カテゴリー別アーカイブ: システム製品

Antenna House Web Interface V5.0 for AH Formatter リリース

2013年10月1日より『Antenna House Web Interface V5.0 for AH Formatter』のリリースを開始いたしました。

『Web Interface V5.0』は、サーバ上の組版ソフト『AH Formatter』をインターネット経由で遠方のクライアントから簡単に使用できる便利なソフトウェアです。サーバ側とクライアント側のパソコンに必要なソフトをインストールするだけで、新規にプログラムを開発することもなく、すぐに運用を開始できます。

『Web Interface V5.0』にて追加された機能
・Windows 64ビット版に対応
・HTTPS プロトコルに対応
・『AH Formatter V6.1』との組み合わせ動作保証

Windows 64ビット版対応など、ご利用範囲が広がりましたので、この機会にぜひ評価版でお試しください。

『Web Interface V5.0』に関する詳しい情報は以下のページをご覧ください。
Antenna House Web Interface V5.0 for AH Formatter

評価版は以下のページよりお申し込みいただけます。
Web Interface V5.0 評価版のお申し込み


「AH PDF Server V3」次期改訂版(3)機能拡張コマンドプログラム

「AH PDF Server V3」次期改訂版について、最終回です。

 「AH PDF Server V3」のフォルダ監視変換では実装しにくい機能を個別のコマンドプログラムとして提供するのが「機能拡張コマンドプログラム」になります。実際には一部のお客様には提供した機能なのですが、次期改訂版からすべてのお客様に提供する事にしました。ただし、対応するのはプロフェッショナル版とコマンド版のみとなります。

 前々回にも少し触れましたが、フォルダ監視変換では設定は基本的に全てのファイルで同じ設定を使う事になります。そのため、例えばセキュリティ解除では同じパスワードなら問題ないですが、ファイルによって異なるパスワードの場合は対応出来ません。そういった機能で要望があったものを「AH PDF Server V3」の本体設定とは別に個別のコマンドプログラムとして対応し、機能拡張として提供します。

 主にWebアプリケーションや他システムから「AH PDF Server V3」のコマンドプログラムを呼び出して利用している(利用を考えている)お客様に対しての機能提供となりますが、提供する拡張機能については少し説明します。

【セキュリティ解除】

 「AH PDF Server V3」で処理するPDFにはセキュリティが掛っていないことが前提になっています。本来、セキュリティを掛けたPDFファイルというものは処理される事を前提にしていないため、このような仕様にしています。

 この考え方は基本的には変わりは無いのですが、それでも組織内に限って言えばセキュリティを外したい場面はあるようです。そのために今回、機能拡張として提供を決めました。セキュリティを解除するにはパスワードを知ってる必要があるので、パスワードが分からないPDFのセキュリティを解除する事は当然出来ません。

【ページ削除】

 PDFファイルの特定のページ、もしくはページの範囲を削除する事が出来ます。これにより、不要なページを省く事が可能です。

【ページ抽出】

 ページ削除とは逆に、必要なページのみを抽出します。指定方法が個別のページや範囲などを組み合わせて指定できるので(例えば「2,4,5-9,23」と指定すると2ページ、4ページ、5ページから9ページ、23ページを抽出する事が出来ます)ページ削除よりも柔軟に使う事が出来ます。

【ファイル添付】

 PDFファイルに任意のファイルを添付する事が出来ます。1ファイルだけならコマンドにパラメータを記述するだけで添付できますし、複数の場合は添付したいファイルのパスを複数記述したテキストファイルを指定する事により複数ファイルを一度に添付できます。

 いずれの機能拡張コマンドプログラムも元ファイルの削除や変更を行う事は無く、新たなPDFファイルを生成します。

 これらのコマンドは次期改訂版がリリースされたら評価版でも確認して頂けます。お役立て頂ければ幸いです。


「AH PDF Server V3」次期改訂版(2)アドイン変換

 「AH PDF Server V3」の次期改訂版で追加される「Word」と「Excel」のアドイン変換について少し触れたいと思います。

 アドイン変換自体は前回も書きましたが「PDF Driver」の機能の1つで、アドインを登録するとMicrosoft Office(Word/Excel/PowerPoint)の各編集画面に「アドイン」メニューが追加されてアンテナハウスのアドインボタン(設定と変換)が表示されます。そこで設定したりPDFに変換したりする事によって通常のPDF変換(印刷によるPDF変換)では出来ない事を可能にしています。

