」が保存できる

瞬簡PDF 編集 6 CD-ROM版パッケージ
『瞬簡PDF 編集 6』は、PDFの結合やページ入れ替え、注釈編集などPDFの編集作業全般をおこなうことができるソフトウェア『瞬簡PDF 編集』の最新バージョンです。

今日は、『瞬簡PDF 編集 6』で進化した「作業スペース」の活用法をご紹介します。「作業スペース」の機能を上手に活用できれば、PDFの編集作業の幅がグンと広がります。

瞬簡PDF 編集 6 の「作業スペース」

瞬簡PDF 編集 6 の「作業スペース」

「作業スペース」保存で広がる用途

これまでの『瞬簡PDF 編集 』旧バージョンにも「作業スペース」はありましたが、ファイルとして保存することはできませんでした。そのため作業が完了するまでは「作業スペース」を開いたままにしておく必要がありました。また、別の環境で作業の続きをするといったことはできませんでした。

今回、『瞬簡PDF 編集 6』では「作業スペース」のファイル保存ができるようになりました。ファイルへ保存することで次のようなことが実現できます。

  • 「作業スペース」をバックアップできる
  • 他の環境に「作業スペース」を引き継ぐことができる

「作業スペース」のファイル保存は「エクスポート」、復元は「インポート」です。いずれのコマンドも「ツール」リボンの「作業スペース」グループにあります。

「ツール」リボンの「作業スペース」グループ

「ツール」リボンの「作業スペース」グループ

別の人に「作業スペース」を引き継いで作業の続きをしてもらったり、「作業スペース」の複製を作れば作業の分岐や分担などもできるかもしれません。
なお、開くことのできる作業スペースはひとつだけなので、「インポート」すると、すでにある作業スペースが置き換えられる点にご注意ください。

お求めは下記からどうぞ

アンテナハウスオンラインショップおよび、ネット通販や全国の家電量販店、パソコンショップでもお買い求めいただけます。また、仮想環境などにも対応したライセンス販売もございます。

詳しくは『瞬簡PDF 編集 6』のホームページをご覧ください。


『瞬簡PDF 編集 6』発売のお知らせ

9月3日よりダウンロード版販売開始

瞬簡PDF 編集 6 CD-ROM版パッケージ
『瞬簡PDF 編集 6』は、PDFの結合やページ入れ替え、注釈編集などPDFの編集作業全般をおこなうことができるソフトウェア『瞬簡PDF 編集』の最新バージョンです。

今回のバージョンアップの目玉は、なんといっても前バージョンから大幅にアップした動作速度でしょう。機能(とその実装方法)についてすべてを見直した結果、今回、プログラムを1から作り直しました。 また、最新のリボンインターフェイスを取り入れるなど、操作性も全面的に見直しています。

『瞬簡PDF 編集 6』ができること

『瞬簡PDF 編集 6』は、マウス操作でサムネイルを移動させるだけで、簡単にPDF の結合やページの組み換えができます。それだけならPDFを扱う他社製品も同じですが、本製品が他社製品と大きく異なる特長は下記のふたつ。

  • 多くのファイルを同時に並べて、結合やページの組み換えができる
  • いろいろな形式のファイルをドラッグ&ドロップでPDF化できる

なので、PDFのページ操作のし易さは驚くほど簡単です。テキストファイルやWordファイル、画像ファイルを、作業スペース(編集作業するテーブルのようなもの)にドラッグして並べ、マウスでファイルやページを動かして並べ替えるだけです。

瞬簡PDF 編集 6 操作画面

瞬簡PDF 編集 6 操作画面

しおりやリンクボタンの設置や編集も簡単にできます。複数のPDFを集めて配布するPDFを作る仕上げの作業にもってこいの製品です。

墨消し機能を搭載

長らくお待たせしましたが、ついに墨消し(文字などを削除する)機能を搭載しました。 テキストを選択することでどんどん墨消し指定ができます。墨消し後に作成したPDFは、墨消しした部分のテキストの検索やコピーができなくなります。

墨消し機能で文字を消去

墨消し機能

また、矩形で選択したエリアの墨消しでは、スキャンした画像や写真の一部を消すことも可能です。 白など墨色(黒)以外の色や、ページ番号の削除のように特定のページを一度に墨消しできるなど、いろいろな応用が可能です。

