Android 向け pdfview の動作環境 ~その1~

Android 対応 PDF 描画ライブラリー pdfview は1.0.1版になり、対応する動作環境が増えています。今回はこのお話をしたいと思います。

pdfview はネイティブコードとして開発されています(以前の記事 その1その2 を参照ください)。1.0.1 版では対応するCPU アーキテクチャに x86 が追加され、

  • armeabi-v7a
  • x86

と互換性のある機器で動作するようになりました。
これで、クアルコムのSnapdragon、NVIDIAのTegra、テキサス・インスツルメンツのOMAP、サムスン電子のExynos などこれまでの ARM アーキテクチャに加えて、Intel の Atom も加わり、かなりの範囲の Android 端末がカバーされるのではないかと思います。

さて、対応するアーキテクチャが複数になりましたが、アプリケーションの配布はどうすれば良いでしょうか。それぞれのアーキテクチャ対応したバイナリを配布する必要があります。
実は、アーキテクチャ毎のバイナリを1つの apk ファイルにまとめて配布すれば良いです。実行時にAndroid プラットフォームが対応するネイティブコードのバイナリを自動的に選択してくれるのです。
ただし、apk ファイルサイズが増えますし、サイズには上限があるので、これを超えると個別に配布する場合もあるようです。しかし、通常は1つにまとめる方が管理上も簡単ですし、推奨の方法とされています。付属するサンプル PDF ビューアーはこのように構成されていますので、参考にしてください。

☆すぐにお試し可能な評価版もございます。

詳しくは下記アンテナハウスのホームページをご確認ください。
http://www.antenna.co.jp/ahpdfview/

【お問合せ先】
アンテナハウス株式会社
OEM営業グループ
e-mail:oem@antenna.co.jp
tel:03-5829-9021