 具体的な設定画面は以下のようになっています。

「Word」の変換設定画面

「Word」の変換設定画面

「Excel」の変換設定画面

「Excel」の変換設定画面

 実際にアドイン登録された状態でMicrosoft Office(Word/Excel)を開き、アドインメニュー内の設定のアイコンをクリックして表示してみると分かると思いますが、ほぼ同じ設定が可能になっています。

 要望として多いものは「Word」の「見出し」などのスタイルをしおりにする事と、「ハイパーリンク」をPDFでも有効にする事です。この2つは割合定期的に要望が寄せられます。また、PDFに変換した時に、オリジナルのファイルと少しレイアウトなどが変わってしまうケースがあるのですが、お客様によってはオリジナルのファイルを添付する事によってそういう事態を回避したいという要望もあります。

 注意点としては従来の変換の設定とアドイン設定は排他設定になっている事です。要するに「従来の設定での変換」か「アドインを使った変換」かのいずれかになります。これに関しては変換方法が異なるため、どうしても両立出来ません。

 いずれにしても「Word」や「Excel」の変換が多いお客様にとっては便利な機能追加だと思います。

PDF Server 製品ページ
●製品お問い合わせ先 システム製品営業
 e-mail:sis@antenna.co.jp
TEL:03-5829-9021


「AH PDF Server V3」次期改訂版について

 「AH PDF Server V3」は現在、改訂版リリースに向けて作業を行っています。リリース時期は8月末から9月にかけてを予定しています。

 今回の改訂版はお客様から要望があった機能を少し追加しました。バージョンアップというほどの大きな機能追加ではありませんが、意外に「あれば嬉しい」機能の追加だと思います。
 そして、今回の機能追加は以下の2点となります。

 ・「Word」「Excel」ファイルのアドイン変換
 ・機能拡張コマンドプログラム

 「Word」と「Excel」のアドイン変換というのは、PDF Driverの機能の1つに「Word」や「Excel」の編集画面上で「アドイン」メニュー内に表示されるアドインボタンを使用してPDFに変換する機能があるのですが、それを「AH PDF Server V3」上から利用して変換するものです。

 この機能を用いると、例えば「Word」なら「見出し」などのスタイルをしおりに変換したり、ハイパーリンクを有効にしたり、目次をリンクに変換したりする事が出来ます。

 機能詳細についてはこちら(http://www.antenna.co.jp/pdv/function04.html)です。

 機能拡張コマンドプログラムと言うのは、特定の機能だけをコマンドラインプログラムにしたものになります。具体的には「PDFのセキュリティ解除」「PDFのページ削除」「PDFのページ追加」「添付ファイルの追加」になります。

 「AH PDF Server V3」のフォルダ監視による変換では定型の設定による変換が出来ますが、これらの機能はなかなか定型の設定では対応出来ない機能であり、ファイルによって設定内容が異なる事が当たり前の機能と言えます。

 ただ、「AH PDF Server V3」のコマンドライン機能を使ってWebアプリケーションや他システムから呼び出すような形でご利用の場合、変換のたびに設定を変更する事が可能なため、「AH PDF Server V3」の機能を拡張するために「コマンドラインプログラム」として提供する事にしました。

 「機能拡張コマンドプログラム」はプロフェッショナル版とコマンド版のみのご提供となりますのでご注意下さい。

 次期改訂版で追加する2つの機能については2回に分けてもう少し説明したいと思います。

PDF Server 製品ページ

製品についてお問い合わせ
e-mail:sis@antenna.co.jp
TEL:03-5829-9021


Server Based ConverterのOpenOffice, LibreOfficeの文書変換を可能にするOOSBC, GSOOSBCについて(2)

昨日の続きです。

 いきなり話が飛びますが、
 OpenOffice, LibreOfficeは、Microsoft Officeの代わりに使える無料でオープンソースの統合オフィスソフトです。
 Excelに相当するCalc, Wordに相当するWrite, PowerPointに相当するPresentationなどが揃っており、Microsoft Officeと同等の機能を有するソフトで、しかも無料です。
 最近では、大規模導入の事例もあり、企業、自治体等での導入が進んでいるソフトです。