ご購入のご案内

アンテナハウスオンラインショップでは9月3日よりダウンロード版を先行販売しております。9月25日からネット通販や全国の家電量販店、パソコンショップでもお買い求めいただけます。 また、仮想環境などにも対応したライセンス販売もございます。

詳しくは『瞬簡PDF 編集 6』のホームページをご覧ください。


瞬簡PDF 編集 6 プレビュー最終版 公開のお知らせ

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版の最新バージョンを公開しました。
このバージョンがプレビュー版の最終版になる予定です。
http://www.antenna.co.jp/pdfedit/trial.html
既にプレビュー版の登録をしていただいている方にはメールで案内を差し上げておりますのでそちらからファイルをダウンロードしていただければと思います。
古いプレビュー版をご利用中の場合は必ず一度PDF Driverも含めてアンインストールしてから、新しいバージョンをインストールしてください。

今回のアップデートでは皆様から頂きましたご意見をもとに、以下の機能追加や改良をおこなっています。

  • トリミング結果がプレビューに反映されるようになりました。
  • ページサイズ変更ダイアログを使いやすく改良しました。
  • ヘッダー・フッターを2つの機能に分け、開始ページ番号、対象ページを指定できるようにしました。レイアウトも分かりやすく変更されています。

これら以外にもちろん不具合の修正も多数おこなっております。

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版ではダウンロードしていただいたユーザーの皆様に対してアンケートのご協力をお願いいたしております。
アンケートにお答えいただいた方にはもれなく『瞬簡PDF 編集 6』製品版(ダウンロード版)を 特別価格で提供させていただく予定です。ダウンロードしたけどアンケートメールが届いていない場合や、削除してしまったけどやっぱりアンケートに答えたいという方は下記までご連絡ください。

アンテナハウス 瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版 お問い合わせ先
 Eメール:pdfedit@antenna.co.jp


新しき酒は新しい革袋に。では、古き酒は? (2)

猛暑といいますか、激暑といいますか、毎日暑い日が続きます。
さて日が空いてしまいましたが、本日は 8/4(火)の記事の続きです。

Windows 10 では評価のためのプレビュー版をしばらく公開していました。 ここで、一時期「Windows 10 ではフロッピーディスクドライブのサポートがなくなった」という話題が見られました。

フロッピーディスクと聞いて、なーんだと思われるかも知れません。
実際、フロッピーディスクの存在感は 2000 年頃を境に年々縮小し、現在は入手すら困難な状況です。画像や音声データを、数10 ・ 数 100 MB の単位でやりとりする時代に、たかだか 1 MB 強のデータしか保存できないフロッピーディスクに出番がないのも当然ですね。 フロッピーディスクを読み書きするドライブも内蔵型はとうになく、USB ケーブルで接続する外付けドライブも見かけることが少なくなりました。このような状況ですから、マイクロソフトが Windows 10 でこのデバイスのサポートを見限ったとしても不思議ではありません。

で、正式版ではどうなのか?
弊社で確認したところ、Windows 7 からアップグレードした Windows 10 の環境では、弊社の製品「リッチテキスト・コンバータ20」(同パーソナル。以下同じ)で推奨する USB 接続のフロッピーディスクドライブを使用して 1.44MB でDOS フォーマットを行い、ファイルを読み書きすることができました。 今のところアップグレードでの確認ですが、とりあえず、Windows 10 でもフロッピーディスクドライブの使用が可能なようです。

フロッピーディスクは、今でこそ利用価値の少ない過去のレガシー(遺産)の一部となっていますが、長い間パソコンになくてはならない記憶媒体として愛用されてきたものです。なにしろ1984年に発売された IBM PC/AT やアップルの初代マッキントッシュの時代から搭載されて 30 年以上経過した技術ですから、今となってはビンテージものの古酒のような存在と言えるでしょう。

現在のフロッピーディスクの数少ない利用価値のひとつとして、弊社の「リッチテキスト・コンバータ20」が行うワープロ専用機(これももはや死語に近いですが)からの変換があります。 では、Windows 10 で「リッチテキスト・コンバータ20」を使用してワープロ専用機のフロッピーディスクを変換できるかですが、これは、 製品ホームページでもご案内している通り、Windows 10 での動作保証が難しいものとなりそうです。 フロッピーディスクの読み書きが可能とはいえ、何らかの変更なり制限があるようで、残念ながら手放しで乾杯とはいかないようです。