Apache OpenOffice : 無料総合オフィスソフトウェア
LibreOffice : 自由なオープンソースのオフィススイート

 OpenOffice, LibreOfficeの導入が進むにつれ、お客様から、Server Based Converterで変換ができないかという、ご相談を受けてきました。
 それを可能にしたのが、OOSBCです。
 OOSBCは、Server Based Converterと、オープンソースのOpenOfficeやLibreOfficeを有機的に組み合わせることにより、OpenOffice, LibreOfficeの文書の変換を可能にします。

 OOSBCでは、OpenOffice, LibreOfficeをサーバとして動かすリッスンモードを使って、OOSBCがOpenOffice, LibreOfficeと通信しながら、OpenOffice, LibreOfficeの文書を変換します。
 OpenOffice, LibreOfficeは、Windows版、Linux版がありますので、OOSBCを使えば、WindowでもLinuxでも、OpenOffice, LibreOfficeの文書を変換できます。

 昨日紹介しましたように、OOSBCの機能に加えて、Linuxでのイメージ出力機能を併せ持つ、GSOOSBCという製品もリリースしました。
 GSOOSBCを使うと、OpenOfficeやLibreOffice文書の変換もできて、それをLinuxでイメージ出力することもできるようになります。

 OOSBC, GSOOSBCの概要は、
サーバベース・コンバーター 機能紹介:GSOOSBC
をご覧ください。

 OOSBCのマニュアルは、
OOSBCマニュアル(PDF)
をご覧ください。

 GSOOSBCのマニュアルは、
GSOOSBCマニュアル(PDF)
をご覧ください。

 OOSBC, GSOOSBCのライセンスと価格については、
http://www.antenna.co.jp/sbc/gsoo_license.html
をご覧ください。

 OOSBCもGSOOSBCも、Server Based Converterの購入・利用を前提とした製品で、単体では機能しませんので、弊社の営業が、個別にお客様とご相談させていただきながら、販売する商品となっております。
 興味をお持ちになられたお客様は、弊社の営業までお問い合わせください。

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6 東日本橋藤和ビル5F
アンテナハウス株式会社
◆ご購入に関するお問い合わせ(祝日を除く月~金曜日9:30~18:00)
TEL : 03-5829-9021
FAX : 03-5829-9023
E-mail: sis@antenna.co.jp
URL : http://www.antenna.co.jp/purchase/system.html

 Server Based Converterは、Microsoft Office, PDFなどのファイルを、PDF, Flash, SVG, 各種画像形式にダイレクトに変換する変換エンジンです。
 ダイレクト変換の意味は、たとえば、Microsoft Officeがない環境でも、ファイルさえあれば、それをダイレクトに内容を見える形式に変換できるのです。ダイレクト変換には、Microsoft Officeのライセンスも不要です。
 Server Based Converterは、ダイレクト変換というユニークさが評価され、多くのウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで利用されています。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
http://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。
 評価版もご用意しております。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

 アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。お気軽にお問い合わせください。
 詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。


Server Based ConverterのLinuxでのイメージ出力を可能にするGSSBC, GSOOSBCについて

 以前のブログ
Server Based Converterを使った、Linuxでのイメージ出力、OpenOffice, LibreOffice対応について
で、予告しておりましたが、Server Based ConverterのLinuxでのイメージ出力を可能にする拡張機能ソフトGSSBC, GSOOSBCをリリースしました。

 クラウドでは、WindowsよりLinuxを使うお客様が多く、Server Based ConverterのLinux版で、PDF出力以外に、イメージ出力ができないかという、ご相談を受けてきました。
 それを可能にしたのが、GSSBCです。
 GSSBCは、Server Based ConverterとフリーソフトウェアのGhostScriptを有機的に組み合わせることにより、Linux上でのイメージ出力を可能にします。

 GSSBCでは、出力プリンタ名に、GhostScriptの出力デバイス名を指定すると、イメージ出力にGhostScriptを使い、イメージを出力します。
 たとえば、-p jpegとすると、GhostScriptを使ってJPEGで出力をします。-p png16mとすると、GhostScriptを使って、PNGで出力をします。
 なお、元々イメージ出力が可能なWindows版では、Server Based Converterのプリンタ名もそのまま使えます。
 たとえば、-p @JPEGとすると、Server Based Converterを使って、JPEGで出力します。
 さらにいえば、Windows版のGhostScriptを使って、上記のようにGhostScriptの出力デバイス名を指定すれば、WindowsでもGhostScriptによるイメージ出力が可能です。

 GSSBCの機能に加えて、OpenOfficeやLibreOfficeで作成した文書の変換機能を併せ持つ、GSOOSBCという製品もリリースしました。
 OpenOfficeやLibreOffice文書の変換については、明日、詳しく書きますが、GSOOSBCを使うと、OpenOfficeやLibreOffice文書の変換もできて、それをLinuxでイメージ出力することもできるようになります。

 GSSBC, GSOOSBCの概要は、
サーバベース・コンバーター 機能紹介:GSOOSBC
をご覧ください。

 GSSBCのマニュアルは、
GSSBCマニュアル(PDF)
をご覧ください。

 GSOOSBCのマニュアルは、
GSOOSBCマニュアル(PDF)
をご覧ください。

 GSSBC, GSOOSBCのライセンスと価格については、
http://www.antenna.co.jp/sbc/gsoo_license.html
をご覧ください。

 GSSBCもGSOOSBCも、Server Based Converterの購入・利用を前提とした製品で、単体では機能しませんので、弊社の営業が、個別にお客様とご相談させていただきながら、販売する商品となっております。
 興味をお持ちになられたお客様は、弊社の営業までお問い合わせください。

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-1-6 東日本橋藤和ビル5F
アンテナハウス株式会社
◆ご購入に関するお問い合わせ(祝日を除く月~金曜日9:30~18:00)
TEL : 03-5829-9021
FAX : 03-5829-9023
E-mail: sis@antenna.co.jp
URL : http://www.antenna.co.jp/purchase/system.html

 Server Based Converterは、Microsoft Office, PDFなどのファイルを、PDF, Flash, SVG, 各種画像形式にダイレクトに変換する変換エンジンです。
 ダイレクト変換の意味は、たとえば、Microsoft Officeがない環境でも、ファイルさえあれば、それをダイレクトに内容を見える形式に変換できるのです。ダイレクト変換には、Microsoft Officeのライセンスも不要です。
 Server Based Converterは、ダイレクト変換というユニークさが評価され、多くのウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで利用されています。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
http://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。
 評価版もご用意しております。
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

 アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。お気軽にお問い合わせください。
 詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。


TextPorter V5.3 改訂第1版(MR1)ほか、改訂版を続々リリース

 TextPorterをお使いのお客様で、弊社と保守契約を結んでいらっしゃるお客様には、バグ修正を行ったメンテナンスリリース(MR)を配布しております。
 TextPorter V5.3 改訂第1版(MR1)ほか、各バージョンの改訂版を、これから8月にかけて続々リリースしていきます。

・V5.3 改訂第1版(MR1)
 改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx53.html#mr1
に、掲載する予定です。
 改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえる予定です。
・V5.2 改訂第5版(MR5)
 改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx52.html#mr5
に、掲載する予定です。
 改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえる予定です。
・V5.1 改訂第8版(MR8)
 改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx51.html#mr8
に、掲載する予定です。
 改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえる予定です。
・V5.0 改訂第10版(MR10)
 改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx50.html#mr10
に、掲載する予定です。
 改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえる予定です。
・V4.2 改訂第15版(MR15)
 改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/axx/axx42.html#mr15
に、掲載する予定です。
 改訂版のダウンロードも、上記ページから行なえる予定です。

 TextPorterは、サーバ組込用のテキスト抽出エンジンです。Microsoft Office, PDFなど様々なアプリケーションのファイルから文字列を抜き出します。
 TextPorterは、対応ファイルの多さなどが評価され、ウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで、検索エンジン、ウイルス対策ソフト、企業機密の漏洩を防ぐソフトなどに利用されています。

 TextPorterについての詳しい情報は、
TextPorter
をご覧ください。
 評価版もご用意しております。
TextPorter 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

 アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。お気軽にお問い合わせください。
 詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。


Server Based Converter V5.0 改訂第1版(MR1)ほか、改訂版を続々リリース

 Server Based Converterをお使いのお客様で、弊社と保守契約を結んでいらっしゃるお客様には、バグ修正を行ったメンテナンスリリース(MR)を配布しております。
 現在、Server Based ConverterのV5.0 改訂1版(MR1)ほか、各バージョンの改訂版を続々リリースしています。
 該当するバージョンをお持ちの方は、ダウンロードして、お試しください。