弊社製品の Windows 10 正式版での動作確認結果は来週以降公開する予定となっておりますが、もし現在 Windows 8.1 以前をお使いで、「リッチテキスト・コンバータ20」を使用してワープロ専用機のフロッピーディスクを変換されているお客様がおられましたら、Windows 10 に移行されるのは、必要なフロッピーディスクを現在の環境ですべて変換されてからとすることをお勧めいたします。

弊社のワープロ文書変換製品も1986年に発売後、既に 30 年近く経過してビンテージ・ソフトウェアといえるような存在であるかと思います。 少数とはいえ、まだワープロ専用機で作成された文書フロッピーディスクをお持ちでパソコンにデータの移行をされたいお客様がいらっしゃいますので、弊社としてもうしばらくはこの製品のサポートを続けたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。


新しき酒は新しい革袋に。では、古き酒は? (1)

「新しい酒は新しい革袋に」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?
これは、聖書にある一節で、「新しい思想や内容を表現するには、それに応じた新しい形式が必要」という意味だそうです。

さて、最近のパソコン関連の話題で新しいことと言えば、さしずめ7月29日から公開が始まった「Windows 10」ではないでしょうか?既にダウンロードされて試された方もたくさんおられると思います。これまでは、新しいWindows OS が登場すると、新しい革袋ならぬ新しいパソコンが一斉に発売されて、深夜に列をつくる様子がニュースになるなど賑やかな話題に包まれることが多かったように思います。

ところが、「Windows 10」に関しては、様子が異なるようです。
既に多くのメディアで話題になっているので今更の感がありますが、古いOS(Windows 7以降)のユーザーに「Windows 10」が無償で提供されるというのですからビックリです。 1年間の期限付きながら、全世界に何千万といるユーザーに向けての話しですから、これまでOS の販売でがっつり商売をしてきたマイクロソフトの方向転換に驚かないわけにはいきません。 新OS 発売に関わる経済的なマイナスの影響もマイクロソフトに留まらず大きいことも予想されます。

それでも、当面パソコンの買い替えに悩まず、新しいOS を試せることを朗報と受け取る方も多いのではないでしょうか? 新しい酒(OS)を古い革袋(パソコン)に入れて味見ができるのですから、なにはともあれ、マイクロソフトに乾杯!?

さて、前置きが長くなってしまいました。
本題は、新しい酒ではなく、古い方の酒です。 それが何かについては、また次回に。


PDFの墨消しは、塗りつぶすだけではだめなんです

書類や帳票などを外部に公開するとき、機密情報や個人のプライバシー上問題になる部分を墨で塗りつぶすことを「墨消し」(または「墨塗り」)といいます。

墨消しとか黒塗りというのは紙の時代の用語をそのまま使ってしまっていますが、紙の書類なら、墨で塗りつぶせば下の文字や画像を読むのは難しくなります。

しかし、PDFファイルを公開するときは、隠したい部分を塗りつぶしただけだとPDFファイルの中に残っている情報を取り出すことができてしまいます。

Webを検索すると、「隠したい部分を塗りつぶしたPDFを公開したところ、入手した人に塗りつぶした部分の情報が見えてしまった」という、笑えない失敗がいくつも見つかります。

墨消しや墨塗りなどという過去の方法を、PDFという現代の紙でもそのままできると考えるのが誤解のもとなのでしょう。

PDFの墨消しは単に墨で塗るだけではだめなんです。つまり、PDFでは、隠したい箇所の上を墨で塗りつぶしすのと同時に、隠したい箇所のデータをPDFファイルから削除する、つまり「完全削除」、あるいは、痕跡を残さず削除」必要があります。

これは以前から多方面のご要望をいただいています。ご安心ください。『瞬簡PDF編集6』では、PDF特有の墨消しをワンタッチで行う機能が弊社製品として初めて付きました。

墨消し機能を『瞬簡PDF編集6』でぜひお試しになってみてください。

PDF-Edit6


瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版 アップデートのお知らせ

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版の最新バージョンを公開しました。
http://www.antenna.co.jp/pdfedit/trial.html
既にプレビュー版の登録をしていただいている方にはメールで案内を差し上げておりますのでそちらからファイルをダウンロードしていただければと思います。
古いバージョンをご利用中の場合は必ず一度PDF Driverも含めてアンインストールしてから、新しいバージョンをインストールしてください。