・V5.0 改訂第1版(MR1)
 改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/sbc/sbc50.html#v50mr1
を、ご覧ください。
 ダウンロードは、
http://www.antenna.co.jp/sbc/user_V50mrdl_in.html
から、行なってください。
・V4.0 改訂第4版(MR4)
 改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/sbc/sbc40.html#v40mr4
を、ご覧ください。
 ダウンロードは、
http://www.antenna.co.jp/sbc/user_V40mrdl_in.html
から、行なってください。
・V3.1 改訂第5版(MR5)
 改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/sbc/sbc31.html#v31mr5
を、ご覧ください。
 ダウンロードは、
http://www.antenna.co.jp/sbc/user_V31mrdl_in.html
から、行なってください。
・V3.0 改訂第10版(MR10)
 改訂内容は、
http://www.antenna.co.jp/support/update-sys/sbc/sbc30.html#v30mr10
を、ご覧ください。
 ダウンロードは、
http://www.antenna.co.jp/sbc/user_V30mrdl_in.html
から、行なってください。

 Server Based Converterは、Microsoft Office, PDFなどのファイルを、PDF, Flash, SVG, 各種画像形式にダイレクトに変換する変換エンジンです。
 ダイレクト変換の意味は、たとえば、Microsoft Officeがない環境でも、ファイルさえあれば、それをダイレクトに内容を見える形式に変換できるのです。ダイレクト変換には、Microsoft Officeのライセンスも不要です。
 Server Based Converterは、ダイレクト変換というユニークさが評価され、多くのウェブサービス、パブリッククラウド、プライベートクラウドなどで利用されています。

 Server Based Converterに関する詳しい情報は、
http://www.antenna.co.jp/sbc/
を、ぜひ、ご覧ください。
 評価版もご用意しております。
http://www.antenna.co.jp/sbc/trial.html
サーバベース・コンバーター 評価版のお申し込み
から、お申し込みください。

 アンテナハウスのシステム製品につきましては、事前に技術相談会を行っております。お気軽にお問い合わせください。
 詳しくは、
アンテナハウス システム製品技術相談会
をご覧の上、お申し込みください。


知っておきたい便利なコワザ機能 -その2-

『書けまっせPDF』の知っておくと便利な機能を4回に分けて紹介していますが、今回、第2回目は「オブジェクト一覧」ペインを紹介します。

ページが複数あるPDFを編集する場合、各ページにテキストボックスや画像など様々なオブジェクトを挿入することになります。
しかし、編集途中で挿入したオブジェクトを修正したり、削除する場合、
オブジェクトを挿入したページまでスクロールして戻らなければならず、
大量のページがあるファイルなどでは若干面倒に感じます。

そんな時は「オブジェクト一覧」ペインが便利です。
「表示」メニューから「オブジェクト一覧ペイン」を選択すると
画面下部にオブジェクト一覧ペインが表示されます。

表示メニューから選択

表示メニューから選択

挿入したオブジェクトがページ毎に分かれて表示されます。
修正したいページの該当するオブジェクトをクリックするだけで
そのページに移動してオブジェクトが選択されますので、
すぐに修正や削除といった作業を行うことができます。

オブジェクト一覧ペイン

オブジェクト一覧ペイン

また、作成日付を指定してオブジェクトの検索を行ったり、
テキストボックスだけ、楕円だけといった
オブジェクトの属性を指定しての検索も可能です。

是非一度お試しください。


パスワード付きファイルへの対応 -サーバベース・コンバータ-

サーバベース・コンバータ V4.0より対応して来ました「パスワード付きファイル」への対応に関して、最新版となりますサーバベース・コンバータ V5.0では、Microsoft Office 97-2000(Word/Excel/Powerpoint)のバイナリファイル(拡張子:.doc/.xls/.ppt)へも対応することが出来ました。

これにより、お客様がご使用されている環境ににある大多数のファイルをサーバベース・コンバータが処理できることとなり、組み込まれている様々なシステム、サービス、及びパッケージ製品の付加価値をより一層引き上げることができたと考えております。

その他、サーバベース・コンバータ V5.0より、別製品としてではありますが「Linux上での画像変換」や「OpenOfficeファイルへの対応」もおこなっております。

ぜひ一度、評価版にてお試しいただき、その機能を実感してください。

評価お申込み


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next