今回のアップデートで重要な不具合の修正は2件あります。
1件目は同梱しているPDF Driverの試用期限を9/30まで延長したことです。古いバージョンではインストール後30日間しか試用できませんでした。申し訳ございません。

2件目は重要な不具合の修正に伴い「作業スペース」の互換性がなくなりました。古いバージョンで使用している「作業スペース」および、エクスポートされた作業スペースファイルは、最新バージョンでは使用できませんのでご注意ください。

機能面ではリボンの「表示」タブに「レイアウトのリセット」という機能が追加されています。
reset_layout
『瞬簡PDF 編集 6』では作業スペース、サムネイルといったペインの位置やサイズを変更することができるのですが、操作が少々複雑なため元に戻せないというお問い合わせがあったため実装した機能で、レイアウトをデフォルトの状態に戻すことができます。

このように『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版ではご意見、ご感想をいただければ、新機能として対応することもありますのでぜひメールを頂ければと思います。

アンテナハウス 瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版 お問い合わせ先
 Eメール:pdfedit@antenna.co.jp


瞬簡PDF 編集 6 プレビュー版公開

6月に予告していた『瞬簡PDF 編集』の次期バージョン「6」のプレビュー版を公開しました。

『瞬簡PDF 編集 6』は、現バージョンの『瞬簡PDF 編集 5』を修正したものではなく、機能・操作性などすべてを見直してプログラムを1から作り直しました。

より解かりやすく使いやすい操作性をめざしてリボンユーザーインターフェースを採用し、処理速度をより速くしてサクサク動作を実現しています。

もちろん Windows 10 にも対応します。

本製品を実際に使って頂きご意見、ご要望等をくださった方には正式版発売時に特典を用意させていただく予定です。

生まれかわった新バージョン『瞬簡PDF 編集 6』をぜひお試しください。

プレビュー版の詳細と入手方法については、ニュースリリースをご覧ください。

『瞬簡PDF 編集 6』プレビュー版ニュースリリース

PDE-Windows10Windows 10 Insider Preview で動作する『瞬簡PDF編集 6』


CADソフトからのPDF作成(お客様から頂いたご報告)

昨日、CADソフトからのPDF作成について投稿しましたが、『瞬簡PDF 作成』をご利用いただいているお客様より、実際にCADソフトから『Antenna House PDF Driver 6.0』を利用してPDFを作成したときのお問い合わせをご紹介します。

1.)CADソフト上でサードパーティー製のプラグインを使って画像ファイルを埋め込んだが、その画像部分が出力されなかった。

⇒ こちらの件はお客様と同じバージョンの組み合わせでの確認ができませんでしたが、弊社にて確認を行ったところ正常に出力されました。(※これについて動作保証をするものではありません。)
サードパーティー製のプラグインとCADソフトまたはシステムなどの相性、あるいはバージョンによる相性の可能性があります。

2.)CADソフトで指定した線より少し太く出力された。

⇒ このような場合、『Antenna House PDF Driver 6.0』の印刷設定で解像度を上げて出力することで改善される可能性があります。

Antenna House PDF Driver解像度設定

Antenna House PDF Driver の印刷設定:グラフィックス – 解像度

3.)出力したPDFを、Adobe Readerで開いてプリンターから印刷したら、実際のサイズより全体的に少し縮小されて印刷された。

⇒ このような場合、ほとんどのケースでAdobe Readerの印刷設定によるものです。
Adobe Readerの印刷の設定「ページサイズ処理」で「実際のサイズ」以外が選択されている場合、実際のサイズより縮小、あるいは拡大されて印刷されることがあります。特にふちなし印刷ができないプリンターを利用する場合、「合わせる」が選択されていると、プリンターが印刷できない余白の分を切り取ったサイズで縮小されて印刷されるため、よくこのようなご報告を頂きます。
印刷結果をPDFの用紙サイズと同じにする場合は「実際のサイズ」を選択して印刷を行ってください。

Adobe Reader 印刷設定

Adobe Reader 印刷設定

以上、ご参考になれば幸いです。


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 15 16 17 Next